火砲の動作 (18世紀)

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

歴史

キーワード

火砲, 大砲の操作, 大砲, バレル, キャリッジ, 弾丸, 火薬, ヒューズ, 発火装置, 武器, 近代史, 推力, 詰め物

関連のエクストラ

シーン

砲兵隊

大砲の歴史

大砲は先込め砲の一種である武器です。
歴史的に、中国人に発明された黒色火薬に関連しています。アラビア人とモンゴル人よりヨーロッパに紹介されたと思われています。使用されたと証明された戦いの一つはイギリスとフランスの間に行われた百年戦争の時でした。

最初、要塞や城を包囲する時に使われた。その後、敵の戦線を破るために、戦いにおいても使用し始めました。16世紀に、大砲が戦艦にも搭載されて、征服者により地球上広められました。
大砲の発展で、(主に鋼の出現のおかげで) 重量が低くなり、効率が上がりました。大砲の様々な種類が発展されました。現在の軍隊もこのタイプの兵器を使っています

砲撃

大砲の構造

  • 銃身
  • 砲架
  • 導火線
  • 火かき

構造と作動

大砲の最も重要な構成部分は銃身です。最初は青銅、銅とその後、鉄からできました。19世紀に、鋼が大砲の鋳造に使われ始めました。銃身の長さと直径の面で、数世紀で大砲の様々な種類が発展されました。

大砲の他の重要な部分は支持本体です。武器の目的によって、支持本体の様々なタイプが発展しました。本体の二つの種類は固定されたと移動可能な砲架です。

弾を込める時、最初は銃身に火薬を入れられます。その後、投射物である砲弾が入れられます。最後に、シール層の役割を果たす詰め物が入れ込まれます。点火された導火線で火薬が爆発します。この爆発で投射物が飛ばされます。

投射物が加速して銃身から出て、平射弾道に乗ります。長距離の範囲で爆発します。

大砲の断面図

  • 銃身
  • 砲架
  • 黒色火薬
  • 砲口
  • 弾丸
  • 詰め物
  • 導火線
  • 火かき
  • 込め矢
  • 火薬スプーン
  • 発火装置

大砲の動作

ナレーション

初めてのステップとして、火薬スプーンで銃身に火薬を入れました。込め矢で入れられた詰め物を押しながら、火薬は収縮されました。その後は砲弾が入れられた。銃身はより多くの詰め物で封印されて、火かき導火線が刺し入れられた。火かきは発火装置で点火されました。火薬が爆発し、砲弾に強い推力が与えられて、砲弾が銃身から出ました。撃つ時きちんと固定されていない大砲が発射の時、後に飛ばされました。

関連のエクストラ

艦砲 (17世紀)

艦砲は海戦上で使われたものです。

ナポレオン戦争

自身を王と位置付けたナポレオン1世は歴史上もっとも才能がある軍司令官の一人でした。

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

米国の南北戦争の兵士

米国の南北戦争は、アメリカ合衆国とアメリカ連合国との間で行われた戦争でした。

フスのワゴンフォート

チェコのフスは15世紀にウォーワゴンを使いこなしました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 戦車

レオナルドに設計された戦車は最も重要な軍事的要求に答えるように安全で、移動しやすくて、火力が大きかったです。

郵便馬車サービス (イギリス、18世紀)

動力機関を備えた車両の出現の前に、乗客、手紙やパッケージは郵便馬車を使って目的地まで送られました。

ミール地方の城と関連建物群(17世紀)

ベラルーシのミールに位置する城はゴシック様式で建設されました。

ニズワ・フォート(オマーン、17世紀)

アラビア半島の一番大きな要塞の丸い塔は興味深い防衛システムを持っていました。

オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国の統治者はスルタンと呼ばれていました。

ロシア皇帝ピョートル1世と妻

西ヨーロッパに影響により、ピョートル1世はロシア帝国を現代化しようとしました。

バスティーユ(パリ、18世紀)

パリの刑務所であるバスティーユは1789年のフランス革命で有名になりました。

戦車 (第二次世界大戦)

戦車は第二次世界大戦において重要な役割を果たしていました。

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

ナーンドルフェヘールヴァール包囲 (1456年7月4日‐22日)

15世紀に、オスマン帝国とハンガリー王国の間に行われた大きな戦いでした。

38Mトリディ軽戦車

この軽戦車は第二次世界大戦でハンガリー軍に使用されました。

しっかり者のスズの兵隊

ハンス・クリスチャン・アンデルセンの有名な童話がジオラマで見ることができます。

ゴシック様式の城 (ジュラ、ハンガリー、16世紀)

南東ハンガリーに位置している煉瓦造りの城です。一番古い部分はおそらく14世紀の後半に建てられました。

ハンガリー独立戦争時代の兵士 (1848年‐1849年)

ハンガリー独立戦争で、ハンガリー軍はオーストリア軍とロシア軍と戦っていました。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

Added to your cart.