バビロン (紀元前6世紀)

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

歴史

キーワード

バビロン, バベル, メソポタミア, マーダック, コルデヴァイ, バビロンの空中庭園, イシュタル門, ユーフラテス川, 世界の驚異, イラク, 教会, テンプル地区, アッシリア人, 要塞, ペルシア帝国, アレクサンドロス3世, 都市国家, 建物, 建造物, 門, 帝国, 守備の壁, 粘土れんが, 宮殿, ロイヤル, レジデンス, _javasolt

関連のエクストラ

質問

  • バビロンはどの川に沿岸に位置しますか。
  • 旧バビロニア王国の成立者は誰でしたか。
  • バビロンの守護神は誰でしたか。
  • ハムラビがいつ統治しましたか。
  • バビロンの城壁の全長はどのくらいですか。
  • イシュタル門の高さはどのくらいですか。
  • バビロンの城壁がどの動物で飾られていませんか。
  • ヘロドトスによると、バビロンの城壁がいくつの塔をそなえていましたか。
  • 城壁は何色の煉瓦で覆われていましたか。
  • バビロンの建造物の中で、何個が七奇跡の中で乗せられたか。
  • 古代バビロンはどの現在の国の領域で位置しましたか。
  • イシュタル門のドアは何でできましたか。
  • ジッグラトも位置した、壁で囲まれた地区は何と呼ばれていましたか。
  • どの建造物がバビロンにありませんでしたか。
  • バビロンの城壁が何奇跡のリストに載せられたのは本当ですか。
  • イシュタル門の建築がどの統治者の時代に完成させましたか。
  • バビロンの寺院地区にどの建造物が建てられたか。
  • イシュタル門がいつ完成されましたか。
  • 空中庭園の性格の場所がまだ明らかにされていないのは本当ですか。
  • バビロンの最も大きくて飾られた門がどの女神に捧げられたか。
  • ネブカドネザル2世はどの帝国の統治者でしたか。
  • バビロンはどこで位置しましたか。
  • アッカド語の「Báb-ili」はどんな意味ですか。
  • バビロンはどのアッシリアの王によって破壊されましたか。
  • イシュタル門にどの道路が通りましたか。
  • イシュタル門の復元がどこで見物できますか。
  • メソポタミアの特徴的な神殿が何と呼ばれていますか。
  • バビロンのジッグラトは聖書にどの名前で登場しますか。
  • バビロンのジッグラトはどの神に捧げられたか。
  • バビロンの寺院地区はどの神に捧げられたか。
  • イシュタルは何の女神ではなかったか。

シーン

バビロン

古代都市バビロンメソポタミアユーフラテス川のほとりに位置しました。この辺りに先史の都市が紀元前4千年前すでに存在した可能性があります。
初めての記録は紀元前24世紀に登場し、マルドゥクの主な礼拝所として述べられています。
都市の名前はアッカド語でBāb-iliは「神の門」を意味する仮説もあります。ヘブライ語の聖書にはバベルとして登場します。

バビロンの遺跡は現在イラクで、ヒラーの近くに位置します。

最初の発掘は19世紀に行ったが、より詳しい考古学的な発掘はドイツの考古学者ロベルト・コルデウェイによって20世紀の始まりごろ行っていました。現在、多くの遺跡が掘削されて、建物の一部が復元されました。

イシュタル門

バビロンは二重壁で囲まれていました。外の壁は多数のが備えてあり、最も大きくて装飾されたのはイシュタル門でした。行進道路はイシュタル門を通じて寺院地区の方に続いていました。

門がイシュタルに捧げられました。イシュタルは動物、植物、恋愛、生殖、母性の女神でしたが、争いと戦争の女神でもあった。

伝説的な門の建築はネブカドネザル2世の統治下で完成されました。約14メートルの高さがあった門は特有な青い釉薬瓦で覆われていました。門はアッカド伝承の霊獣であるムシュフシュ浅浮き彫りで飾られた。ドアはスギ材でできました。

元々のイシュタル門が現存していないが、復元された門がベルリンのペルガモン博物館で見物できます。

宮殿

外側の塁壁以内に、都市の北部に宮殿がありました。
史料によると、イシュタル門に似ているように、ネブカドネザル2世の統治下で建築させました。ネブカドネザル2世は新バビロニア帝国の最も知られている王です。

空中庭園

バビロンの空中庭園は古代世界の七不思議の一つでした。

古代ギリシャの史料によると、「セミラミスの空中庭園」は伝説的なアッシリアの女王セミラミスの命令によって建設されました。実際は紀元前600年ごろ、ネブカドネザル2世に建設されたらしいです。

史料によると、王はメディア出身の王妃アミュティスのために作らせた。アミュティスの国は緑と山が多くて、バビロンは砂漠の国でしたので、女王は里心がつきました。王がアミュティスを喜ばせるために人工的な山に庭園を建設するように命令しました。

史料によると、空中庭園階段状のテラスに土を盛り、水を上まで汲み上げて下に流した構造をもっていました。遠くから見ると、あたかも空中に吊り下げられているように見えたから、空中庭園と呼ばれていました。元の場所はまだ明らかにされていません。

ジッグラト

  • 階段
  • 寺院地区の壁
  • マルドゥクの神殿
  • 殿堂
  • 焼成粘土製瓦

行列道路はイシュタル門を通じて寺院地区に続きました。古代ジッグラトの中で、最も有名なのはマルドゥクに祭られたジッグラトでした。
マルドゥクは古代バビロンの主神であり、ジッグラトの上に彼に祭った神殿がありました。

ジッグラトはエテメンアンキ「天と地の基礎となる建物」と呼ばれていて、紀元前2千年ごろ建築されました。
紀元前7世紀で、アッシリア人の攻撃により破壊されたが、紀元前7・6世紀ごろ再建されました。
史料によると、この時の高さは91メートル7層建てでした。聖書に登場するバベルの塔はこのジッグラトだったではないかと推定されています。

数百年後、都市が衰退し始めたとき、ジッグラトの粘土製煉瓦が他の建物を作るために使用された。
20世紀の発掘で基礎のみ発見されました。

住居地域

  • 艦橋
  • 行列道路
  • 空中庭園
  • イシュタル門
  • 宮殿
  • 要塞
  • ユーフラテス川
  • ジッグラト
  • 寺院地区
  • 住居地域
  • 城壁

新バビロニア王国の全盛期の時、人口が数十万人だった可能性もあります。

都市の構造は単純で、長い通りで長方形の地区に分けられていました。
バビロンの住民は中心から離れている、外側の地区に建てられた住宅に住んでいました。

バビロンの城壁

  • 城壁
  • 雄牛
  • ライオン
  • イシュタル門
  • 行列道路
  • 青い釉薬瓦
  • ムシュフシュ - アッカド伝承に登場する霊獣であり、マルドゥクに随獣になっています。毒エビ、ライオン、ワシとサソリの混成物です。

バビロンは巨大で、堅い壁で囲まれていました。粘土煉瓦で構成された外側の壁は長さ約18km、高さは約18mでした。

古代ギリシャのヘロドトスによると、壁の上に4頭の並行する馬に引かせた車はU字形の回転ができたらしいです。
発掘によると、イシュタル門の所に、壁に厚さは約4メートルでした。

ヘロドトスによると、壁の上に、数百本の塔が並び、都市に特徴的な外観を与えました。
この巨大な壁で古代ギリシャの歴史家も感動し、古代世界の七不思議の一つでした。

散歩

アニメーション

ナレーション

ユーフラテス川の沿岸に建設されたバビロンは古代メソポタミアの歴史で重要な役割を果たしていました。バビロンの設立の日付がまだ明らかにされていません。元々比較的に小さなアッカド・アムールの都市だったが、どんどん重要さが上がりました。

紀元前18世紀ごろ、ハムラビの統治下にバビロニア帝国の首都になりました。
アッシリア時代の時、重要さが下がったが、ネブカドネザル2世によって再建されました。
繁栄する都市は紀元前6世紀新バビロニア帝国の中心になりました。

この時代で、バビロンは18kmの長さの二重壁で囲まれていました。
壁は18メートルの高さで、粘土煉瓦で構成されました。この巨大な壁で古代ギリシャの歴史家も感動し、古代世界の七不思議のリストに載せられた。

イシュタル門を通る行列道路要塞と宮殿の隣にも通ります。伝説的な空中庭園は」おそらく行列道路の近くにあったが、正確な場所がまだ明らかにされていません。
行列道路は壁で囲まれた都市の宗教的な中心である寺院地区の隣に続きました。ジッグラトはバビロン守護神であるマルドゥクに捧げられた。

都市の構造は単純でした。細長くて、真直ぐな道路は都市を長方形な地区に分けられた。
都市の新しい部分である住居地域に、数十万人も住んでいました。

紀元前6世紀の後半に、都市がペルシア人に支配されていたが、中心的な役割が残りました。重要さはペルシア帝国を破壊したアレクサンドロスの統治下にも下がりませんでした。アレクサンドロス大王は帝国の中心にするつもりがあったらしい。アレクサンドロス大王の早い死のせいで、バビロンが衰退し始め、どんどん無人に取り残されました。

関連のエクストラ

古代世界の七不思議

現在、古代世界の七不思議の中で、唯一、ギザの大ピラミッドが完璧に現存しています。

ジッグラト (ウル、紀元前3千年紀)

ジッグラトは古代メソポタミアにおいて宗教的な役割を果たしていた数階層に組み上げて建てられた聖塔でした。

ウル (紀元前3千年紀)

ユーフラテス川の近くに位置したウル市はシュメール人の重要な中心でした。

ハンムラビ法典

メソポタミア文明の象徴であるハンムラビ法典は282個の法律が刻まれた玄武岩石柱です。

古代エジプトの住宅

古代エジプトで、一般的な住宅にはきちんと分けられた部屋が複数ありました。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

メソポタミアの発明品 (紀元前3千年紀)

古代メソポタミアに開発された単純な装置は現在も使われています。

オリンピア (紀元前5世紀)

紀元前776年から4年に一度開催されたオリンピックに有名なオリンピアは古代ギリシャの中心の一つになりました。

紫禁城 (北京、17世紀)

紫禁城は明清帝国の最も素晴らしくて神秘的な建造物の一つです。

アクロポリス (アテネ紀元前5世紀)

世界の一番有名な城塞の一つであるアテネのアクロポリスは紀元前5世紀のペリクレス時代に建設されました。

古代のナイル河谷沿いの農業

ナイル川のおかげで古代エジプト文明が発展したので、古代エジプトはナイル川の賜物と言われていました。

新石器時代の集落

新石器時代の革命的な前進の結果、定住したきた人間の地域集合体が初めて永続的な集落を確立しました。

万里の長城

万里の長城は敵であった北の遊牧民族からの守護のために構築された長城でした。

ジョセル王のピラミッド (サッカラ、紀元前27世紀)

紀元前27世紀に、エジプトで初めて段階ピラミッドが建築されました。

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

ニズワ・フォート(オマーン、17世紀)

アラビア半島の一番大きな要塞の丸い塔は興味深い防衛システムを持っていました。

ペルシアの統治者 (紀元前5世紀)

古代ペルシアの統治者は帝国の大きさと豊富な宝に有名になりました。

南大門 (ソウル、韓国、14世紀)

大韓民国の第1国宝に指定されている南大門はソウルの中世城壁の最も巨大な門の一つです。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

ペルシアの戦士 (紀元前5世紀)

古代ペルシア軍の戦士は上手な弓の射手でした。

ミケーネ (紀元前2千年紀)

ミケーネは豊富な文明があり、世界初に要塞を建築された集落でした。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

Added to your cart.