レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

視覚芸術

キーワード

飛行機, レオナルド・ダ・ビンチ, 発明, 航空, 羽, 調査, プラン

関連のエクストラ

シーン

オーニソプター

オーニソプター (1488年-1489年)

レオナルドは自分の観察と飛行に関する研究によって、飛行機を計画しました。異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

構造

  • 旋回軸
  • パイロットの場所
  • 胴体
  • 羽を上げるペダル
  • 羽を下げるペダル
  • 滑車装置
  • 麻のカバー
  • ジョイント

関連のエクストラ

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

中世アラビアの滑空機 (アッバス・イブン・フィルナス、9世紀)

中世アラビアの発明家、アッバス・イブン・フィルナスは滑空機を開発しました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 戦車

レオナルドに設計された戦車は最も重要な軍事的要求に答えるように安全で、移動しやすくて、火力が大きかったです。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 攻城兵器

レオナルドは美術家のみではなく、工兵としても有名になりました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - ヘリコプター (1489年ごろ)

博学者はスクリュー形の構造が速く回転させると飛び上がると思っていました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 旋回橋 (1487年-1489年)

レオナルドの設計図の中で、橋の図も含まれています。この特徴的な旋回橋は水上交通を手伝うように作られました。

ダイダロスとイカロス

古代ギリシャの神話に登場する父親と息子はクルタ島から逃げたかったです。

Added to your cart.