ハロゲン化水素の比較

ハロゲン化水素の比較

ハロゲン化水素を形成する原子は共有結合により結ばれて、極性分子を構成します。

化学

キーワード

ハロゲン化水素, フッ化水素, ヨウ化水素, 臭化水素, 塩化水素, 共有結合, シグマ結合, 極性の, 分子の極性, 結合エネルギー, 分子, 一般化学, 化学

関連のエクストラ

ハロゲンの比較

ハロゲン元素は周期表において5個の関連している化学元素を含んでいます:フッ素、塩素、臭素、ヨウ素、アスタチン。

フッ化水素 (HF)

ハロゲン化水素のひとつであり、ガラスと反応して腐食させます。

ヨウ化水素 (HI)

無色で、刺激臭で、空気より重い気体です。

臭化水素 (HBr)

ハロゲン化水素のひとつで、臭化アルキルの形成に使われています。

塩化水素 (HCl)

無色で、刺激臭の気体であり、水に溶解すると塩酸が生成されます。

フッ素 (F₂)

ハロゲンに属するフッ素は反応性が高くて、淡黄褐色で、毒性の気体です。フッ素の最もよく知られている化合物はテフロンです。

塩化水素(HCl)の水溶液

塩化水素を水に溶解すると塩酸が生成します。

水素 (H₂)

水素は無色無臭で、空気より軽い気体です。宇宙で最も数が多い元素です。

Added to your cart.