光合成

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

生物

キーワード

光合成, 葉緑体, 太陽エネルギー, 酸素生産, 異化プロセス, 炭素固定, autotróf, 光合成色素, 葉, 光, 循環, 太陽光, 雰囲気ガス, 二酸化炭素, 水, 酸素, デキストロース, グルコース, 気孔, 植物, 生物, 生化学

関連のエクストラ

シーン

光合成の原理

  • CO₂ - 二酸化炭素は無機分子であり、植物は二酸化炭素から有機分子である糖を作る。 植物は無機物質から有機物質を作ることができる無機栄養生物です。従属栄養生物は(例えば:動物、真菌)これができません。
  • O₂ - 光合成の間に副産物として作られている。地球で、従属栄養生物に必要な酸素はこのようににできている。
  • - 光の粒子は光子という。植物は光子エネルギーを使って無機物である二酸化炭素から有機物である糖を作る。
  • C₆H₁₂O₆ - ブドウ糖 (グルコース)。植物は光のエネルギーを使って二酸化炭素からブドウ糖をつくっている。
  • H₂O - 水は土から植物に吸収されている。光合成の間に酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。

葉の構造

  • 通道組織: 木部 - 根から吸収した水分や無機塩を地上部の茎や葉に供給する。光合成の間に水が酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。
  • 通道組織: 師部 - 有機物を送っている。光合成で作られた糖は師部を通して植物のほかの器官に輸送されている。
  • 気孔 - 光合成において必要な二酸化炭素は気孔を通じて葉に入り、作られた酸素は気孔を通じて出る。余分の気体もこれを通じて出る。植物は乾燥を防ぐために気孔を閉じることも できる。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。上のほうは柱状で、下のほうはスポンジ状の構造です。
  • 表皮 - 細胞の一層です。気孔を閉じる細胞以外には葉緑体が入っていない。植物を保護し、外部環境との関係を調節する。

光合成

  • 通道組織: 木部 - 根から吸収した水分や無機塩を地上部の茎や葉に供給する。光合成の間に水が酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。
  • 通道組織: 師部 - 有機物を送っている。光合成で作られた糖は師部を通して植物のほかの器官に輸送されている。
  • 気孔 - 光合成において必要な二酸化炭素は気孔を通じて葉に入り、作られた酸素は気孔を通じて出る。余分の気体もこれを通じて出る。植物は乾燥を防ぐために気孔を閉じることも できる。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。
  • CO₂ - 二酸化炭素は無機分子であり、植物は二酸化炭素から有機分子である糖を作る。 植物は無機物質から有機物質を作ることができる無機栄養生物です。従属栄養生物は(例えば:動物、真菌)これができません。
  • O₂ - 光合成の間に副産物として作られている。地球で、従属栄養生物に必要な酸素はこのようににできている。
  • - 光の粒子は光子という。植物は光子エネルギーを使って無機物である二酸化炭素から有機物である糖を作る。
  • C₆H₁₂O₆ - ブドウ糖 (グルコース)。植物は光のエネルギーを使って二酸化炭素からブドウ糖をつくっている。
  • H₂O - 水は土から植物に吸収されている。光合成の間に酸素、陽子(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。

細胞

  • ゴルジ体 - タンパク質のプロセシングに重要な役割を果たしている。
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしている。
  • 小胞 - 細胞内の様々な物質は膜気泡に、いわゆる小胞に輸送される。小胞の種類の一つであるリソソームで物質の消化と不要物の分解が行われている。
  • 細胞質
  • 液胞 - 気泡みたいな小器官の中は細胞液で満たされている。細胞の浸透圧や膨圧を調節し、不要物の貯蔵と分解をしている。
  • 葉緑体 - ここで光合成が起きる:植物は太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖を作る。
  • 細胞壁 - 細胞壁はセルロースからできていて、細胞を保護し、細胞の形を保って、植物組織を硬くする役目をしている。
  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来てるクロマチンが入っている。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が入っていて、真核細胞と呼ばれている。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にある。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞骨格 - 細胞小器官の位置を保ち、その移動を手伝い、そして細胞壁がない動物細胞では細胞の形を保護している。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所:有機物の分子を分解して、ATPを作っている。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子である。

アニメーション

  • CO₂ - 二酸化炭素は無機分子であり、植物は二酸化炭素から有機分子である糖を作る。 植物は無機物質から有機物質を作ることができる無機栄養生物です。従属栄養生物は(例えば:動物、真菌)これができません。
  • O₂ - 光合成の間に副産物として作られている。地球で、従属栄養生物に必要な酸素はこのようににできている。
  • - 光の粒子は光子という。植物は光子エネルギーを使って無機物である二酸化炭素から有機物である糖を作る。
  • C₆H₁₂O₆ - ブドウ糖 (グルコース)。植物は光のエネルギーを使って二酸化炭素からブドウ糖をつくっている。
  • H₂O - 水は土から植物に吸収されている。光合成の間に酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。
  • 通道組織: 木部 - 根から吸収した水分や無機塩を地上部の茎や葉に供給する。光合成の間に水が酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。
  • 通道組織: 師部 - 有機物を送っている。光合成で作られた糖は師部を通して植物のほかの器官に輸送されている。
  • 気孔 - 光合成において必要な二酸化炭素は気孔を通じて葉に入り、作られた酸素は気孔を通じて出る。余分の気体もこれを通じて出る。植物は乾燥を防ぐために気孔を閉じることも できる。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。上のほうは柱状で、下のほうはスポンジ状の構造です。
  • 表皮 - 細胞の一層です。気孔を閉じる細胞以外には葉緑体が入っていない。植物を保護し、外部環境との関係を調節する。
  • 通道組織: 木部 - 根から吸収した水分や無機塩を地上部の茎や葉に供給する。光合成の間に水が酸素、プロトン(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。
  • 通道組織: 師部 - 有機物を送っている。光合成で作られた糖は師部を通して植物のほかの器官に輸送されている。
  • 気孔 - 光合成において必要な二酸化炭素は気孔を通じて葉に入り、作られた酸素は気孔を通じて出る。余分の気体もこれを通じて出る。植物は乾燥を防ぐために気孔を閉じることも できる。
  • 栄養体 - 栄養体の細胞には光合成をしている葉緑体がたくさん入っている。
  • CO₂ - 二酸化炭素は無機分子であり、植物は二酸化炭素から有機分子である糖を作る。 植物は無機物質から有機物質を作ることができる無機栄養生物です。従属栄養生物は(例えば:動物、真菌)これができません。
  • O₂ - 光合成の間に副産物として作られている。地球で、従属栄養生物に必要な酸素はこのようににできている。
  • - 光の粒子は光子という。植物は光子エネルギーを使って無機物である二酸化炭素から有機物である糖を作る。
  • C₆H₁₂O₆ - ブドウ糖 (グルコース)。植物は光のエネルギーを使って二酸化炭素からブドウ糖をつくっている。
  • H₂O - 水は土から植物に吸収されている。光合成の間に酸素、陽子(H⁺)と電子(e⁻)に分けられる。

ナレーション

光合成の原理について、植物は光のエネルギーを使用して無機物質である二酸化炭素から有機物質であるブドウ糖を作っている。この過程の間に酸素ができます。

光合成は植物の葉と茎のような緑の部分で起きています。植物が緑色になる理由は同化組織の細胞中に大量の葉緑体があるためです。これらの葉緑体で光合成が行われます。

光合成において必要な二酸化炭素は気孔を通じて葉に入り、水は維管束の木部で運搬されます。発生する糖は維管束の師部によって植物の他の部分に運搬され、酸素は気孔を通じて放出されます。酸素の一部は葉から放出されず、分解過程で利用されます。二酸化炭素は環境からのみではなく、分解過程においても発生します。

植物は独立栄養生物であり、二酸化炭素などの無機化合物から糖のような有機化合物を生成します。その後、糖を他の有機化合物に変換します。草食動物は植物を食べて有機化合物を得、肉食生物は他の動物を食事にして有機化合物を摂ります。この過程において、植物は食物連鎖の生産者に当たります。

関連のエクストラ

クロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑素であり、光合成において重要な役割を果たしています。

温室効果

人間活動のため温室効果が高められ、地球温暖化の原因となっています。

水 (H₂O)

水は水素と酸素から構成されている安定化合物であり、生命のために不可欠です。自然には液体状、固体状と気体状の物質としてもあります。

セイヨウトチノキ

アニメーションはセイヨウトチノキの季節による変化を紹介します。

酸素循環

生物に不可欠な酸素は地球上に常に循環しています。

春の球根植物

アニメーションはチューリップ、ラッパスイセン、スノードロップの構造を紹介します。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

アニメーションは典型的な花の構造を表示します。

二酸化炭素 (CO₂) (標準)

無色無臭で、空気より重い気体です。植物の光合成に必要な物質です。

アルファ‐D‐グルコース (C₆H₁₂O₆)

アルファ‐D‐グルコースはD体グルコースの立体異性体の一つです。

酸素 (O2) (標準)

無色無臭の気体で、地球上の生命に不可欠で、大気の構成成分です。

ADP, ATP

ATPは細胞のエネルギー源になる最も重要な物質です。

Added to your cart.