ゾイデル海開発とデルタ計画(オランダ)

ゾイデル海開発とデルタ計画(オランダ)

オランダの数百年渡って海と戦っています。

地理

キーワード

ダムのシステム, オランダ, ダム, 海, 洪水, ストームサージ, 標高, ザイデルジー, 分極, フレヴォラント, Rajna, マース, シェリング, 水門, ロックシステム, 低地, 最高潮, 潮汐, 海岸, 北海, 海水, 水揚げ装置, オランダ語, ダイク, 農業, 河口, 運送, ロッテルダム, アムステルダム, 自然地理学, 地理

関連のエクストラ

シーン

オランダ

  • アムステルダム
  • アッセン
  • レリスタット
  • レーワルデン
  • アーネム
  • フローニンゲン
  • マーストリヒト
  • スヘルトーヘンボス
  • ハールレム
  • ズヴォレ
  • ハーグ
  • ユトレヒト
  • ミデルブルフ
  • ロッテルダム

オランダの領域の半分ほど海抜1メートル以下にあります。
海岸まで到達する高潮氾濫する川が国の面積の三分の二を脅かします。オランダ人が数百年渡って戦っています。

ゾイデル海開発

  • アムステルディプディク - ウィーリンヘン島と大陸を結んでいます。ゾイデル海開発の第一段階でした。長さが2.5kmの堤防は1924年に完成されました。その上には道路があります。
  • 締め切り大堤防 - 現在アイセル湖と呼ばれているゾイデル海はこの堤防で閉められています。長さが32kmの堤防は1932年に完成されました。その上には道路があります。
  • アンディクポルデル - ゾイデル海から遮断された場所であり、人工的に干拓されました。1927年に完成され、将来のポルデルのプロトタイプでした。面積が40ヘクタールです。現在はリゾート地です。
  • バイリンガーメールポルデル - 最初の大きなポルデルです。面積が2万ヘクタールであり、1930年に完成されました。大陸の一部となりました。
  • 北東ポルダー - 二番目に作られた大きなポルデルです。面積が48000ヘクタールであり、大陸の一体となっている部分です。ユルクの島はポルデルの一部となりました。
  • 東フレーヴォポルデル - 面積が54000ヘクタールであり、1957年に完成されました。東フレーヴォポルデルと南フレーヴォポルデルから人工的な島が形成され、北東ポルダーとともにフレヴォラント州を形成します。
  • 南フレーヴォポルデル - 面積が43000ヘクタールであり、1968年に完成されました。南フレーヴォポルデルと東フレーヴォポルデルから人工的な島が形成され、北東ポルダーとともにフレヴォラント州を形成します。
  • ホートリブディク - 元々、マルケル湖のポルデルを閉鎖するために設計されましたが、そのポルデルが建設されませんでした。長さが27mの堤防が1975年に完成されました。
  • アイセル湖
  • 1924年
  • 1932年
  • 1942年
  • 1957年
  • 1968年
  • 1975年

ゾイデル海13世紀に、大陸の大分が海に覆われることとなった高潮の影響によって形成されました。

海に氾濫された地域の取戻し高潮に対する保護がすでに中世時代に始まりました。

最後の二つの大きな計画が20世紀に行われました。最初のはゾイデル海ポルデルを作ったゾイデル海開発でした。初めに、ゾイデル海と海の間に長さが32kmの堤防を建設し、17万ヘクタールの面積を複数に段階で干拓されました。

干拓させる地域堤防で囲み、人工的に埋め込まれました。このようにできた土壌肥沃になります。複数のポルデルが農業目的に使われ、他のはリゾート地、あるいは住宅地になりました。

土地をより効率的に使うため、ポルデルの上に人工的に計画された住宅のネットワークが作られます。オランダの最も新しい州であるフレヴォラント州は東フレーヴォポルデルと南フレーヴォポルデル、そして東北ポルデルに上に作られました。

デルタ計画

  • ホランセ・アイセル川 - ロッテルダムの近くにある高潮堤です。デルタ計画の最初の防壁が1958年に完成されました。高さが45mの塔の間に幅が80mの門があります。氾濫の可能性があるとき、門が閉められます。
  • ザンドクリークダム - デルタ企画の二番目のダムがフェールセ湖の東の部分に位置しています。1960年に開設されました。建設のため、既製コンクリートブロックが使われました。船が水門を通じてフェールセ湖に入ることができます。
  • フェールセガートダム - デルタ計画の三番目のダムが1961年に開設されました。この閉められた堰堤がフェールセ湖と北海の間にあります。既製コンクリートブロックを並ばされ、隙間が閉じられました。他の部分が後で、コンクリートブロックの周りに建てました。上には道路があります。
  • ゼーランドブルグ
  • グラヴリーヌダム - 長さが6kmの堰堤は1958年から1965年まで建てました。石の運送のため、設計されたダムの上に空中ケーブルが作られました。海と湖が完全に分けられたまで石を蓄積しました。グレーヴェリンゲンダムとブラウウェルスダムの間で閉鎖された川の一部で湖が形成されました。
  • フォルケラークダム - 1969年に完成されました。三つの部分で構成されています。ヘレガツダムとハリングフリートブルグも含まれています。人工的な島から三つの方向へ三本の枝が続きます。
  • ハーリンフリートブルグ
  • ハーリンフリート水門 - 1971年に開設されました。長さが4.5kmのダムを建てるのは最も長い時間がかかりました。水の流れを調整するため、ダムの中には水門を17基作りました。
  • ブロウェルス水門 - 長さが6kmのダムが1962年と1971年の間に、マース川とライン川の三角州を保護するため建設されました。二つの先端にコンクリートブロックを置いて、架台がある空中ケーブルを使って石が運送されました。海が完全に閉鎖するまで石を重ねました。グレーヴェリンゲンダムとブラウウェルスダムの間で閉鎖された川の一部で湖が形成されました。
  • 東スヘルデ防潮水門 - 元々閉じているダムが設計されましたが、生物の保護のため水門が追加されました。長さが3kmであり、65本のコンクリート製柱とその間にある鋼鉄の水門からできています。
  • 東水門 - デルタ計画の最も長い建造物であり、長さが11kmです。1989年に開設されました。
  • フィリップスダム - 建設が10年以上続ていました。長さが7kmのダムが1987年に開設されました。船で通るとき、水門が使われています。
  • マエスラント可動堰 - ロッテルダムを保護するために建てた高潮堤です。1997年に開設されました。幅が240mの鋼鉄の門がエッフェル塔より少し小さいです。門が開閉可能です。
  • 1958年
  • 1960年
  • 1961年
  • 1965年
  • 1969年
  • 1971年
  • 1986年
  • 1989年
  • 1997年
  • ライン川
  • マース
  • 東スヘルデ
  • 西スヘルデ

デルタ計画が20世紀の後半に始まりました。目的は海から土地を取り戻すにではなく、破壊的な高潮に対する保護でした。

満潮の時、風も激しくなるので、潮汐水位が高くなります。海岸浸食され、より大きな湾が発生し、河口が広くなります。高潮の時、水が風により大陸の中の方に押されるので、海岸から離れている場所も氾濫する川で脅かされます。

ライン川ムーズ川スケルト川の河口が潮汐によって連続的に広げられています。これらの河口に堰堤があります。複数の堰堤が閉じられているので、川の支流がになり、塩分濃度が次第に増加しました。現在、これらは給水娯楽目的を果たしていました。内陸航行を手伝う水門があるダムも存在します。道路がこれらの人工的な堤防のうえに建設されました。

ダムは船で運送され、並ばされた既製コンクリートブロック、あるいは空中ケーブルに動く架台運搬され、水に蓄積されたから建設されました。ロッテルダムの港は二つの防壁で高潮から保護されました。

デルタ計画の最初のプロジェクトとして、下げられる鋼鉄の門があるホランセ・アイセル川にダムが建設されました。

二番目の計画マエスラント可動堰の建設でした。開閉できる二つの大きな門で構成されています。水位が上がらなかったら、数十年で一回のみの使用が必要です。

東スヘルデを閉めるには、最初は完全に閉じられたダムが計画されました。しかし、ダムの裏に生息している海洋生物を守るため、水門が追加されました。この水門が普通開いたままであり、氾濫の可能性があるときのみ閉じられます。海水の供給によって植物相と大きなカキ養殖場を含む動物相が生き残ることができました。

大きなダムと防壁

  • ホランセ・アイセル川 - ロッテルダムの近くにある高潮堤です。デルタ計画の最初の防壁が1958年に完成されました。高さが45mの塔の間に幅が80mの門があります。氾濫の可能性があるとき、門が閉められます。
  • 東スヘルデ防潮水門 - 元々閉じているダムが設計されましたが、生物の保護のため水門が追加されました。長さが3kmであり、65本のコンクリート製柱とその間にある鋼鉄の水門からできています。
  • マエスラント可動堰 - ロッテルダムを保護するために建てた高潮堤です。1997年に開設されました。幅が240mの鋼鉄の門がエッフェル塔より少し小さいです。門が開閉可能です。
  • ライン川
  • マース
  • 東スヘルデ
  • 西スヘルデ

ダムと防壁がなく

  • アムステルダム
  • アッセン
  • レリスタット
  • レーワルデン
  • アーネム
  • フローニンゲン
  • マーストリヒト
  • スヘルトーヘンボス
  • ハールレム
  • ズヴォレ
  • ハーグ
  • ユトレヒト
  • ミデルブルフ
  • ロッテルダム

デルタ計画が完成された後、の間の唯一の直接な道西スヘルデでした。これはアントウェルペンの港への重要な航路です。

ダム堤防高潮の防壁がなかったら、オランダのアムステルダムロッテルダムを含む領域の大分がすでに氾濫されています。

アニメーション

  • アムステルダム
  • アッセン
  • レリスタット
  • レーワルデン
  • アーネム
  • フローニンゲン
  • マーストリヒト
  • スヘルトーヘンボス
  • ハールレム
  • ズヴォレ
  • ハーグ
  • ユトレヒト
  • ミデルブルフ
  • ロッテルダム
  • アムステルディプディク - ウィーリンヘン島と大陸を結んでいます。ゾイデル海開発の第一段階でした。長さが2.5kmの堤防は1924年に完成されました。その上には道路があります。
  • 締め切り大堤防 - 現在アイセル湖と呼ばれているゾイデル海はこの堤防で閉められています。長さが32kmの堤防は1932年に完成されました。その上には道路があります。
  • アンディクポルデル - ゾイデル海から遮断された場所であり、人工的に干拓されました。1927年に完成され、将来のポルデルのプロトタイプでした。面積が40ヘクタールです。現在はリゾート地です。
  • バイリンガーメールポルデル - 最初の大きなポルデルです。面積が2万ヘクタールであり、1930年に完成されました。大陸の一部となりました。
  • 北東ポルダー - 二番目に作られた大きなポルデルです。面積が48000ヘクタールであり、大陸の一体となっている部分です。ユルクの島はポルデルの一部となりました。
  • 東フレーヴォポルデル - 面積が54000ヘクタールであり、1957年に完成されました。東フレーヴォポルデルと南フレーヴォポルデルから人工的な島が形成され、北東ポルダーとともにフレヴォラント州を形成します。
  • 南フレーヴォポルデル - 面積が43000ヘクタールであり、1968年に完成されました。南フレーヴォポルデルと東フレーヴォポルデルから人工的な島が形成され、北東ポルダーとともにフレヴォラント州を形成します。
  • ホートリブディク - 元々、マルケル湖のポルデルを閉鎖するために設計されましたが、そのポルデルが建設されませんでした。長さが27mの堤防が1975年に完成されました。
  • アイセル湖
  • 1924年
  • 1932年
  • 1942年
  • 1957年
  • 1968年
  • 1975年
  • ホランセ・アイセル川 - ロッテルダムの近くにある高潮堤です。デルタ計画の最初の防壁が1958年に完成されました。高さが45mの塔の間に幅が80mの門があります。氾濫の可能性があるとき、門が閉められます。
  • ザンドクリークダム - デルタ企画の二番目のダムがフェールセ湖の東の部分に位置しています。1960年に開設されました。建設のため、既製コンクリートブロックが使われました。船が水門を通じてフェールセ湖に入ることができます。
  • フェールセガートダム - デルタ計画の三番目のダムが1961年に開設されました。この閉められた堰堤がフェールセ湖と北海の間にあります。既製コンクリートブロックを並ばされ、隙間が閉じられました。他の部分が後で、コンクリートブロックの周りに建てました。上には道路があります。
  • ゼーランドブルグ
  • グラヴリーヌダム - 長さが6kmの堰堤は1958年から1965年まで建てました。石の運送のため、設計されたダムの上に空中ケーブルが作られました。海と湖が完全に分けられたまで石を蓄積しました。グレーヴェリンゲンダムとブラウウェルスダムの間で閉鎖された川の一部で湖が形成されました。
  • フォルケラークダム - 1969年に完成されました。三つの部分で構成されています。ヘレガツダムとハリングフリートブルグも含まれています。人工的な島から三つの方向へ三本の枝が続きます。
  • ハーリンフリートブルグ
  • ハーリンフリート水門 - 1971年に開設されました。長さが4.5kmのダムを建てるのは最も長い時間がかかりました。水の流れを調整するため、ダムの中には水門を17基作りました。
  • ブロウェルス水門 - 長さが6kmのダムが1962年と1971年の間に、マース川とライン川の三角州を保護するため建設されました。二つの先端にコンクリートブロックを置いて、架台がある空中ケーブルを使って石が運送されました。海が完全に閉鎖するまで石を重ねました。グレーヴェリンゲンダムとブラウウェルスダムの間で閉鎖された川の一部で湖が形成されました。
  • 東スヘルデ防潮水門 - 元々閉じているダムが設計されましたが、生物の保護のため水門が追加されました。長さが3kmであり、65本のコンクリート製柱とその間にある鋼鉄の水門からできています。
  • 東水門 - デルタ計画の最も長い建造物であり、長さが11kmです。1989年に開設されました。
  • フィリップスダム - 建設が10年以上続ていました。長さが7kmのダムが1987年に開設されました。船で通るとき、水門が使われています。
  • マエスラント可動堰 - ロッテルダムを保護するために建てた高潮堤です。1997年に開設されました。幅が240mの鋼鉄の門がエッフェル塔より少し小さいです。門が開閉可能です。
  • 1958年
  • 1960年
  • 1961年
  • 1965年
  • 1969年
  • 1971年
  • 1986年
  • 1989年
  • 1997年
  • 堤防
  • 囲まれた場所 - 外海の閉鎖された一部です。
  • - 海を閉鎖するために使われていました。ダムの建設に、既製コンクリートブロックが船で運送され、海に並ばされました。あるいは、架台がある空中ケーブルを使って石が運送されました。
  • 礫岩と砂
  • 干潮
  • 満潮
  • 高潮 - 満潮の時、風も激しくなるので、潮汐の水位が高くなります。海岸が浸食され、より大きな湾が発生し、河口が広くなります。高潮の時、水が風により大陸の中の方に押されるので、海岸から離れている場所も氾濫する川で脅かされます。
  • 保護された側
  • 北海
  • ライン川
  • マース
  • 東スヘルデ
  • 西スヘルデ

ナレーション

オランダの領域の半分ほど海抜1メートル以下にあります。
海岸まで到達する高潮氾濫する川が国の面積の三分の二を脅かします。オランダ人が数百年渡って海と戦っています。

ゾイデル海13世紀に、大陸の大分が海に覆われることとなった高潮の影響によって形成されました。

海に氾濫された地域取戻し高潮に対する保護がすでに中世時代に始まりました。

最後の二つの大きな計画20世紀に行われました。最初のはゾイデル海ポルデルを作ったゾイデル海開発でした。初めに、ゾイデル海と海の間に長さが32km堤防を建設し、17万ヘクタールの面積を複数に段階で干拓されました。

干拓させる地域堤防で囲み、人工的に埋め込まれました。このようにできた土壌肥沃になります。複数のポルデル農業目的に使われ、他のはリゾート地、あるいは住宅地になりました。土地をより効率的に使うため、ポルデルの上に人工的に計画された住宅のネットワークが作られます。オランダの最も新しい州であるフレヴォラント州は東フレーヴォポルデルと南フレーヴォポルデル、そして東北ポルデルに上に作られました。

デルタ計画20世紀の後半に始まりました。目的は海から土地を取り戻すにではなく、破壊的な高潮に対する保護でした。

満潮の時、風も激しくなるので、潮汐水位が高くなります。海岸浸食され、より大きな湾が発生し、河口が広くなります。高潮の時、水が風により大陸の中の方に押されるので、海岸から離れている場所も氾濫する川で脅かされます。

ライン川ムーズ川スケルト川の河口が潮汐によって連続的に広げられています。これらの河口に堰堤があります。複数の堰堤が閉じられているので、川の支流が湖になり、塩分濃度が次第に増加しました。現在、これらは給水娯楽目的を果たしていました。内陸航行を手伝う水門があるダムも存在します。道路がこれらの人工的な堤防のうえに建設されました。

ダムは船で運送され、並ばされた既製コンクリートブロック、あるいは空中ケーブルに動く架台で運搬され、水に蓄積されたから建設されました。ロッテルダムの港は二つの防壁で高潮から保護されました。

デルタ計画の最初のプロジェクトとして、下げられる鋼鉄の門があるホランセ・アイセル川にダムが建設されました。

二番目の計画マエスラント可動堰の建設でした。開閉できる二つの大きな門で構成されています。水位が上がらなかったら、数十年で一回のみの使用が必要です。

東スヘルデを閉めるには、最初は完全に閉じられたダムが計画されました。しかし、ダムの裏に生息している海洋生物を守るため、水門が追加されました。この水門が普通開いたままであり、氾濫の可能性があるときのみ閉じられます。海水の供給によって植物相と大きなカキ養殖場を含む動物相が生き残ることができました。

デルタ計画が完成された後、海と川の間の唯一の直接な道西スヘルデでした。これはアントウェルペンの港への重要な航路です。

ダム堤防高潮防壁がなかったら、オランダのアムステルダムロッテルダムを含む領域の大分がすでに氾濫されています。

関連のエクストラ

オランダの行政区画

このアニメーションはオランダの州と州都を紹介します。

オランダにおける土地の埋め立て、17世紀

オランダの北部の住民は中世から海と頑張って戦っています。

どのように海は地球の表面を形作るのですか?

海水は、外力として海岸線の形成で重要な役割を果たしています。

潮流

月の重力の影響で海面レベルが上がったり下がったりします。

河川と地形

川は地球の地表を形成する上で重要な役割を果たしています: 堆積や浸食を引き起こします。

潮力発電所

潮力発電所は一日中の水位の変更を利用して発電します。

コンテナ船

コンテナ船は地球全体にネットワークを形成しました。

シュレーダー邸 (ユトレヒト、1924年)

オランダのユトレヒト市内に位置するリートフェルトのシュレーダー邸は現在の住宅の先駆者とみなされています。

地学の用語

アニメーションは最も重要な地形、地表水とそれに関連する記号を紹介します。

閘門の構造

船行の安全のために閘門を使って、川の水準を変化させます。

洪水防御システム

洪水防御システムには築堤ダムと防水堤が含まれています。

Added to your cart.