間欠泉

間欠泉

間欠泉は定期的に水蒸気と熱湯を噴出する温泉です。

地理

キーワード

間欠泉, サーマル, 噴出, マグマだまり, 噴出水, 間欠泉のコーン, 導管, 火山活動, 火山, 火山活動 を従う活動, 自然, 地理

関連のエクストラ

シーン

間欠泉

間欠泉

後火山作用; 水の断続的な排出が特徴です。が地下の空洞(とそれと繋がっている割れ目)に溜まり、マグマだまりの熱に加熱されます。その後、噴水のように噴出します。

断面図

  • 岩層の割れ目
  • 給水所
  • マグマ溜り
  • 間欠泉のコーン

噴出

  • 岩層の割れ目
  • 空洞
  • マグマ溜まり
  • 噴出水
  • 間欠泉のコーン

ナレーション

が岩石の割れ目を通じて地下の空洞に染み込み、地面と繋がっているに溜まります。水がマグマだまりの熱に加熱され、熱い蒸気として噴出します。この蒸気が空気で凝結し、地面と間欠泉の管に落ちます。水が空洞に染み込み、過程が新しく始まります。

噴出は定期的に行うことです。間欠泉の一部は数分に一回、あるいは毎日噴出しますが、一か月一回噴出する間欠泉もあります。管の出口に、鉱床の小さな円錐形が形成されます。

関連のエクストラ

地熱発電所

地熱発電所は地殻の深い層にある高温で、高圧の水のエネルギーを電気に変換します。

褶曲(標準)

側面の圧力の影響で地層は褶曲します。このようにして、褶曲山脈が形成されます。

水循環(基礎)

地球上の水は常に変更しています。水循環には蒸発、沈殿、融解と凍結などの過程が含まれています。

ドライヤーはどのように動作しますか。 

アニメーションはドライヤーの構造と動作を紹介します。

火山活動

このアニメーションは火山噴火の様々なタイプを紹介します。

地震

地震は地球の最も破壊力がある自然現象の一つです。

風車

風力を利用している風車は中世から様々な目的で使われていました。

バイオガス発電所

バイオガスは有機物質(肥料、植物性廃棄物、有機質廃棄物)からバクテリアで発生されます。バイオガスはメタンと二酸化炭素の混合物で...

地下の水層

地下の水層の種類は地下水、帯水層、被圧地下水です。

氷河 (標準)

氷河は雪や氷で構成されて、常に流動している巨大な氷の塊です。

氷河期

最後の氷河時代は1万3千年前に終わりました。

水力発電所 (フーバーダム、米国)

この巨大なダムはコロラド川に建築され、昔のアメリカの大統領に名付けられました。

太陽熱発電所

太陽熱発電所は太陽のエネルギーを熱源として利用して、発電します。

成層火山の形成

成層火山とは火山灰、岩れき、溶岩が積み重なり形成された火山です。

ホットスポット

ホットスポットは地殻の領域であり、そこでマグマは表面に上昇し、火山活動を引き起こします。

理想気体のPVT状態方程式

理想気体の気圧、体積と温度の関係は状態方程式に記されています。

カルスト地形 (標準)

カルスト地形の中にドリーネや水滴石が含まれています。

Added to your cart.