レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - オーニソプター (1488年-1489年)

異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

視覚芸術

キーワード

飛行機, レオナルド・ダ・ビンチ, 発明, 航空, 羽, 調査, プラン

関連のエクストラ

シーン

オーニソプター

オーニソプター (1488年-1489年)

レオナルドは自分の観察と飛行に関する研究によって、飛行機を計画しました。異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

構造

オーニソプター (1488年-1489年)

レオナルドは自分の観察と飛行に関する研究によって、飛行機を計画しました。異常に複雑な研究の目的は鳥の飛行を段階的に真似をすることでした。

関連のエクストラ

マダラの騎士像

北東ブルガリアに位置する岩のレリーフは、おそらく7世紀の終わりに刻まれました。

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - ヘリコプター (1489年ごろ)

博学者はスクリュー形の構造が速く回転させると飛び上がると思っていました。

中世の衣服(西ヨーロッパ、15世紀)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

伝統的なアラブの家

いろいろな国にいろいろな習慣があります。 20世紀以前のアラブ家の様子を見てみましょう。

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番...

レオナルド・ダ・ヴィンチの発明品 - 羽ばたき機 (1487年-1489年)

レオナルドは鳥の羽のような機械を設計しました。ただし、この設計図の仮説が間違っていました。

Added to your cart.