脊髄の解剖

脊髄の解剖

中枢神経系の部分である脊髄は脊柱の中に位置し、脊髄神経はそこから分岐します。

生物

キーワード

脊髄, 神経系, 椎間板ヘルニア, 脊髄神経, 灰白質, 白質, 中央管, 運動ニューロン, 神経節, 脊椎, 頸椎, 胸椎, 腰椎, 脳, 脳神経, 髄膜, 神経細胞, 反射, 脳脊髄液, くも膜下腔, 腰椎穿刺, 神経, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

脊髄

  • 前根 - 脊髄の灰白質の前の角から出る運動神経で形成されている。
  • 後根 - 脊髄の灰白質の後ろの角から出る感覚神経で形成されている。
  • 後根神経節 - 感覚神経細胞の細胞体を含む神経節。感覚線維ともいう感覚神経細胞の軸索突起は脊髄の灰白質の後角に通って入る。
  • 灰白質の前角 - 運動神経の細胞体を含む。運動線維という運動神経細胞のの軸索突起は脊髄の灰白質の後角に通って出て来る。
  • 灰白質の後角 - 感覚線維ともいう感覚神経細胞の軸索突起は灰白質の後角を通って入る。
  • 白質 - 神経細胞体は灰白質にあり、神経線維は白質で経路を形成する。脳の方へ走る上行路は感覚線維を含み、下行路は運動線維からなっている。白質の色は神経細胞を覆うミエリン鞘です。
  • 中心管 - 脳脊髄液で満たされている。脳室系は中心管の続きです。

脊髄神経の分類

  • 8対の頚部神経
  • 12対の胸神経
  • 5対の腰神経
  • 5対の仙椎神経
  • 1対の尾骨神経
  • 脊髄
  • 馬尾 - 脊髄は脊柱の腰部で終わる。馬尾は脊髄神経束からなっている。

脊髄の位置

  • 脊椎 - 脊髄は脊柱に保護されている。神経が脊椎の横突起から出て来る。
  • 椎間板 - 椎間板の弾力性は脊柱に屈曲性を与える。
  • 脊髄 - 脊髄には外部の白質と内部のH字形の灰白質があります。
  • 脳軟膜 - 髄膜の最内層であり、膜は脳と脊髄の表面の近くに位置している。
  • 脊髄神経 - 31対の脊髄神経には感覚神経と運動神経が含まれているので、混合神経と呼ばれている。 中枢神経系(脳と脊髄)以外にある繊維の束は神経と呼ばれ、中枢神経系にある束は経路と呼ばれている。
  • クモ膜 - クモ膜はクモの巣のような構造を持つ薄い膜です。繊維組織で形成され、脳脊髄液を含んでいる。この液体は中枢神経系を保護し、 機械的保護と脳の重さを減らす役割を果たす。
  • 硬脳膜 - 髄膜の最外層であり、脳と脊髄を包囲する。

椎間板ヘルニア

  • 線維輪 - 線維輪に傷つく場合は、髄核が突き出る。年を取ると線維輪は弾力性を失い、傷つきやすくなって、椎間板ヘルニアの可能性を高める。
  • 髄核 - 椎間板の突出は脊髄神経または脊髄に圧力をかける場合がある。これは痛み、しびれ感、感覚異常、反射障害と植物性機能に対する障害(便失禁など)を引き起こす可能性がある。椎間板ヘルニアは運動、背中を支えるサポーターや手術で治療できる。
  • 脊髄神経

神経系

  • 脊髄 - 中枢神経系は脳と脊髄からなっている。脊髄から31対の脊髄神経を伸ばす束があります。
  • 脳神経
  • 脊髄神経 - 末梢神経系は31対の脊髄神経と12対の脳神経からなっている。脊髄神経が混合神経であり、感覚神経と運動神経に分けられる。

アニメーション

  • 脊髄 - 中枢神経系は脳と脊髄からなっている。脊髄から31対の脊髄神経を伸ばす束があります。
  • 脳神経
  • 脊髄神経 - 末梢神経系は31対の脊髄神経と12対の脳神経からなっている。脊髄神経が混合神経であり、感覚神経と運動神経に分けられる。
  • 8対の頚部神経
  • 12対の胸神経
  • 5対の腰神経
  • 5対の仙椎神経
  • 1対の尾骨神経
  • 脊髄
  • 馬尾 - 脊髄は脊柱の腰部で終わる。馬尾は脊髄神経束からなっている。
  • 脊椎 - 脊髄は脊柱に保護されている。神経が脊椎の横突起から出て来る。
  • 椎間板 - 椎間板の弾力性は脊柱に屈曲性を与える。
  • 脊髄 - 脊髄には外部の白質と内部のH字形の灰白質があります。
  • 脳軟膜 - 髄膜の最内層であり、膜は脳と脊髄の表面の近くに位置している。
  • 脊髄神経 - 31対の脊髄神経には感覚神経と運動神経が含まれているので、混合神経と呼ばれている。 中枢神経系(脳と脊髄)以外にある繊維の束は神経と呼ばれ、中枢神経系にある束は経路と呼ばれている。
  • クモ膜 - クモ膜はクモの巣のような構造を持つ薄い膜です。繊維組織で形成され、脳脊髄液を含んでいる。この液体は中枢神経系を保護し、 機械的保護と脳の重さを減らす役割を果たす。
  • 硬脳膜 - 髄膜の最外層であり、脳と脊髄を包囲する。
  • 前根 - 脊髄の灰白質の前の角から出る運動神経で形成されている。
  • 後根 - 脊髄の灰白質の後ろの角から出る感覚神経で形成されている。
  • 後根神経節 - 感覚神経細胞の細胞体を含む神経節。感覚線維ともいう感覚神経細胞の軸索突起は脊髄の灰白質の後角に通って入る。
  • 灰白質の前角 - 運動神経の細胞体を含む。運動線維という運動神経細胞のの軸索突起は脊髄の灰白質の後角に通って出て来る。
  • 灰白質の後角 - 感覚線維ともいう感覚神経細胞の軸索突起は灰白質の後角を通って入る。
  • 白質 - 神経細胞体は灰白質にあり、神経線維は白質で経路を形成する。脳の方へ走る上行路は感覚線維を含み、下行路は運動線維からなっている。白質の色は神経細胞を覆うミエリン鞘です。
  • 中心管 - 脳脊髄液で満たされている。脳室系は中心管の続きです。
  • 線維輪 - 線維輪に傷つく場合は、髄核が突き出る。年を取ると線維輪は弾力性を失い、傷つきやすくなって、椎間板ヘルニアの可能性を高める。
  • 髄核 - 椎間板の突出は脊髄神経または脊髄に圧力をかける場合がある。これは痛み、しびれ感、感覚異常、反射障害と植物性機能に対する障害(便失禁など)を引き起こす可能性がある。椎間板ヘルニアは運動、背中を支えるサポーターや手術で治療できる。
  • 脊髄神経

ナレーション

ヒトの神経系は中枢神経系末梢神経系とで分かれます。中枢神経系の主な部分は脳と脊髄です。末梢神経系は12対の脳神経と31対の脊髄神経からなっています。

頸部には神経が8対出てきます。胸部神経12対腰神経5対仙骨神経5対尾骨神経1対があります。脊髄は脊柱の腰部で終わります。馬尾は脊髄神経束からなっています。

脊髄神経中枢神経系と体の他の部分の間で行われる情報の伝達で重要な役割を果たしています。脊髄は膝反射のような様々な反射の中心でもあり、脳からの下行束と脳の方へ行く上行束を含んでいます。

脊髄は脊椎骨に守られています。神経は脊椎の横突起から出て来ます。脊椎骨の間に椎間板があり、その弾力性は脊柱に屈曲性をもたらします。脊髄と脳は髄膜という三枚の膜に保護され、外部の硬膜クモ膜と内部の軟膜です。クモ膜は繊維組織を含むクモの巣の構造を持つ薄い膜であり、中には脳脊髄液が貯蔵されます。この液体は中枢神経系の機械的保護と脳の重さを減らす役割を果たします。

脊髄は周りに白質があり、中央部にはH字形の灰白質があります。神経細胞細胞体灰白質にあり、神経束は白質において経路を形成します。脳の方へ走る上行路感覚線維を含み、下行路は運動線維からなっています。白質の白い色は神経束が巻かれているグリア細胞に形成されるミエリン鞘に与えられています。灰白質の前角は運動神経の細胞体を含んでいます。運動線維と呼ばれている運動神経の軸索突起は脊髄の前根を通って出てきます。感覚線維はその後根を通って灰白質の後角に入ります。感覚神経の細胞体は後根感覚神経束に位置します。中心管は脳脊髄液で満たされています。中心管の続きは脳室系です。

椎間板は主に線維輪髄核の2つで構成されています。線維輪が傷つくと、髄核が突起し、椎間板ヘルニアが発生する可能性があります。年を取ると線維輪は弾力性を失い、傷つきやすくなって、椎間板ヘルニアの可能性を高めます。椎間板の突出は脊髄神経または脊髄に圧力をかける場合があります。これは痛みや、しびれ感、感覚異常、反射障害と植物性機能に対する障害(便失禁など)を引き起こす可能性があります。椎間板ヘルニアは運動背中をささえるサポーター手術で治療できます。

関連のエクストラ

膝蓋腱反射

伸筋を伸ばすことで引き起こされる反射は膝蓋腱反射です

侵害反射

侵害反射は痛みを伴う刺激に対して回避する脊髄反射である。

人間の脳

人間の脳の主要部分は脳幹、小脳、間脳、大脳で構成されています。

神経系

中枢神経系には脳と脊髄が含まれ、末梢神経系には神経と神経節が含まれています。

人体の脳の部分

人体の脳の主な部分は、脳幹、小脳、中脳、大脳です。

関節の種類

人間の骨は、縫合、軟骨性関節、滑膜関節の接合、またそれらの融合で結合しています。

発話に関する脳皮質

発話には、複数の皮質中枢の同期動作が必要になっています。

神経細胞、神経組織

神経細胞は電気信号を伝える役割を果たしている細胞です。

脳室系と脳の主な領域

このアニメーションには脳の内部構造が紹介します。

脊柱の健康状態

脊柱側弯症は脊椎が側方に弯曲する病気です。

副腎

副腎は恒常性を保ち、ストレスがかかっている状況で速い反応を発生します。

脊椎動物の生活環

脊椎動物の生活環は、個体の生殖細胞の形成で始まり、次世代の生殖細胞の形成で終わります。

シナプス伝達

神経細胞は化学シナプスと電気シナプスで電気信号を伝えます。

筋肉組織

人間の体には平滑筋、横紋筋、心筋の三種類の筋肉があります。

膝関節

膝関節は大腿骨、脛骨と膝蓋骨から構成されています。

上肢の骨

上肢の骨は肩帯と腕を構成します。

心臓

心臓は心循環系の中心的なポンプであり、一生に数十億回鼓動します。

頭蓋骨と脊柱

中枢神経系の二つの主な部分である脳と脊髄は頭蓋骨と脊柱に守られています。

下肢の骨

下肢の骨は腰帯と足の骨を含んでいます。

循環系

体循環は心臓から体全体へ酸素を豊富に含む血液を流し、肺循環は肺から心臓へ酸素を含む血液を送ります。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

耳と聴覚のメカニズム

耳は空気の振動を脳によって処理される電気信号に変換します。

脊椎動物の脳の進化

脊椎動物の進化の間、脳の領域の相対的進化は変化しました。

Added to your cart.