アクロポリス (アテネ紀元前5世紀)

アクロポリス (アテネ紀元前5世紀)

世界の一番有名な城塞の一つであるアテネのアクロポリスは紀元前5世紀のペリクレス時代に建設されました。

歴史

キーワード

アクロポリス, 要塞, ペイディアス, ペリクレス, ヘラス, 世界遺産, パラス・アテナ, パルテノン, 建物, 都市国家, ゼウス, ギリシャ人, ギリシャ語, ギリシャ, アテネ, イクティナス, カリケート, 建造物, ポリス, 神々, ドリス方言, ティンパヌム, 台座, ポルチコ, イオニア式, 宗教, カリアティード, 聖域, カリアチーズ, 平和の時代, 教会, コラム, ペディメントの詳細, 古代, 歴史, 防衛

関連のエクストラ

質問

  • ギリシャの都市国家のどこに城塞が建設されましたか。
  • 都市国家の同義語はなんですか。
  • アクロポリスの機能はなん\nでしたか。
  • アクロポリスの機能はなん\nでしたか。
  • アテネの城塞はいつ建設されましたか。
  • アテネの城塞の宗教的な部分の主任設計者は誰でしたか。
  • ギリシャのアルファベットの最初の文字は何ですか。
  • ギリシャのアルファベットの最後の文字は何ですか。
  • アテネの守護の女神は誰ですか。
  • ギリシャ神話によるとパラス・アテナはどのように生まれましたか。
  • ギリシャ神話によると化学と工業の女神は誰ですか。
  • ギリシャ神話の最高神は誰ですか。
  • アテネのアクロポリスの門の建物の名前は何ですか。
  • 門の建物の隣にある神殿はどの女神を崇拝するために建設されましたか。
  • アテナ・ニケの神殿はどの式で建てられましたか。
  • アテネのアクロポリスにある最も大きい神殿の名前は何ですか。
  • 建築上の支えになっている女性の彫像の柱は何と呼ばれていますか。
  • カリアティードはアテネのアクロポリスにあるどの建物ですか。
  • 青銅の倉庫はアテネのアクロポリスにあるどの建物ですか。
  • アテネの政治家ではないのは誰ですか。
  • タイラントの意味は何ですか?
  • アテネの最後のタイラントはいつ追放されましたか。
  • アテネのデモクラシーでは誰またはどんな組織がもっとも権力を持っていましたか。
  • アテネのデモクラシーでは役人はどの期間働きましたか。

シーン

アクロポリス

  • パルテノン - アクロポリスの中心的建物であり、古代世界でもっとも大きく、ドリス様式の神殿。
  • エレクテイオン - このイオニア様式の神殿の特徴は女性の彫像の柱(カリアティード)です。
  • カルコテーケ - パラス・アテナに捧げる儀式の贈り物の保管のために作られた広間。(青銅の倉庫)
  • アテナの像 - 都市を守り、都市の名前にもなった、科学と知恵の女神。
  • ブラウロネイオン - 狩猟と純潔の女神を崇拝するために建設された聖堂。
  • プロピュライア - 古代ギリシャの門の建物。アクロポリスには二つの広間と五つの廊下が含まれています。
  • アテナ・ニケ神殿 - イオーニア様式の神殿はアテナの崇拝するために建設されました。
  • アテネ - 古代ギリシャの最も重要な都市国家の一つの中心です。アテナという女神にちなんで名づけられました。
  • エーゲ海 - 地中海の細長い湾です。表面積は約214000km2です。
  • ピレウス県 - エーゲ海の海岸に位置する都市です。古代アテネの港であり、都市の南西にありました。
  • - 古代アテネは壁で縁取られた道でピレウスに結ばれていました。商品の多くは港からこの道を通じて都市に運送されました。

アテネの城塞

アクロポリス(城塞)は古代ギリシア宗教的な役割を果たした代表的な建物でした。一般的に都市の中心にある高原に建築されました。
一番有名な例は150メートルの高さがある平らであり、灰青色の石灰岩に建築されたアテネのアクロポリスです。紀元前5世紀のアテネ民主国家の最盛期に、ペリクレスは古代ギリシャの一番有名な芸術家であるペイディアスに企画の制作を命令しました。建物はイクティノスによって建築されました。高原の岩に多くの見事な建物が建築されました。
ギリシャ考古学会は19世紀の後半に、アクロポリスで大規模な発掘を行いましたが、修復はいまだに終わっていません。アクロポリスは1987年に、ユネスコ世界遺産として登録されました。

ペイディアスの半身像

プロピュライア

門となる建物

ギリシャ語のプロピュレイアは古代ギリシャの「門となる建物」を意味します。
アテネのアクロポリスの門は紀元前437年-432年に、ムニシクレスのデザイン通りに建築されました。(元々の計画は様々な理由で、完全に再現することはできませんでした。)
門はドリス様式の柱のホールに囲まれた五つ廊下で構成されていました。本来両側に建築される予定であった建物は、北側の一つのみが完成しました。門に続く巨大な階段はローマ時代に造られました。
プロピュレイアの五つの門二つホールがなくなり、現在は板張りの天井外側の柱だけが残っています。

現在のプロピュレイア

パルテノン

純潔の女神の神殿

パルテノンはアクロポリスの最も印象的で、中心的な建物でした。古代世界で一番大きな神殿は、紀元前447年から432年の間に、イクティノスカリカテスによってペイディアスのデザイン通りに建築されました。名前は都市を見守っている女神(ギリシャ語:parthenosの意味は純潔)から付けられました。
神殿はドリス様式で建築されました。階段を含んでいる下部構造(全部で46本)とを支えます。柱に支持されているの上に、両切妻屋根と二つの三角形であるレリーフで飾られたファサードが建築されました。
神殿の中心の部屋は壁で二つに分けられました。大きな部屋にはアテナ11-12メートル大理石の像が入っていて、小さな部屋は宝庫として使われました。

現在のパルテノン

エレクテイオン

カリアティードの建物

アクロポリスの高原には二つの代表的な神殿があります:パルテノンエレクテイオンです。エレクテイオンはイオニア様式で建築されました。
特徴は六本女性の彫像の柱に支えられているベランダのようなホールです。
カリアディードは柱として使われている女性の彫像です。(男性の彫像の柱はアトラスと呼ばれています)。カリアティードは古代ギリシャの芸術のみではなく、後の様式にも使われていました。エレクテイオンは他の古代のカリアティードの中でも、最も傑出した例です。

カリアティード

アテナの像

守護女神

ゼウスとメティスの子供であるパラス・アテナ都市の守護者になりました。
古代ギリシャ人は知恵正義芸術の女神として崇拝しました。(ヘファイストスが撞木でゼウスの頭を叩き割ると、ゼウスの一番好きな子であるアテネが誕生しました。)
アテナが多くの都市守護しました。一つのアッティカの都市のためにポセイドンと戦いました。アテナが勝利して、この都市には女神の名前が付けられました
アクロポリスの最も重要な建物は守護者である女神(アテナ・ポリアス)を崇拝するために建築されました。ペイディアスはアテナに他にも作品を作っていました。アクロポリスの広場で巨大な銅像を作りました。この銅像は晴れているとき、遠くからもよく見えました。

都市の守護者であるパラス・アテナ

アニメーション

  • パルテノン - アクロポリスの中心的建物であり、古代世界でもっとも大きく、ドリス様式の神殿。
  • エレクテイオン - このイオニア様式の神殿の特徴は女性の彫像の柱(カリアティード)です。
  • カルコテーケ - パラス・アテナに捧げる儀式の贈り物の保管のために作られた広間。(青銅の倉庫)
  • アテナの像 - 都市を守り、都市の名前にもなった、科学と知恵の女神。
  • ブラウロネイオン - 狩猟と純潔の女神を崇拝するために建設された聖堂。
  • プロピュライア - 古代ギリシャの門の建物。アクロポリスには二つの広間と五つの廊下が含まれています。
  • アテナ・ニケ神殿 - イオーニア様式の神殿はアテナの崇拝するために建設されました。
  • パラス・アテナの像 - 12メートルの高さの像はペイディアスによってデザインされました。象牙は女神の色白さを表すために使われました。
  • ヘルメット - スフィンクスと翼がある馬で飾られたヘルメットをかぶっています。
  • 勝利の女神 - ギリシャの勝利の女神であるニケの像を右手に持っています。
  • ドリス式円柱 - セラ(神像安置所)の内側には10本のドリス式円柱がより長い側壁に沿ってあり、5本は後壁に沿ってあります。
  • - ギリシャ人とアマゾン族の戦いの場面が飾られている。
  • セラ(神像安置所) - 壁で囲まれたギリシャとローマの神殿の内部の部屋。宗教的な像があります。

散歩

タイムトラベル

パルテノン(断面模型図)

  • ペディメント
  • コーニス
  • ティンパヌム - 半円形または三角形のペディメント内にある場所であり、底面に沿った水平なコーニスと側面に沿った傾斜のあるコーニスによって区切られています。
  • ペデスタル
  • 31m
  • オピストドモス - 後部のポーチコ。
  • 70m
  • パルテノン神殿 - 元々セラ(神像安置所)とつながりがない神殿にある部屋のことを意味しました。
  • 外側のポーチコ
  • ドリス式円柱 - 前後に8本、側面に沿って17本の円柱があります。
  • メトープ - ドリス様式の門にある2つのトリグリフの間の四角いスペースを埋める長方形であり建築上の構成部分です。
  • アクロテリオン - 建築装飾。
  • パルテノン - パラス・アテナに捧げられた、アテネのアクロポリスにある最大の神殿。イクティノスとカリカテスによってペイディアスのデザイン通りに建築されました。建築は10年間かかり、紀元前438年に完了しました。
  • 屋根構造
  • セラ(神像安置所) - 壁で囲まれたギリシャとローマの神殿の内部の部屋。宗教的な像があります。
  • イオニア式円柱 - パルテノン神殿は4本のイオニア式円柱で装飾されていました。建物の内装を装飾するために、初めてドリス式とイオニア式の要素が混合されました。
  • 西のペディメントの詳細 - アッティカの土地のためのパラス・アテナとポセイドンの戦いを描写しています。

パラス・アテナ

  • パラス・アテナの像 - 12メートルの高さの像はペイディアスによってデザインされました。象牙は女神の色白さを表すために使われました。
  • ヘルメット - スフィンクスと翼がある馬で飾られたヘルメットをかぶっています。
  • 勝利の女神 - ギリシャの勝利の女神であるニケの像を右手に持っています。
  • ドリス式円柱 - セラ(神像安置所)の内側には10本のドリス式円柱がより長い側壁に沿ってあり、5本は後壁に沿ってあります。
  • - ギリシャ人とアマゾン族の戦いの場面が飾られている。
  • セラ(神像安置所) - 壁で囲まれたギリシャとローマの神殿の内部の部屋。宗教的な像があります。

アテネ

  • 農業地域
  • 都市の門
  • 都市の城壁
  • アクロポリス - 容易に保護できる高い丘に建設された城塞です。古代ギリシャの都市国家の宗教的な中心でした。
  • アレスの丘 - アレオパゴスとも呼ばれています。アクロポリスの北西に位置する丘であり、アレオパゴス会議の集合所でした。
  • アゴラ - 市場と神聖な場所でもありました。古代ギリシャの都市の主な商業的、政治的と宗教的な中心でした。
  • 住宅

ナレーション

古代ギリシャ都市国家にあるアクロポリスが大切な役割を果たしていました。
城塞ポリスの中心にあり、よく守られてる場所に建築されました。保護機能以外に、宗教生活の中心でもありました。
アテネの城塞はアクロポリスの中でも特に重要でした。大きさと建築的なデザインだけではなくて、歴史的な大切さも他のアクロポリスより大きかったです。
アッティカの高原にあり、石灰岩にあるアクロポリスは紀元前五世紀のペリクレス時代に建築されました。宗教的な像の主なデザイナーは当時の有名なギリシャ人であるペイディアスでした。

宗教的な場所へプロピュライアという複雑な門を通って入ることができました。この巨大な大理石の門はムニシクレスにデザインされました。

ローマ時代にこの隣に造られた階段の傍にイオニア様式アテナ・ニケ神殿がありました。

高原にある建物は都市の保護者であるパラス・アテナのために建築されました。城塞の中心的な場所にはアテナの見事な銅像があって、大好きな都市をそこから見守りました。

女神に捧げる儀式の贈り物の保管のために、カルコテーケという広間(青銅の倉庫)が作られました。

アテネのアクロポリスの建物の中で、古代世界で一番大きくて、有名な神殿であるパルテノンが大切な役割を果たしてました。
ドリス様式のデザインとイオニア様式が混ざった建物はイクティノスとカリカテスによってペイディアスのデザイン通りに建築されました。
神殿のより大きな部屋には一番有名なギリシャのデザイナーに作られたアテナの12メートルの銅像があります。

アクロポリスには、ゼウスの愛する子供の隣に他の神の像もあります。城塞の神殿の中にカリアティードという女性の彫像の柱を持っているエレクテイオンも入っています。

現在ではアルテミスの神殿であるブラウロネイオンの遺跡しか残っていません。毎年、旅行客の何十万人もの人が見に行くアクロポリスは1987年世界遺産になりました。

関連のエクストラ

古代ギリシャの柱の種類

ドリス様式、イオニア様式、コリント様式の柱は大きさと装飾によって区別されます。

古代アテネ住民と妻

古代アテネの民主主義は権力がある住民のコミュニティにより設立されました。

ディオニューソス劇場 (アテネ、紀元前4世紀)

特徴的な形を持ち、音響効果がいい劇場はアテネのアクロポリスの隣に建築されました。

トロイアの木馬

ホメロスの叙事詩によると、オデュッセウスの策略によってトロイアを敗北させました。

古代ギリシャの商船

発達された帆船のおかげで、古代ギリシャ人は「海の運搬人夫」になりました。

歴史的な地形図 (歴史的建造物)

歴史的建造物を白地図で探しましょう。

古代世界の七不思議

現在、古代世界の七不思議の中で、唯一、ギザの大ピラミッドが完璧に現存しています。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

オリンピア (紀元前5世紀)

紀元前776年から4年に一度開催されたオリンピックに有名なオリンピアは古代ギリシャの中心の一つになりました。

アポクシュオメノスの像

古代ギリシアの像であり、アドリア海の底で発見されました。

ギリシャの神々

古代ギリシャの神話に登場するオリンポスの神々は人間のように様々でした。

古代ギリシャの陶芸

古代ギリシャの陶芸の名作は現在、重要な考古学的な人工産物になっています。

古代ギリシャの住宅

古代ギリシャの一般の住宅は二階建てで、長方形で、幾何学的に構成された間取りを持っていました。

アトレウスの宝庫 (ミケーネ、紀元前14世紀)

古代のミケーネに建築された円状の墓は伝説の王様に結ばれています。

クノッソス宮殿 (紀元前2千年紀)

古代、クレタ島の青銅時代最大の遺跡である宮殿はミノア文明の中心であったと考えれています。

ミケーネ (紀元前2千年紀)

ミケーネは豊富な文明があり、世界初に要塞を建築された集落でした。

彫刻の画期的な節目

このアニメーションでは、彫刻の歴史における5つの有名な彫像を紹介します。

バビロン (紀元前6世紀)

古代都市であるバビロンはメソポタミアでユーフラテス川の沿岸に建設されました。

Added to your cart.