ライトフライヤー号 (1903年)

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

技術

キーワード

飛行機, ライトフライヤー, 航空機, 航空, ライト, 複葉機, エレベーター, ラダー, プロペラ, ヒップ・クレードル, 発明者, 発明, 技術

関連のエクストラ

質問

  • 以下の中で、どれが本当ですか。
  • 以下の中で、どれが本当ですか。
  • 1905年でライトフライヤーで何が起きましたか。
  • フライヤーモデルは何機建造されましたか。
  • フライヤー1号の初飛行は何人に観察されましたか。
  • フライヤー1号はいつ建造されましたか。
  • ライト兄弟は何人でしたか。
  • ウィルバー・ライトの1907年で行ったイタリアの飛行はどうして特別ですか。
  • フライヤー1号のあだ名は何を由来しますか。
  • ライトフライヤーのあだ名は何でしたか。
  • ライト兄弟は実験のために何を作りましたか。
  • ライト兄弟はどこ出身でしたか。
  • ライト兄弟は何で一番でしたか。
  • フライヤー1号はエンジンがなかったというのは本当ですか。
  • フライヤー3号の速度は音速に達したというのは本当ですか。
  • ライト兄弟は翼の形に合わせて適切な風洞を設計したというのは本当ですか。
  • フライヤー1号の翼の形は非対称だったというのは本当ですか。
  • フライヤー1号は空気より重かったというのは本当ですか。
  • 静止している飛行機と速く動く飛行機に効く力の合力は同等であるというのは本当ですか。
  • 向上する飛行機に効く力の合力は下の方へ向くというのは本当ですか。
  • 空気より軽いものしか飛行できないというのは本当ですか。
  • 最も長い飛行で、ライトフライヤーの平均速度はどのくらいでしたか。
  • 以下の中で、どれが本当ですか。

シーン

ライトフライヤー号

飛行の革命家

アメリカのオハイオ州で育ったライト兄弟(ウィルバーとオーヴィル)は最初自転車に関する会社を創設しました。
1899年で、グライダーを使って航空実験をしました。飛行の技術を改良しながら、主に向上、推進と操縦性に興味を持っていました。翼の形に関して実験をした時、風洞も設計されました。
1900年で、ノースカロライナ州のキティホークで実験が続行されました。1903年で、後でキティホークにちなんで名前が付けられたフライヤー1号が建造されました。
1903年12月17日初飛行は飛行の歴史において画期的な出来事でした:初めて飛行に成功し、機関で推進され、空気より重い航空機でした。飛行が五人に観察されました:四人の救命士と一人の現地の子供。このように、初めての公での飛行としてみなされています。
次の年で、航空機がライト兄弟に徐々に改良されました(1904年:フライヤー2号;1905年:フライヤー3号)。1905年で、フライヤーを使ってループに成功しました。最も長い飛行中39kmを飛ぶには39分ほどかかりました。

ウィルバー・ライトとオーヴィル・ライト

クローズアップ・ビュー

初飛行

1903年12月17日に行った初飛行中、オーヴィル・ライトが37mを12秒で飛行しました。この初飛行が写真撮られました。その日の四番目の飛行が実にコントロールされ、ウィルバーが279mを59秒で飛んでいました。
ライト兄弟の飛行が五人に観察されたので、これは初めての公での飛行だったと思われています。観察者は四人の救命士と一人の現地の子供でした。

ライト兄弟の初飛行が写っている写真

鳥瞰図

構造

  • エンジン
  • 昇降舵
  • 方向舵
  • プロペラ
  • 水タンク
  • 昇降操作装置
  • 燃料タンク
  • 自転車ハブ
  • ヒップ・クレードル

フライヤー1号の構造

ライトフライヤー1号は木材から構成された複葉機でした。翼幅は12メートルであり、重量は340kgでした。建造の費用がおよそ2000ドルでした。
エンジンは横になっているパイロットの右側に、下の翼の上にありました。エンジンは自転車用チェーンで両方の水平な軸に繋げられていました。軸の先に固定されたプロペラ(ローター)の回転によって飛行機が推進されました。プロペラの効率は80%でした。
ライトフライヤー1号は操縦性の面でも前のフライヤーより技術的に改良されました。昇降舵と方向舵を使って、フライヤーの操縦性が高められました。パイロットが昇降舵と方向舵とつながっていたレバーと自分自身の体を動かしてフライヤーを操縦しました。レバーがパイロットの左前に位置し、パイロットの腰はクレードルに支えられました。
実験が行った場所は砂浜だったので、フライヤー1号のために滑走路が作られました。フライヤーはこの滑走路を使って加速し向上しました。初めての飛行は12秒かかりました。オーヴィルがこの間37メートルを飛んでいました。
当時使われていたガスエンジンとその前に流行していた蒸気機関も適切ではないと思っていたので、ライト兄弟は助手チャーリー・テイラーと一緒にフライヤーに別のエンジンを設計しました。
テイラーのデイトンにある作業場で作られたエンジンは比較的に軽くて、フライヤ―を駆動できるほど強かったです。出力がおよそ12馬力であり、重量は77kgでした。下の翼の中央部に設置されました。エンジンとプロペラの軸を繋げたチェーンは元々自転車用チェーンでした。
エンジンの作動に必要な燃料はフレームワークに付着されたタンクに保管されました。

当時のライトフライヤー...

...そして現在

アニメーション

ナレーション

アメリカのオハイオ州で育っていたライト兄弟ウィルバーオーヴィルは1899年からフライヤーで実験をしました。
主に向上推進操縦に興味を持っていました。翼の形に関する実験のため、風洞も設計されました。1900年からノースカロライナ州に位置するキティホークで実験を続きました。1903年で、後でキティホークにちなんで名前が付けられたフライヤー1号が建造されました。
1903年12月17日初飛行は飛行の歴史において画期的な出来事でした:初めて飛行に成功し、機関で推進され、空気より重い航空機でした。最初はオーヴィル・ライトが37mを12秒で飛行しました。飛行がウィルバーを除いて四人の救命士と一人の現地の子供を合わせて五人に観察されました。

ライトフライヤー1号は木材から構成された複葉機でした。長さは6.4メートルで、翼幅は12メートルでした。最大離陸重量はおよそ340kgでした。プロペラ四シリンダーで、水で冷却されたエンジンで駆動されました。フライヤーは操縦しやすいため昇降舵方向舵装備されました。パイロットはレバーと自分の体を動かしてフライヤーを操縦しました。
その次の二年間を渡って、ライト兄弟はフライヤーをさらに改良しました(1904年:フライヤー2号;1905年:フライヤー3号)。1905年で、フライヤーをループをするように操縦できました。最も長い飛行中、39kmを飛ぶには39分かかりました。

関連のエクストラ

モーターの飛行機 (アドルヤーン・ヤーノシュ)

「Libelle」(トンボ)という飛行機はハンガリーの航空史の画期的な飛行機でした。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

空港

空港では飛行に必要なサービスと基本的な設備を提供されます。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

熱気球

熱気球とは、温めた空気の浮力によって飛行する気球の一種です。

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

フォッカー・ドライデッカーI (1917年)

ドイツの三葉機は第一次世界大戦の一番有名な航空機でした。

Chengdu J-20 威龍(中国, 2017年)

威龍とも呼ばれるChengdu J-20は第5世代ジェット戦闘機に分類される戦闘機です。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

ツェペリン、LZ 17 ザクセン (1913年)

ツェペリンはラーメンがある飛行船の一種です。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

ユンカース G 24 フロート水上機

フロート水上機は水上にも到着したり、走ったり、水上から飛び上がったりすることができる航空機です。

ユンカース JU-52 (1932年)

第二次世界大戦に前に、最も人気なヨーロッパ製の輸送航空機でした。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

B-17 空飛ぶ要塞 (米国、1938年)

ボーイング社は「空飛ぶ要塞」を米軍のために開発しました。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

MIG-31 (ソビエト連邦、1982年)

ソビエト連邦に開発された双発迎撃機の運用開始は1982年に行われました。

U-2 ドラゴンレディ (米国、1957年)

この効果的な偵察機が冷戦の間、米中央情報局に使われていました。

Added to your cart.