フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

技術

キーワード

フォッカー, フォッカー・ドライデッカーI, 航空機, 戦闘機, 飛行機, 航空, 第一次世界大戦, レッドバロン, 三葉機の翼, コックピット, 機体, 胴体, 補助翼, 技術, 歴史

関連のエクストラ

シーン

フォッカー

フォッカー Dr. I ドイツの戦闘機

ドイツフォッカー三葉機第一次世界大戦最も知られている戦闘機でした。生産はドイツ航空省に依頼されました。設計者はアントニー・フォッカーの会社の主任設計者、ラインホルト・プラッツでした。イギリスの戦闘機、ソッピース・トライプレーンにインスパイアされました。フォッカーIの初飛行1917年7月5日に行いました。

最初の弱点を改善した後、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンの戦隊のパイロットはこの戦闘機を伝説に残るほど有名にしました。「レッド・バロン」の異名で呼ばれていたパイロットは1918年に亡くなるまで空中戦を80回勝利しました。

320機製作された戦闘機は生産された年にも平凡だと思われたので、第一次世界大戦の終わりごろはすでに時代遅れになりました。

第一次世界大戦でのフォッカー

レッド・バロン

コックピット

構造

  • 回転形式エンジン
  • 構造体
  • 三葉機の翼
  • 翼支柱
  • 補助翼
  • 水平安定板
  • 垂直安定板

構造と特徴

単座三葉機は主に自衛目的で使われていました。操縦性がよく、上昇速度も非常に良かった(5.7 m/s)です。しかし、速度や信頼性など他の特徴は一般的で、当時の戦闘機の中でもより良い戦闘機がありました。

フォッカーDr. Iの長さが6メートルであり、高さが3メートルであり、翼幅が7メートル以上でした。三葉機であったため、翼の全面積が比較的に大きく、18.7m²でした。空荷時の重量が406kgであり、燃料を180kgが運送できました。

オーバーウルゼル Ur.II空冷回転星型9気筒110馬力(82kW)エンジンに駆動されました。このエンジンで航空機の最大速度は185 km/hであり、実用上昇限度がおよそ6000メートルでした。回転星型エンジンの場合は、クランクシャフトが固体され、シリンダーがそれを中心に回転しました。

戦闘機の武装はlMG08/15シュパンダウ7.9 mm機関銃二本でした。

フォッカー三葉機 I

発射

アニメーション

  • 回転形式エンジン
  • 構造体
  • 三葉機の翼
  • 翼支柱
  • 補助翼
  • 水平安定板
  • 垂直安定板

ナレーション

ドイツのフォッカー三葉機は第一次世界大戦の最も知られている戦闘機でした。フォッカーIの初飛行1917年7月に行いました。三葉機を意味するドライデッカーが三枚の翼にちなんでつけられました。この戦闘機は協商国に使われていた戦闘機の優性を相殺するために設計されました。長さがおよそ6メートルであり、翼幅が7メートル以上でした。

最大離陸重量は586kgであり、最大速度が185km/hでした。実用上昇限度がおよそ6000メートルで、戦闘行動半径が300kmでした。9気筒110馬力の回転星型エンジンに駆動されました。

フォッカーの武装である二つの同期化された機関銃は回転しているプロペラを通じて発射しました。戦闘機の操縦性は素晴らしく、上昇速度も非常に良かった(5.7 m/s)です。しかし、速度や信頼性など他の特徴は一般的で、当時の戦闘機の中でもより良い戦闘機がありました。1917年にはすでに時代遅れになりました。
320機が生産されたフォッカーIは有名なパイロットのおかげで知られるようになりました。最も有名なパイロット、マンフレート・フォン・リヒトホーフェンが「レッド・バロン」とも呼ばれていました。この異名は乗っていた戦闘機の色にちなんで名づけられました。

関連のエクストラ

ドイツの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

塹壕 (第一次世界大戦)

塹壕戦は第一次世界大戦野特徴の一つでした。

スーパーマリンスピットファイア (イギリス、1938年)

スーパーマリンスピットファイアは第二次世界大戦でイギリスに使われていた単座戦闘機でした。

メッサーシュミット Bf 109 G (ドイツ、1941年)

第二次世界大戦においてドイツに使われていた戦闘機です。

ユンカース G 24 フロート水上機

フロート水上機は水上にも到着したり、走ったり、水上から飛び上がったりすることができる航空機です。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

Chengdu J-20 威龍(中国, 2017年)

威龍とも呼ばれるChengdu J-20は第5世代ジェット戦闘機に分類される戦闘機です。

フランスの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、フランスは軍事同盟であった三国協商のメンバーでした。

英国の兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、イギリスは三国協商という軍事同盟のメンバーでした。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

モーターの飛行機 (アドルヤーン・ヤーノシュ)

「Libelle」(トンボ)という飛行機はハンガリーの航空史の画期的な飛行機でした。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

B-17 空飛ぶ要塞 (米国、1938年)

ボーイング社は「空飛ぶ要塞」を米軍のために開発しました。

Added to your cart.