アレシア(フランス、紀元前1世紀)

アレシア(フランス、紀元前1世紀)

ガリアの都市であったアレシアはウェルキンゲトリクスに保護されましたが、紀元前52年にユリウス・カエサルに支配されました。

歴史

キーワード

アレシア, ガリアの, ウェルキンゲトリクス, 城壁, 州, ジュリアス・シーザー, ローマ人への手紙, ローマの城壁システム, Római Birodalom, ティトゥス・ラビエヌス, 攻城兵器, 包囲リング, 包囲, 攻撃塔, 攻城機, レビウス, レジーヌス, フランス, 都市, 防衛線, 要塞, 騎兵隊, キャンプ, 歩兵隊, 古代, 部族, 一般的な, 戦争, 歴史, 共和国, 溝, 堀, キャスリング

関連のエクストラ

シーン

アレシアの攻囲

ローマの城壁システム

  • アレシア
  • 後の防衛線
  • 包囲攻撃兵器
  • ラビエヌス
  • ウェルキンゲトリクス
  • 前の防衛線
  • ガリアの要塞
  • ジュリアス・シーザー
  • レビルス、レギヌス
  • 騎兵のキャンプ
  • 歩兵のキャンプ

ローマの包囲攻撃

城壁システムの断面図

  • 胸壁
  • 鋭い枝
  • 水が入っている溝
  • 墓標 (cippi)
  • 木棒と鉄の鉤 (stimuli)
  • 防衛線 (loricae)
  • 城壁
  • 先のとがった棒が入っている溝
  • 見張り塔/ 攻城塔

アニメーション

  • 胸壁
  • 鋭い枝
  • 水が入っている溝
  • 墓標 (cippi)
  • 木棒と鉄の鉤 (stimuli)
  • 防衛線 (loricae)
  • 城壁
  • 先のとがった棒が入っている溝
  • 見張り塔/ 攻城塔

ナレーション

現在フランス領域で位置するアレシアはガリア部族の中心でした。
紀元前52年に、ローマ軍とガリア軍の間に行われた戦闘は戦史の最も興味深い戦いの一つでした。近代考古学的な発掘、この地域の航空写真ユリウスカエサルの「ガリア戦記」でこの戦いについて情報がたくさん得られます。

ガリア要塞の包囲を準備する時、ローマ軍はアレシアの周りに包囲線を作りました。
六週間で建設された塁壁システムは15kmの内側塁壁と21kmの外側塁壁から構成されました。塁壁システムが二つの機能を果たしました:ガリア軍がアレシアからの脱出を妨げること、そしてガリア軍の救援隊に突然攻撃されないようにすることでした。

包囲網の構造が複雑でした。鉄の鉤がのせた棒、溝に刺された尖ったくい、堀と枝で構成されました。

ローマ軍はこの塁壁システムを利用して、ウェルキンゲトリクスに守護されたガリアの要塞を包囲機械で攻撃しました。長い戦いはカエサルの勝利で終わりました。その後、ガリアはローマ帝国の属州になりました。

関連のエクストラ

アレシアの戦い (紀元前52年)

ガリアの都市であったアレシアはウェルキンゲトリクスに保護されましたが、紀元前52年にユリウス・カエサルに支配されました。

古代ローマの包囲攻撃兵器

古代ローマの支配者は要塞を攻撃した時、様々な包囲攻撃兵器を使っていました。

古代ローマの歩兵作戦

古代ローマ軍団の兵士は軍事作戦の専門家でした。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

歴史的な地形図 (戦い、世界史)

歴史上の有名な戦いの場所を白地図で探しましょう。

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

古代ローマの軍事キャンプ

古代ローマ帝国が新しい地域を支配していた時、支配された場所に軍事キャンプを設立されました。

タイタスの凱旋門 (ローマ、1世紀)

凱旋門はフォロ・ロマーノの入り口の近くに建築されました。ローマ皇帝、タイタスのエルサレム包囲の成功を記念にした凱旋門です。

古代ローマの剣闘士 (2世紀)

剣闘士は古代ローマの聴衆を楽しませるために、競技場にお互いか動物と戦っていました。

野蛮人の衣服 (5世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

古代の帝国

歴史上多くの巨大な帝国が創設され、崩壊されました。

ポンペイウス劇場(ローマ、紀元前1世紀)

グナエウス・ポンペイウス・マグヌスが委託した建築物は、古代ローマの最初の恒久的ローマ劇場の一つでした。

Added to your cart.