海洋の層

海洋の層

海の物理的特徴、動植物は海の深さとともに変化します。

地理

キーワード

海, 水圏, 光吸収, 消費者, プロデューサー, 分解器, プランクトン, 藻類, 外海, 沿岸の, 深海, 動植物, 塩分濃度, 海洋, 海水, 水, 自然, 地理

関連のエクストラ

シーン

海洋の層

海の動植物

海水の物理的性質

光の吸収

海水の表面には光の全体スペクトルが当たります。は光を吸収しますが、波長によって異なる範囲と異なる割合で吸収が行われます。目に見えない赤外線は深度3mで吸収され、紫外線が深度30mまで浸透します。

可視光波長(380-760ナノメートル)によって異なると関係しています。海水は5-15mの深度でい光を吸収します。オレンジ色25-30mの深さで、黄色い光が50mの深度で吸収されます。の光があまり吸収されないので、100mの深度まで達します。い光は吸収しずらいので、200-300mの深度まで浸透し、場合によって1000mの深度までに浸透することもあります。その理由で、海が青く見えます。

は沿岸水域と外海で生息している生物にも不可欠です。植物は光合成のために光が必要です。深度と共に光の量が減り、光合成を行う植物と動物も次第に少なくなります。

温度

温度とその変動は大陸より海洋の方で平衡状態になっています。地表水の季節的な温度変化温帯地帯で観察できます;熱帯極地帯での海洋の温度は比較的に安定しています。

海洋には他の層より温度の減少である層が一つあります。その層は温度躍層と呼ばれています。

熱帯の海には温度躍層が安定し、100-500mの深度に位置しています。温帯地帯の海では、温度躍層は季節的に変化します。極地帯の海では激しい温度変化が珍しいです。

温度躍層の下での水の温度が比較的に安定し、約2-4 °Cです。

海洋生物分布は温度にも影響されています。温度変化にあまり耐えられない生物が熱帯極地帯深海帯の海に生息しています。逆に、温帯地帯沿岸水域の海に生息している生物種が温度変化耐えられます

水圧

静水圧は液体の重量をもとにしています。水圧は液体内である深度において各方向、同じであり、液体の濃度流体柱の高さによります。海でより深い場所へ進むと、水圧が次第に上昇します。10メートルごと水圧が1バール(100 kPa)増えます。

一定温度では気体の体積はそれにかかっている圧力と反比例になっています。例えば、海にボールを沈めると、沈む時、体積が縮むとともに圧力が上がります。

海洋に生息している生物は水圧の面でも理想的な場所を探しています。水圧の差のため、これらの生物の多くが環境の変化に適応しています。例えば、アシカ、イルカとクジラなど海生哺乳類が空気で呼吸します。

塩分濃度

海洋の平均的な塩分濃度3.5%であり、1リットルの海水には35gの無機塩、主に塩化ナトリウムが含まれています。

海の塩分濃度が比較的に安定しています。深海帯の塩分濃度が最も均一であり、塩分濃度が3.45-3.5%です。

表面塩分濃度も比較的に安定し、3.4–3.5%です。塩分濃度が最も均一の大洋は太平洋です。大西洋は大陸に囲まれ、塩分濃度が亜熱帯で最も高いです。

気候以外は、季節的な変化、淡水供給地理的な配置が海洋の塩分濃度に影響を及ぼしています。

淡水の供給と降水が少ないので、暖海の塩分濃度がより高いです。多くの大陸に囲まれた地中海の塩分濃度は高いです。

海洋の塩分濃度が深度と共に変化しています:温度と同じように塩分濃度によっても複数の層に分類されています。温度と塩分濃度の差により海流が発生します。

海水の塩分濃度は海に生息している生物にとって非常に重要です。濃度の急な変化が海洋個体群の激減に至る可能性もあります。

ナレーション

地球表面の71%世界の海洋に覆われ、世界の最も大きな生息地です。海洋生息環境は複数水層に分類されているので、海での環境条件は地帯によって垂直に、そして水平にも変化します。

海洋生息環境は三つの主な水域に分類されています:沿岸水域外海深海

沿岸水域大陸棚の上に位置し、200m以上深くない水域です。植物相と動物相が最も豊かで、多くの生物種がここに生息しています。流れ込む河川により栄養死んだ生物もここに運搬されるので、沿岸水域は富栄養です。光があるので、光合成がこの水域で可能です。

外海は海岸から離れて、大洋の水面からの200mの深度までの層です。この層にも光が届いているので、光合成が可能です。しかし、死んだ生物が大洋の底に沈むので、ここで含まれる栄養が少ないです。外海で生息している生物が少ないです。沿岸水域と上昇流の近くに、栄養がより多く、生命の基本としてのプランクトンが生息します。プランクトンは水に浮かぶ有機体の群れであり、海流に逆らって移動できません。プランクトンが大量に生息している場所では、水がに見えます。

深海深度200m以下の外海の層です。この層はあまり発見されていません。光は深海の1000m以下まで浸透しないので、その深度以下には完全に真っ暗です。それ故に、この層ではマリンスノーと呼ばれる上の層から沈んでくる有機物を餌とする動物細菌が生息しています。

海洋での生命が環境要因に影響されています。水はを吸収しますが、波長によって異なる深度で吸収が行われています。い光は海水に吸収されないので、最も深く浸透します。この理由で海が青く見えます。

光は沿岸水域と外海に生息している植物相に不可欠です。植物は光合成を行うのために光が必要です。深度と共に光の量が減り、光合成を行う植物と動物も次第に少なくなり、動物相にも影響を及ぼします。

温度とその変動は大陸より海洋の方が平衡状態になっています。深く進めば進むほど、温度が下がります。およそ2000mの深度では、温度が安定して2-4°Cになります。

海洋生物の分布は温度にも影響されています。温度変化にあまり耐えられない生物が熱帯極地帯深海帯の海に生息しています。逆に、温帯地帯沿岸水域の海で生息している生物種が激しい温度変化に耐えられます。

海で下の方へ進むと、水圧が次第に高くなります。一定温度では気体の体積はそれにかかっている圧力と反比例になっています。例えば、海にボールを沈めると、沈む時、体積が縮むとともに圧力が上がります。

海洋で生息している生物は水圧の面でも理想的な場所を探しています。水圧の差のため、これらの生物の多くが環境の変化に適応しています。例えば、アシカ、イルカとクジラなど海生哺乳類が空気で呼吸します。

海洋の平均的な塩分濃度3.5%であり、1リットルの海水には35gの無機塩、主に塩化ナトリウムが含まれています。

塩分濃度が最も均一の大洋は太平洋です。大西洋は大陸に囲まれ、塩分濃度が亜熱帯で最も高いです。気候以外は、季節的な変化、淡水供給地理的な配置が海洋の塩分濃度に影響を及ぼしています。淡水の供給と降水が少ないので、暖海の塩分濃度がより高いです。多くの大陸に囲まれた地中海の塩分濃度が高いです。

海水の塩分濃度は海に生息している生物にとって非常に重要です。濃度の急な変化が海洋個体群の激減に至る可能性もあります。

関連のエクストラ

外因性の力

地球の表面は、外部と内部の両方の力によって存在状態に形成されています。外力は、外部からの表面を...

地震

地震は地球の最も破壊力がある自然現象の一つです。

オアシス

砂漠の致命的な抱擁の中で、人生は大きな泉のために繁栄することができます。ここで植物は繁栄し、動...

炭素循環

光合成の間に、炭素は有機物質に合成され、呼吸の時大気に放出されます。

どのように海は地球の表面を形作るのですか?

海水は、外力として海岸線の形成で重要な役割を果たしています。

地方風

地方風の主な種類は:海陸風、山谷風、滑降風です。

永久凍土

永久凍結された領域の境界は、地球温暖化のために後退しています。

火山活動

このアニメーションは火山噴火の様々なタイプを紹介します。

Added to your cart.