古代ローマの家

古代ローマの家

古代ローマの裕福な市民はレイアウトした複数の部屋がある大きな家を所有してました。

歴史

キーワード

住居, 建物, 建造物, 建築, ローマ, ポンペイ遺跡, ヘルクラネウム, Római Birodalom, 古代, ライフスタイル, ヴィラ, アトリウム, キッチン, 家具, Mozaik, ショップ, 街路, 歴史, 飾り

関連のエクストラ

質問

  • 裕福なローマ人の家は何階建てでしたか。
  • 古代ローマの大邸宅は何と呼ばれていましたか。
  • 古代ローマの住宅の家具は一般的に何からできましたか。
  • 古代ローマの住宅の部屋が何の周りに位置しましたか。
  • 裕福なローマ人の住宅には何が本当ではありませんか。
  • 古代ローマの家の窓にはガラスがなかったのは本当ですか。
  • 古代ローマの住宅の貯蔵室に何がありませんでしたか。
  • 古代ローマの人は服がどこに入れましたか。
  • 歓迎ホール以外に、古代ローマの住宅において重要な話合いがどこで行いましたか。
  • 古代ローマで、トイレは何と呼ばれましたか。
  • 「Culina」は何でしたか。
  • 古代ローマ人は一日中何回食事しましたか。
  • 古代ローマ人の主な食事はいつでしたか。
  • 古代ローマ人はどのように食事しましたか。
  • ギリシャとローマに寝室で何が違っていますか。
  • 小片を寄せあわせ埋め込んで、絵や模様が何と呼ばれていますか。
  • アトリウムの周りの屋根から流れ落ちた雨水がどこで集まりましたか。
  • 古代ローマの住宅内に、家族の肖像画と記録保管所はどこでしたか。
  • 古代ローマの家は何を使って温められましたか。
  • 古代ローマの風呂の床の下に何がありましたか。
  • 古代ローマの住宅の貯蔵室に何がありませんでしたか。
  • 古代ローマの人は粘土のつぼで何が貯蔵できませんでしたか。
  • 古代世界で、食料品を貯蔵するために使われていたつぼが何と呼ばれていましたか。
  • 古代ローマの家にはどの家具が一般的ではありませんでしたか。
  • 後の庭に何が本当ではありませんか。
  • 古代ローマの家には様々な目的で複数なドアが建てられたのが本当ですか。
  • 古代ローマの住宅の軸線にはどの部分が含まれていませんでしたか。
  • 古代ローマの家は古代ギリシャのと異なって、平面図が様々でしたのが本当ですか。
  • 古代ローマの家の屋根が何で覆われましたか。
  • アトリウムは何でしたか。

シーン

ローマの家

古代ローマの家

古代ローマの建築術において住宅と大邸宅の建設が非常に重要でした。古代ローマの豊富な市民の家は古代ギリシャの建物より種類が多くて、便利でした。古代ローマの家がポンペイとヘルクラネウム発掘でよく知られています。

裕福な市民の家と貴族の大邸宅は一階建てか二階建てで、たくさんの部屋を含む広い建物でした。壁が煉瓦でできて、しっくいされました。庭を覆っていない屋根が瓦でできていました。建物にはいくつかの入口がありました。壁にはたくさんのガラス窓がありました。

最も重要な部屋対称的でした。古代ローマの家の軸線は入口(ostium)前の庭(atrium)と後の庭(hortus)で構成されています。寝室が庭の周りにありました。

断面図

古代ローマの住宅の構造

台所、食堂、宴会
ギリシャの家のように、古代ローマの住宅にも台所と食堂が重要な一部でした。台所には道路から入ることができました。台所にはオーブンストーブがあり、そして生物貯蔵に使われた粘土のつぼアンフォラが置いてありました。台所で使用された道具が壁にあるに置かれた。
食堂は食べるための部屋のみではなく、客を招き入れたり、大切な話し合いをしたりする場所でした。
古代ローマの人が一日三回食事しました。一日中の最も重要な食事は晩御飯でした。裕福な市民には料理人としての奴隷がいました。食事の飾り付けは特別な材料と同様に重要視されていました。ローマ人はソファーに寄りかかりながら肘を休めて食事をとっていました。。

リビングと裏庭(庭)
リビングが中庭の周辺に位置しました。二階があった場合は、上の階には召使の部屋でした。位置を決める時、様々なことが考えられた:昼間、夜、夏と冬使っていた部屋は別々でした。古代ギリシャとは違って、古代ローマの家には男性の部屋と女性の部屋は別々ではありませんでした。家具と装飾がシンプルでしたが、裕福な市民の家には彫像もありました。
モザイクの床も一般的でした。部屋が暖かい空気を通す床下暖房(hyposaustum)で暖かくされました。光が庭や道路に向いているを通って部屋に入りました。
後の庭(hortus )は比較的に小さくて、噴水、池と常緑植物がありました。この庭は装飾されて、彫刻されたの列で囲まれていました。これは家族の憩いの場所でした。

アトリウムとタブリヌム
アトリウムは古代ローマの住宅の中心的で、長方形の野外庭でした。柱で囲まれていませんでした。門から庭まで行くとき、長くて狭い玄関(prothyrum)を通りました。アトリウムは中の方に斜めになっている屋根で囲まれていました。屋根から流れ落ちた雨水がアトリウムに真中にあるプール(impluvium)に集まりました。
アトリウムの周辺に客室、召使の部屋と貯蔵室が数室ありました。
お客さんが一般的にアトリウムで招き入れていたので、重要な話合いや決定もそこで行いました。アトリウムと後の庭はタブリヌムで繋げられました。タブリヌムは家の主な場所の一つであり、接待の場所として使われていました。大きくて、蜂らで囲まれたタブリヌムは家族の記録保管所でもあった。タブリヌムは祖先の肖像画に飾られていました。タブリヌムの両側には他の接待部屋とギャラリーがありました。

散歩

アニメーション

古代ローマの裕福な市民の家は古代ギリシャの建物より種類が多くて、便利でした。裕福な市民の家と貴族の大邸宅は一階建てか二階建てで、たくさんの部屋を含む広い建物でした。壁が瓦でできて、しっくいされていました。庭を覆っていない屋根が瓦でできていました。壁にはたくさんのガラス窓がありました。

家には様々な役割の入口がありました。古代ローマの家の軸線は入口(ostium)前の庭(atrium)と後の庭(hortus)で構成されています。部屋が庭の周りにありました。最も重要な部屋対称的でした。この中では一階にある台所食堂も含まれていました。食堂は食事のみではなくて、お客さんもここで招き入れていました。寝室は庭に周りに位置しました。ギリシャ人と異なって、ローマ人は男性と女性の部屋を分けませんでした。家が二階建てだった場合は、奴隷の部屋がそこにありました。

アトリウムは古代ローマの住宅の中心的で、長方形の野外庭でした。アトリウムは中の方に斜めになっている屋根で囲まれていました。屋根から流れ落ちた雨水がアトリウムに真中にあるプール(impluvium)に集まりました。アトリウムの隣に、歓迎ホールとして使われた重要な部屋であるタブリヌムがありました。アトリウムと後の庭(hortus)がタブリヌムで繋げられました。後の庭(hortus )が比較的に小さくて、噴水、池と常緑植物で飾られた。この庭が飾装されて、彫刻された柱の列で囲まれた。これは家族の憩いの場所でした。

古代ローマの家は家族の生活に理想的に合わせられて、後世の建築家も模型として使われていました。

ナレーション

古代ローマの裕福な市民の家は古代ギリシャの建物より種類が多くて、便利でした。裕福な市民の家と貴族の大邸宅は一階建てか二階建てで、たくさんの部屋を含む広い建物でした。壁が瓦でできて、しっくいされていました。庭を覆っていない屋根が瓦でできていました。壁にはたくさんのガラス窓がありました。

家には様々な役割の入口がありました。古代ローマの家の軸線は入口(ostium)前の庭(atrium)と後の庭(hortus)で構成されています。部屋が庭の周りにありました。最も重要な部屋対称的でした。この中では一階にある台所食堂も含まれていました。食堂は食事のみではなくて、お客さんもここで招き入れていました。寝室は庭に周りに位置しました。ギリシャ人と異なって、ローマ人は男性と女性の部屋を分けませんでした。家が二階建てだった場合は、奴隷の部屋がそこにありました。

アトリウムは古代ローマの住宅の中心的で、長方形の野外庭でした。アトリウムは中の方に斜めになっている屋根で囲まれていました。屋根から流れ落ちた雨水がアトリウムに真中にあるプール(impluvium)に集まりました。アトリウムの隣に、歓迎ホールとして使われた重要な部屋であるタブリヌムがありました。アトリウムと後の庭(hortus)がタブリヌムで繋げられました。後の庭(hortus )が比較的に小さくて、噴水、池と常緑植物で飾られた。この庭が飾装されて、彫刻された柱の列で囲まれた。これは家族の憩いの場所でした。

古代ローマの家は家族の生活に理想的に合わせられて、後世の建築家も模型として使われていました。

関連のエクストラ

古代ローマの水道橋と道路

古代ローマ帝国を覆った水道と道路のシステムはローマ文明の発展を反映してます。

エジプトのピラミッド (ギザ、紀元前26世紀)

ギザピラミッドは古代の七不思議の中で、唯一現存する建造物です。

万里の長城

万里の長城は敵であった北の遊牧民族からの守護のために構築された長城でした。

マケドニアの戦士 (紀元前4世紀)

古代マケドニアの戦士は恐れられて有名になりました。

ペルシアの舟橋 (紀元前5世紀)

ダリウス1世とクセルクセス1世はペルシア軍のためにボスポラス海峡に通じて舟橋が建築されました。

古代ローマの軍事キャンプ

古代ローマ帝国が新しい地域を支配していた時、支配された場所に軍事キャンプを設立されました。

古代ローマの戦士 (紀元前1世紀)

古代ローマ軍の傭兵はよく訓練されて、当時の最新武器で戦っていました。

大乗仏教遺跡 (サーンチー、紀元前1世紀)

仏教建築の名作はインドに位置しています。

Added to your cart.