火の車輪

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

歴史

キーワード

火の車輪, Bornemissza, Castle of Eger, 包囲, 発明, 塔, 外側の城, ルーク, 奥の城, 大聖堂, ドボー稜堡, モルタル, 炸薬, 砲身, トルコ語, ハンガリー語, オットマン, 歴史

関連のエクストラ

シーン

古い門の塔

  • 古い門の塔
  • 火の車輪

発射

構造

  • トレッド
  • スピンドル
  • 熱い松やにで 満たされたつぼ
  • 円周上に配置 する発射物
  • 迫撃砲
  • 爆薬弾
  • 砲身

エゲルの要塞

  • 古い門の塔
  • ベベク稜堡
  • ボイキ稜堡
  • 外側の城
  • チャビ稜堡
  • チャーチ稜堡
  • シャンドル稜堡
  • 土の稜堡
  • 地下ろう稜堡
  • ビショップ宮殿
  • 座聖堂
  • 奥の城
  • ドボー稜堡
  • ヴァルコッヒ門

車輪の通り道

関連のエクストラ

オスマン帝国の兵士 (16世紀)

オスマン軍はイェニチェリー(常備歩兵軍団)とスィパーヒー(封建制度の中での騎士)で構成されていました。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

歴史的な地形図 (戦い ‐ ハンガリー史)

白地図で、歴史的に有名なハンガリーの戦いの場所を探しましょう!

オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国の統治者はスルタンと呼ばれていました。

ベオグラード (15世紀)

ベオグラードの城はハンガリーの一番重要な国境要塞の一つでした。

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

中世の地下牢

中世の地下牢には様々な拷問装置が使われていました。

ゴシック様式の城 (ジュラ、ハンガリー、16世紀)

南東ハンガリーに位置している煉瓦造りの城です。一番古い部分はおそらく14世紀の後半に建てられました。

ナーンドルフェヘールヴァール包囲 (1456年7月4日‐22日)

15世紀に、オスマン帝国とハンガリー王国の間に行われた大きな戦いでした。

モハーチの戦い (1526年8月29日)

モハーチ平野でハンガリー軍のオスマン軍により惨敗しました。

Added to your cart.