肝臓の解剖と機能

肝臓の解剖と機能

肝臓は脂肪の消化、解毒と代謝において重要な役割を果たす不可欠な臓器です。

生物

キーワード

肝臓, 消化, 解毒, 胆汁, 肝動脈, 門脈, 胆管, 毒素, 医学, 肝細胞, 代謝作用, 消化管, 胆嚢, 肝葉, オルガン, 器官系, 消化器系, 十二指腸, 体, 人間, 生物

関連のエクストラ

シーン

位置

消化系

肝臓は人体の中で最も大きな腺です。主な機能は胆汁生成ですが、複数の代謝過程においても不可欠です。

この赤茶色の内臓は大人で1.5kgの重さです。

解剖

門脈系は肝臓の下部に位置しています。肝門静脈、肝動脈と神経がここを入り、リンパ管と総胆管がここから出ます。血液供給は二つの血管により肝臓に運送されます。胃腸管に吸収される栄養を肝臓に肝門静脈により送られ、肝動脈は肝臓に酸素を送ります。肝静脈は肝臓から血液を出します。

肝小葉

肝臓は二つのからなっています。葉は小葉から構成されています。

肝小葉を囲む結合組織に埋め込まれた肝動脈、肝門静脈と小葉間胆管は門脈三管を形成します。

肝門静脈と肝動脈からの血液は肝小葉の細胞の間に通り、中心静脈の方へ流れます。肝臓の細胞に生産される胆汁は細胞の間に位置する毛細胆管に捕集され、小葉間胆管に運送されます。

機能

肝臓の機能の一つとは、に吸収された毒性物質の中和と血液にあるバクテリアとウイルスの不活性化です。肝臓はこれらの物質を損害を与えないようにします。

脂質とタンパク質を含む高分子の代謝においても重要な役割があり、肝臓はこれらの高分子で人体に必要な構成物質に変換します。

肝臓は人体のグルコースレベルの保つにおいても不可欠です。肝臓はグリコーゲンとしてエネルギーを保管します。人体で血液のグルコース濃度が低くなると、肝臓はグリコーゲンからグルコースへと分解します。

胆汁生成

胆汁は胆管を通じて胆嚢に運送されます。胆嚢に保管される間、次第に濃度が上がり、消化される食べ物に含まれている脂肪小滴を分散される十二指腸に排出されます。分散により、脂肪小滴の表面が増加し、酵素に分解しやすくなります。

アニメーション

関連のエクストラ

人体(女)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

人体 (男)

このアニメーションは人体の最も重要な器官を紹介します。

十二指腸に接続している腺

膵臓と肝臓は十二指腸に消化液を分泌します。

どのような食べ物にしましょうか。

このアニメーションを見て、健康に良い食料品について勉強しましょう。

大腸の構造

大腸は消化路の最終段階です。

体を構成する各生物学的組織構造

アニメーションは生物を構成する個体レベルから細胞レベルまでの階層構造を紹介します。

上部消化管

飲み込むとき、摂取した食べ物が口腔から上部消化管の最後の部分である胃まで運送されます。

小腸の構造

消化管の最も長い部分であり、消化と吸収が主にここで行っています。

アルファ‐D‐グルコース (C₆H₁₂O₆)

アルファ‐D‐グルコースはD体グルコースの立体異性体の一つです。

Added to your cart.