光学機器

光学機器

顕微鏡から望遠鏡といった様々な種類の光学機器が現在使われています。

技術

キーワード

光学機器, 拡大鏡, 顕微鏡, 双眼鏡, 望遠鏡, ルーペ, 光学顕微鏡, ライフルスコープ, 接眼レンズ, カメラレンズ, 集光レンズ, プリズム, 拡大された画像, レンズ, 発明, 天文学, 物理, 技術

関連のエクストラ

シーン

光学機器

  • 虫眼鏡 - 低倍率の凸面レンズで最大倍率は30倍です。高倍率が必要な時は顕微鏡を使います。
  • 顕微鏡 - 2つの凸面レンズから成ります。第一のレンズによって拡大された画像は第二のレンズによってさらに拡大されます。
  • 天体望遠鏡 - ケプラー式望遠鏡は2つの凸面レンズから構成されています。画像を拡大するのではなく、おもに光度を増加するために使われます。倒立像を作ります。
  • 眼鏡照準具 - ケプラー式望遠鏡と同様の働きですが、第三のレンズが二つの凸面レンズの間にあり、画像を反転させます。これにより正立像を作ります。
  • 双眼鏡 - 二つの凸面レンズの間にプリズムシステムがあり、画像を反転させます。これにより正立像を作ります。

虫眼鏡

天体望遠鏡

  • 鏡筒 - 光学システムが入っています。
  • ビューファインダー - ファインダースコープはたいていメインの望遠鏡よりも弱い倍率です。夜空にある目的の天体の位置を見つけるのを助けてくれます。
  • 収束(凸面)レンズ (対物レンズ) - 凸面の対物レンズは入ってきた平行な光線を屈折します。そして平行光線は焦点で交わり、第二のレンズへ進みます。 望遠鏡は入ってきた光を集めるので光度が増します。このため星はより明るく、遠くに見えます。また、肉眼で見えない暗い星も観察できます。
  • 収束(凸面)レンズ (接眼レンズ) - このレンズの焦点は前方のレンズの焦点と一致しています。このため、接眼レンズに到着するときに光が平行になるように光を屈折します。このため、目を焦点距離の無限遠に合わせます。

双眼鏡

  • 微動ねじ
  • 収束(凸面)レンズ (対物レンズ) - 入ってきた平行な光線を屈折します。
  • 正立像 プリズムシステム - 2つのレンズは倒立像を作るので(ケプラー式望遠鏡と同様)、画像を正立させるためにプリズムシステムが必要です。 プリズムの一つは画像を平行に反転させ、他のプリズムは画像を垂直に反転させます。プリズムシステムはまた、光が筒を直線的に通過しないので双眼鏡をより短くします。
  • 収束(凸面)レンズ (接眼レンズ) - このレンズは、目に到着するときに光が平行になるように発散光を屈折します。このため、目を焦点距離の無限遠に合わせます。

顕微鏡

  • 接眼レンズ - 凸面の接眼レンズは対物レンズで拡大された画像をさらに拡大します。
  • 鏡筒
  • レボルバ - 異なる倍率の対物レンズがあります。レボルバを回して選択できます。
  • 対物レンズ - 資料は凸面レンズの焦点距離の外側に置かれます。これにより、拡大画像が生成されます。この画像は凸面の接眼レンズによってさらに拡大されます。
  • ステージ - 調べる資料を載せたスライドガラスを固定します。資料はとても薄く、光を対物レンズに透過させます。
  • スライドガラス - ガラスからできた薄いシートで、調べる資料を顕微鏡の下に固定します。資料は照らされて、異なる波長の光を吸収し、画像が形成されます。
  • 反射鏡 - 光を光学システムに反射させます。最新の顕微鏡は反射鏡ではなく、内蔵された光源を使います。
  • アーム
  • 収束(凸面)レンズ (接眼レンズ) - 凸面の接眼レンズは対物レンズで拡大された画像をさらに拡大します。
  • 収束(凸面)レンズ (対物レンズ) - 資料は凸面レンズの焦点距離の外側に置かれます。これにより、拡大画像が生成されます。この画像は凸面の接眼レンズによってさらに拡大されます。

眼鏡照準具

  • クリップ
  • 収束(凸面)レンズ (接眼レンズ) - このレンズは、目に到着するときに光が平行になるように発散光を屈折します。このため、目を焦点距離の無限遠に合わせます。
  • 正立像レンズ (収束レンズ) - 2つのレンズは倒立像を作るので(ケプラー式望遠鏡と同様)、画像を正立させるために第三のレンズが必要です。
  • 収束(凸面)レンズ (対物レンズ) - 入ってきた平行な光線を屈折します。
  • 接眼レンズの十字線

関連のエクストラ

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

デジタルカメラはどのように動作しますか。

このアニメーションはデジタルカメラの構造と動作を紹介します。

光の反射と屈折

光は二つの、屈折率が違う媒体の限界により反射か屈折されます。

ハッブル宇宙望遠鏡

ハッブル宇宙望遠鏡は地球の大気に影響されず、軌道に旋回します。

ケプラー探査機

ケプラー探査機は他の恒星の周りの軌道に乗っている地球のような惑星を探査します。

錯視

錯視とは、目に見えている情報が脳によって勘違いを起こすことです。

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

光学異性体

非対称の形や個体の鏡像異性体同士は重ねることができません。

灯台

灯台は沿岸水の航海法のために利用されます。

ケプラーの法則

惑星運動に関する3つの重要な法則はヨハネス・ケプラーによって公式化されました。

エイムズの部屋

「エイムズの部屋」は距離を錯覚を利用して、歪んだ形状の部屋です。

視覚のメカニズム

離れている物と近くにある物を見る時、目の水晶体の曲率が変化します。

天文台

天文台は大気乱流の影響を減らすために、高原や高い場所に建築されました。

透明度

アニメーションは透明度と不透明度を説明し、X線撮影法の原理と物質の光吸収の特徴を紹介します。

電子顕微鏡はどのように動作しますか。

アニメーションは電子顕微鏡の構造と動作を紹介します。

コンピューター断層撮影機器(CTスキャン)はどのように動作しますか。

このアニメーションはコンピューター断層撮影機器の構造と動作を紹介します。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

人工衛星の種類

地球の軌道上に周回する人工衛星は民間と軍事目的にも使われています。

Added to your cart.