スチーブンソンのロケット号(1829年)

スチーブンソンのロケット号(1829年)

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンの機関車は1829年に機関車コンテストのために作られました。

技術

キーワード

蒸気機関車, ロケット, 電車, 機関車, 鉄道, 蒸気機関, スティーブンソン, 蒸気導出, 機械類, ボイラー, レール, 運送, 鉄道輸送の歴史, 技術, 歴史

関連のエクストラ

シーン

蒸気機関車

蒸気機関車の父、ジョージ・スチーブンソン

蒸気機関車鉄道で走っていた初めての蒸気機関によって動く機関車でした。この発明品によって公共輸送と貨物輸送において革命がおきました。初めての動く蒸気機関車はリチャード・トレビシックに発明されましたが、スチーブンソンの機関車は前の発明品に比べて飛躍的な発明でした。
イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンと息子、ロバートは蒸気機関車に関するすべての実験結果を集めて、独自の発想と技術的斬新さを加えて以前のモデルを改良していきました。
ロコモーション1号と呼ばれた蒸気機関車の燃料は炭素と小麦でした。1825年に、38車に600人の客を乗せた機関車ストックトンとダーリントンの間の14kmを走っていました。世界初の公共旅客輸送のための鉄道に走っていた機関車の重量は70トンであり、平均速度が24km/hでした。
スチーブンソンの最も有名な蒸気機関車ロケット号と呼ばれていました。この機関車は速度と信頼性のおかげで、1829年10月に行われたリバプール・アンド・マンチェスター鉄道のコンテストに優勝しました。この蒸気機関車の平均速度は21km/hであり、最大速度は34.4km/hでした。
1830年に開かれた鉄道にはロケット号が初めて走っていた機関車になり、世界初の旅客列車と認められました。

ジョージ・スチーブンソン

コンテストで優勝したロケット号

特徴

ロケット号の構造と特徴

スチーブンソンの発明品で機関車の製造改良された:彼が考えた技術はロケット号の後で製造された蒸気機関車にも利用されました。
ロケット号の機構は他の機関車のモデルにもなりました。機関車の構造が三つの大きな部分からできた:ボイラー機関駆動装置。ボイラーを加熱するために必要な燃料炭水車で、もしくは機関車に直接繋げた箱に保管されました。
ロケット号はニューカッスル・アポン・タインで、ロバート・スチーブンソン・アンド・カンパニーによって製造されました。軌間は143.5cmでした。長さが7.3mであり、幅は4.9mでした。重量が4.3トンの機関車の最大速度は47km/hでした。

当時のロケット号...

...と現在

機構

蒸気機関車の機関

機関のシリンダー形の部分であるピストンの機能はシリンダーの体積を変えることによって流れ込むガスや液体の圧力を利用し、機関車が進行することになります。
ロケット号のシリンダー火室の両方に位置しました。シリンダーの中に動いたピストンシリンダー内の空間を二つに分けました。ピストンは流れ込む蒸気の圧力によって動きました。ピストンは連接棒によってピストン棒の頭部に繋げられ上下の運動が安定されました。ピストン棒の頭部の他の方から出たクランク軸車輪が動かせました
スチーブンソンの蒸気機関車にはピストンシリンダー内の連接棒が短かったので、車輪にかかる駆動力が前の機関車より大きくなりました。このように、ロケット号の速度は前に製造された蒸気機関車の速度より速かったです。

ボイラー

進化のために利用された蒸気

蒸気機関車の最も重要な部分の一つであるボイラー複数の部分からできました。燃料を燃やすことによって発生する熱エネルギーボイラー内の水が加熱され、蒸気は発生しました。
この過程によって発する排気ガスをボイラーから出すためにスチブンソンが煙管を開発しました。このように、排気ガスはシリンダーから煙突に流されて、煙突から空気へ排気されました。送風管の使用で、蒸気生成がより効率的になりました
当時の蒸気機関車の中で、優勝したのは加熱面積が最も大きいものでした。加熱面積が大きければ大きいほど、伝熱が速くなります。ロケット号にも使われていた多管ボイラーヘンリー・ブースに開発されました。

運転席からのビュー

構造

ロケット号の構造と特徴

スチーブンソンの発明品で機関車の製造改良された:彼が考えた技術はロケット号の後で製造された蒸気機関車にも利用されました。
ロケット号の機構は他の機関車のモデルにもなりました。機関車の構造が三つの大きな部分からできた:ボイラー機関駆動装置。ボイラーを加熱するために必要な燃料炭水車で、もしくは機関車に直接繋げた箱に保管されました。
ロケット号はニューカッスル・アポン・タインで、ロバート・スチーブンソン・アンド・カンパニーによって製造されました。軌間は143.5cmでした。長さが7.3mであり、幅は4.9mでした。重量が4.3トンの機関車の最大速度は47km/hでした。

当時のロケット号...

...と現在

ナレーション

19世紀初頭交通を含むすべての生活面において蒸気機関が世に出ました。蒸気機関車は鉄道で走っていた初めての蒸気機関によって動く機関車でした。この発明品が間もなく人気になり、公共輸送と貨物輸送で革命がおきました。

イギリスのエンジニア、ジョージ・スチーブンソンと息子ロバートは蒸気機関車に関するすべての実験結果を集めて、独自の発想と技術的斬新さを加えて以前のモデルを改良していきました。
彼らは排気ガスをボイラーから外へ送るための煙管とより効率的に蒸気作るための排気管を開発しました。ピストンシリンダーにある連接棒を以前より短くすることで、彼らはなんとかより大きい駆動力を車輪に伝えることができました。彼らの発明は機関車生産に大革命を起こしました: 彼らの原理と技術的な解決法はその後の大部分の機関車に使われていました。

彼らの最も有名な機関車ロケット号と呼ばれています。長さは7m、高さは約5m、重さは4.3トンでした。
速度と信頼性のおかげで、1829年に蒸気機関における重要なコンテストであるレインヒル・トライアルで優勝しました。炭水車に積んである石炭と小麦を燃やすと、最大速度は47km/hになりました。
1830年に鉄道線路が完成して、ロケット号の機関車は世界で初めて旅客列車を運ぶことに成功しました。

関連のエクストラ

ヘリコプター実験 (アシュボート・オスカール、1928年)

1928年に、アシュボート・オスカールに発明された最初のヘリコプターが飛行しました。

フォード・モデルT

アメリカの自動車会社の人気のモデルは世界で最初の大量生産車でした。

ビレーム (古代の軍艦)

ビレームは古代軍艦の一種であり、複数の軍隊に使われていました。鋭い艦首と二段の漕ぎ手座が特徴的...

TGV POS

パリとドイツ南部の間を走っている電車であり、最大速度が320km/hです。

湖水汽船 (1846年)

ハンガリーの初めての湖水汽船が1846年から使用されていました。

電気自動車

テスラ・モデルSは初めての市販されていて、日常的な使用に適した電気自動車です。

MÁV M61 ディーゼル機関車 (1963年)

ハンガリー国有鉄道のM61クラス機関車はNOHABとも呼ばれていました。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

Added to your cart.