恒星の種類

恒星の種類

このアニメーションは一般的な恒星と大質量星の成長を紹介します。

地理

キーワード

スター, スター開発, 星雲, 赤色巨星, 惑星状星雲, 白色矮星, 赤色超巨星, 超新星, 中性子星, ブラックホール, 天体, 天文学, 地理

関連のエクストラ

シーン

恒星の寿命

  • 星雲 - 星雲が収縮する時、恒星の形成が始まります。
  • 一般的な恒星 - このグループには我々の太陽が含まれています。この種類は宇宙の最も一般的なタイプです。恒星の中心に行う核融合によって、エネルギーが放出しながら水素がヘリウムに変えられます。寿命が比較的に長くて、我々の太陽がおよそ50億年前に形成したが、水素核融合がおよそ100億年間続いています。水素が少なくなると、星が赤色巨星になります。
  • 赤色巨星 - 核融合の燃料が少なくなる時、核融合が遅くなります。重力を対抗する放射圧も減り、重力が強くなります。恒星が縮み始まります。密度が上がるので、ヘリウム原子が炭素になります。温度が上がり、恒星の外層が膨らんで、赤色巨星が形成します。
  • 惑星状星雲 - 核融合の燃料が少なくなりつつ、恒星の中心がもっと縮みます。外層が散乱して、惑星状星雲が形成されます。
  • 白色矮星 - 赤色巨星の収縮した核心です。重力収縮が高まる圧力で止められます。(重質が太陽より重い場合は、恒星は中性子星かブラックホールになります。)白色矮星の密度が高いです。重質は太陽と同じですが、大きさは地球に近いです。中には核心融合がないが、恒星は残りのエネルギーを放射して、星が冷却しながら暗くなります。
  • 大質量星 - もし、星の大きさは太陽よりずっと大きな場合は、中性子星あるいはブラックホールになる可能性もあります。大質量星には一般の星より核融合の燃料が速くなくなります。
  • 赤色超巨星 - 大質量星には水素が少なくなると、核融合が遅くなります。放射圧が減少すると、核心が収縮し始まります。縮む核心においてヘリウムの原子核の融合が始まり、恒星の外層が膨らんで赤色超巨星が発生します。宇宙の最も大きな恒星の一つであるおおいぬ座VY星の直径が太陽の1400倍です。赤色超巨星の中に、核融合により重い元素が発生します。ただし、鉄より重い元素が発生できないので、ある程度時間が経つと、エネルギー発生が止まります。恒星の核心はまた収縮します。大質量のせいで、圧力の高まりが収縮を止められず、陽子と電子が中性子に圧搾させます。
  • 超新星 - 恒星の核心が中性子星にあり、外層が爆発します。爆発した部分が発生されるニュートリノにぶつかり、鉄より重い元素が発生します。宇宙の重い元素の原子核は超新星の爆発により発生されます。超新星の爆発の明るさは短期間で銀河と同じです。数週間で光が消えていきます。この短期間で放射されるエネルギーが我々の太陽の寿命中のエネルギーを超えます。
  • 中性子星 - 直径は一般的に10・20kmであり、質量が太陽の一・二倍です。密度が異常に高い: 1cm³の物質の重さがおよそ10億トンです。
  • ブラックホール - 崩壊する恒星の質量がかなり大きい場合は、収縮が中性子星の状態で止まらず、ブラックホールが形成されます。ブラックホールの重力が大き過ぎて、光でさえも脱出不可能な天体はブラックホールと呼ばれています。ブラックホールの限界に事象の地平線があり、そこからどのようなものでも脱出できません。

一般的な恒星の成長

  • 星雲 - 星雲が収縮する時、恒星の形成が始まります。
  • 一般的な恒星 - このグループには我々の太陽が含まれています。この種類は宇宙の最も一般的なタイプです。恒星の中心に行う核融合によって、エネルギーが放出しながら水素がヘリウムに変えられます。寿命が比較的に長くて、我々の太陽がおよそ50億年前に形成したが、水素核融合がおよそ100億年間続いています。水素が少なくなると、星が赤色巨星になります。
  • 赤色巨星 - 核融合の燃料が少なくなる時、核融合が遅くなります。重力を対抗する放射圧も減り、重力が強くなります。恒星が縮み始まります。密度が上がるので、ヘリウム原子が炭素になります。温度が上がり、恒星の外層が膨らんで、赤色巨星が形成します。
  • 惑星状星雲 - 核融合の燃料が少なくなりつつ、恒星の中心がもっと縮みます。外層が散乱して、惑星状星雲が形成されます。
  • 白色矮星 - 赤色巨星の収縮した核心です。重力収縮が高まる圧力で止められます。(重質が太陽より重い場合は、恒星は中性子星かブラックホールになります。)白色矮星の密度が高いです。重質は太陽と同じですが、大きさは地球に近いです。中には核心融合がないが、恒星は残りのエネルギーを放射して、星が冷却しながら暗くなります。

大質量星の成長

  • 星雲 - 星雲が収縮する時、恒星の形成が始まります。
  • 大質量星 - もし、星の大きさは太陽よりずっと大きな場合は、中性子星あるいはブラックホールになる可能性もあります。大質量星には一般の星より核融合の燃料が速くなくなります。
  • 赤色超巨星 - 大質量星には水素が少なくなると、核融合が遅くなります。放射圧が減少すると、核心が収縮し始まります。縮む核心においてヘリウムの原子核の融合が始まり、恒星の外層が膨らんで赤色超巨星が発生します。宇宙の最も大きな恒星の一つであるおおいぬ座VY星の直径が太陽の1400倍です。赤色超巨星の中に、核融合により重い元素が発生します。ただし、鉄より重い元素が発生できないので、ある程度時間が経つと、エネルギー発生が止まります。恒星の核心はまた収縮します。大質量のせいで、圧力の高まりが収縮を止められず、陽子と電子が中性子に圧搾させます。
  • 超新星 - 恒星の核心が中性子星にあり、外層が爆発します。爆発した部分が発生されるニュートリノにぶつかり、鉄より重い元素が発生します。宇宙の重い元素の原子核は超新星の爆発により発生されます。超新星の爆発の明るさは短期間で銀河と同じです。数週間で光が消えていきます。この短期間で放射されるエネルギーが我々の太陽の寿命中のエネルギーを超えます。
  • 中性子星 - 直径は一般的に10・20kmであり、質量が太陽の一・二倍です。密度が異常に高い: 1cm³の物質の重さがおよそ10億トンです。
  • ブラックホール - 崩壊する恒星の質量がかなり大きい場合は、収縮が中性子星の状態で止まらず、ブラックホールが形成されます。ブラックホールの重力が大き過ぎて、光でさえも脱出不可能な天体はブラックホールと呼ばれています。ブラックホールの限界に事象の地平線があり、そこからどのようなものでも脱出できません。

関連のエクストラ

天の川銀河

我々の銀河系の直径は約10万光年であり、中には千億以上の星が含まれていますが、その中の一つは我々の太陽です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

太陽

太陽の直径は地球の約109倍です。主な質量は水素です。

連鎖反応

原子核分裂の際、放出されるエネルギーは様々な平和的、軍事的目的に使われています。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

地球に近い恒星

アニメーションは比較的に近い惑星、恒星、銀河を紹介します。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

核融合炉

核融合は環境に優しくて、無限なエネルギー源として利用されています。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

重力波 (LIGO)

質量が大きい物体は加速していると、時空にさざ波が発生します。これらの波は重力波と言います。

天体力学の発展

このアニメーションは我々の世界に関する新たな考えを与えた天文学者と物理学者の研究を紹介します。

Added to your cart.