アラ・パキス・アウグスタエ (ローマ、紀元前1世紀)

アラ・パキス・アウグスタエ (ローマ、紀元前1世紀)

ローマ皇帝アウグストゥスの治世中に建築された祭壇は古代ローマ時代の最も有名な建造物の一つでした。

歴史

キーワード

アラ・パキス  , アウグストゥス帝の, Augustus, アラパチスAugustae, 安穏, 祭壇, 和平合意, ローマ, Római Birodalom, キャンパスマルティウス, 建物, 建造物, 建築, 宗教, レリーフ, 大理石, フリーズ, イスパニア, ガリア, 上院, 儀式行列, 神話, 神々, 芸術, 古代, 歴史

関連のエクストラ

シーン

祭壇

  • 祭壇を聖別する行進のフリーズ (北側の壁) - 皇帝にもたらした平和を祝う行進では人物が46人見られます。登場人物の中で、多くの束桿捧持者、祭司、元老院議員、そして王族のメンバーであるルキウス・カエサル(アウグストゥスの孫)、ユリア・カエサリス(アウグストゥスの実の娘)、小オクタウィア(アウグストゥスの姉)とユッルス・アントニウス(小オクタウィアの継息子)が見られます。
  • 彫刻装飾 - 壁の外側の下部にアカンサス、花と鳥が見られます。鳥の中で、アウグストゥスの好みであるアポロの白鳥も登場します。この対称性は自然の調和のシンボルとなります。
  • 蛇行模様のへり
  • ルぺルカルのパネル - このパネルは豚飼いであるファウストゥルスは雌狼に育てられたロムルスとレムスを見つかったシーンを描写します。戦の神、マールスが彼らを見守っています。パネルの名前は雌狼の洞窟、ルぺルカルを由来します。
  • 正門
  • アイネアスのパネル - ある理論によると、このパネルの中心人物は家の守り神に生贄を捧げるトロイの英雄、アイネアスです。これはウェルギリウスに書かれた「アエネーイス」も証明されています。この作品によると、アイネアスはイタリアに帰還した後、雌豚を一匹と子豚を三十匹生贄とひて捧げました。他の解説によると、このパネルの中心人物はローマの伝説上の第2代の王であるヌマ・ポンピリウスだと思われています。この考えは王の平和的な性格と王の姿は門が閉じてあるヤヌス神殿に似ている建物の前で立っていることで証明されています。
  • アウグストゥス - ローマ帝国の初代皇帝でした。紀元前27年から紀元14年まで在位しました。ローマの平和(パークス・ロマーナ)をもたらした皇帝です。
  • モニュメント - 基礎が長方形であり、辺の長さは11.62mと10.62mでした。高さが4.6mでした。段がある演壇の上にある祭壇とそれを囲む壁という二つの部分からできました。
  • 祭壇を聖別する行進のフリーズ (南側の壁) - 皇帝がもたらした平和を祝う行進で、祭司と他の従者以外に、ローマ皇帝アウグストゥス、マルクス・ウィプサニウス・アグリッパ(アウグストゥスの娘婿)、リウィア・ドルシッラ(アウグストゥスの妻)、ティベリウス(アウグストゥスの養子)、小アントニア(アウグストゥスの姪)、ネロ・クラウディウス・ドルースス(アウグストゥスの継息子)、大アントニア(アウグストゥスの姪)、グナエウス・ドミティウス・カルウィヌス(アウグストゥスの大将)も見られます。
  • テルスのパネル - 肥沃と繁栄のシンボルとなる雰囲気で囲まれた座っている人物はおそらく大地の女神であるテルース・マーテル(テラ・マーテルとも呼ばれる)です。女神の右に、白鳥に乗っている人物は陸風を象徴し、左側のウミヘビに乗っている人物は海風を象徴します。これらの三人の人物は大地、水と空気のシンボルとなります。他の理論によると、中心人物である女性はイタリアのシンボルであり、または愛の女神であるウェヌス、もしくは平和の女神パークスだと思われています。この最後の解説が祭壇の建設の元の目的にも証明されています。
  • ローマのパネル - 敗れた敵の武器の上に座っている中心人物は平和のシンボルとなっています。この女性はローマの(ローマの市と帝国を象徴する)女神だと広く思われています。
  • 入口

アラ・パキス・アウグスタエ

ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスにもたらされた平和を祝って祭壇の名前が付けられました。紀元前13年元老院に依頼された製作は紀元前9年で建設が完成されました。この建造物はスペインとガリアで大勝利を収め帰還するアウグストゥスに建てられました。平和の女神であるパークスに捧げられた祭壇は元々フラミニア街道の近くに、カムプス・マールティウスにありました。

カッラーラの大理石で作られた祭壇は壁に囲まれた台の上にありました。壁の外側と内側に精巧に彫刻されたレリーフがあります。入り口がない壁の北側と南側にある行進のフリーズで祭司、元老院議員、役員以外はアウグストゥスと王族が登場します。門の隣に、神話上のシーンが見られます。

四枚の主要なパネルで、ローマとつながりがある重要な人物も登場します。壁の外側の下部では彫刻されたアカンサスが見られ、その対称性は自然での調和を象徴します。壁の内側は彫刻された雄牛の頭蓋骨果物で織り合わせた花飾りで覆われています。雄牛の頭蓋骨は犠牲となる捧げもののシンボルとなります。

ローマ帝国の崩壊の後、アウグストゥスの統治下の最も才能がある芸術家に彫刻された建造物がテヴェレ川の堆積物で埋められました。祭壇の欠片は16世紀で、宮殿の建設中発見されました。

祭壇のレリーフが粉々に割れ、欠片が世界の様々な場所で発見されました。近代で、ますます欠片が多く見つかりました。結局、1937‐1938年で、すべての破片が発掘され、世界の様々なところから集めた部分と合わせて、元々の祭壇が復元されました。現在、アラ・パキスは元々建設された場所でではなく、アウグストゥスの霊廟の近くに位置するアラ・パキス博物館で展示されています。

内装

  • 手すり - 古風のスラブは翼があるライオンと渦巻き模様で飾られ、ヘレニズムの影響が見られます。
  • 装飾された壁 - 祭壇を囲む壁の内側の上部は生贄のシンボルとなる雄牛の頭蓋骨と果物も多くみられる花飾りで装飾されています。花飾りの上に、犠式に使われたボウル(聖杯)がありました。壁の下部は伝統的なローマの祭壇を囲む木材のフェンスを象徴します。
  • ウェスタの巫女 - 聖なる炎を守っていたウェスタの巫女でした。フォルム・ロマヌムにあるウェスタ神殿に住んでいました。ウェスタは家族、炉と家庭の女神であり、ギリシア神話のヘスティアーと同一視されました。
  • 雄牛の頭蓋骨
  • コリント式柱
  • 花飾り

上面図

  • 段のある 演壇
  • 祭壇
  • - 祭壇は高くて、屋根がない壁で囲まれていました。壁には二つの入り口があり、それを通って祭壇に近づくことができました。

アニメーション

  • 彫刻装飾 - 壁の外側の下部にアカンサス、花と鳥が見られます。鳥の中で、アウグストゥスの好みであるアポロの白鳥も登場します。この対称性は自然の調和のシンボルとなります。
  • 蛇行模様のへり
  • 正門
  • アウグストゥス - ローマ帝国の初代皇帝でした。紀元前27年から紀元14年まで在位しました。ローマの平和(パークス・ロマーナ)をもたらした皇帝です。
  • 段のある 演壇
  • 祭壇

ナレーション

アラ・パキス・アウグスタエ

ローマ帝国の初代皇帝アウグストゥスにもたらされた平和を祝って祭壇の名前が付けられました。紀元前13年元老院に依頼された製作は紀元前9年で建設が完成されました。この建造物はスペインとガリアで大勝利を収め帰還するアウグストゥスに建てられました。平和の女神であるパークスに捧げられた祭壇は元々フラミニア街道の近くに、カムプス・マールティウスにありました。

カッラーラの大理石で作られた祭壇は壁に囲まれた台の上にありました。壁の外側と内側に精巧に彫刻されたレリーフがあります。入り口がない壁の北側と南側にある行進のフリーズで祭司、元老院議員、役員以外はアウグストゥスと王族が登場します。門の隣に、神話上のシーンが見られます。

四枚の主要なパネルで、ローマとつながりがある重要な人物も登場します。壁の外側の下部では彫刻されたアカンサスが見られ、その対称性は自然での調和を象徴します。壁の内側は彫刻された雄牛の頭蓋骨果物で織り合わせた花飾りで覆われています。雄牛の頭蓋骨は犠牲となる捧げもののシンボルとなります。

ローマ帝国の崩壊の後、アウグストゥスの統治下の最も才能がある芸術家に彫刻された建造物がテヴェレ川の堆積物で埋められました。祭壇の欠片は16世紀で、宮殿の建設中発見されました。

祭壇のレリーフが粉々に割れ、欠片が世界の様々な場所で発見されました。近代で、ますます欠片が多く見つかりました。結局、1937‐1938年で、すべての破片が発掘され、世界の様々なところから集めた部分と合わせて、元々の祭壇が復元されました。現在、アラ・パキスは元々建設された場所でではなく、アウグストゥスの霊廟の近くに位置するアラ・パキス博物館で展示されています。

関連のエクストラ

古代ローマの元老院議員と妻

古代ローマの最高の社会階級のメンバーである元老院議員は紫色のへりがあるトーガを着ていました。

古代ローマの属州と都市

このアニメーションは古代ローマの数百年渡る歴史を紹介します。

チルコ・マッシモ (ローマ)

古代ローマの大競技場であり、二輪戦車レースで有名になりました。

ポンペイウス劇場(ローマ、紀元前1世紀)

グナエウス・ポンペイウス・マグヌスが委託した建築物は、古代ローマの最初の恒久的ローマ劇場の一つでした。

タイタスの凱旋門 (ローマ、1世紀)

凱旋門はフォロ・ロマーノの入り口の近くに建築されました。ローマ皇帝、タイタスのエルサレム包囲の成功を記念にした凱旋門です。

アクティウムの海戦(紀元前31年)

ヘラスの海岸に行った戦いで、オクタウィアヌスはマルクス・アントニウスに対して圧倒的に勝利しました。

カラカラ浴場 (ローマ、3世紀)

紀元3世紀に、古代ローマのカラカラ帝の治世に建造された贅沢な浴場でした。

パンテオン (ローマ、2世紀)

すべての神の神殿と呼ばれるパンテオンはローマ皇帝ハドリアヌスの統治下の元で再建されました。

コロセウム(ローマ、1世紀)

ローマで一番有名で、豪華な円形闘技場であり、第1世紀に建築されました。

古代世界の七不思議

現在、古代世界の七不思議の中で、唯一、ギザの大ピラミッドが完璧に現存しています。

Added to your cart.