データ・ストレージの発達

データ・ストレージの発達

過去数十年間において、データストレージ・デバイスの記憶容量が異常な速さで発達していました。

技術

キーワード

データストレージ, データ記憶装置, データ, 穿孔カード, 磁気テープ, フロッピーディスク, 光ディスク, USBフラッシュドライブ, SDカード, HDD, SSD, ホレリスカード, CD, DVD, メモリーカード, ITセンター, クラウドサービス, バイト, メガバイト, キロバイト, テラバイト, 容量, ストレージ容量, ブルーレイ, 情報, 情報処理, レーザー光, 技術, 情報技術, コンピュータサイエンス

関連のエクストラ

シーン

データ記憶装置

  • 穿孔カード
  • 磁気テープ
  • フロッピー・ディスク
  • 光ディスク
  • USBフラッシュドライブ
  • SDカード
  • HDD
  • SSD

進化

  • クラウドコンピューティング

アニメーション

  • 穿孔カード
  • 磁気テープ
  • フロッピー・ディスク
  • 光ディスク
  • USBフラッシュドライブ
  • SDカード
  • HDD
  • SSD
  • ホレリスカード
  • (1890年 - 1960年)
  • 18.7 cm x 8.3 cm
  • 45コラム, 12列
  • 80バイト (B)
  • (1952年 – 1970年)
  • 10メガバイト (MB)
  • (1970年 – 1990年)
  • 625キロバイト (kB)
  • 1.44メガバイト (MB)
  • 1.2メガバイト (MB)
  • (1981年 – 現在)
  • 650メガバイト (MB)
  • 4.7ギガバイト (GB)
  • 25ギガバイト (GB)
  • (2000年 – 現在)
  • 1 - 256ギガバイト (GB)
  • (1994年 – 現在)
  • 1 - 64ギガバイト (GB)

ナレーション

厳密にいうと、データストレージ先史時代の洞窟描画で始まり、古代時代の粘土板とパピルスの巻き物で続きました。しかし、何百年もの間、保管される情報の量が倍になったとともに、次第に新しい方法とデバイスが現れてきました。

現代の意味でのデータストレージ穿孔カードの出現で始まりました。穿孔カードの歴史は1890年のアメリカ合衆国の人口調査で始まりました。 ハーマン・ホレリスに開発された、厚さが0.17mmのボール紙製の穿孔カードは1928年に規格化されました。最初のカードには縦に45列、横に12列がありました。その後のカードには縦に80列、横に12列が見られます。これらには決められた位置でパンチ穴があり、縦の列ごとに一つの文字が暗号化されました。

1960年代で、帯磁データストレージが現れ、穿孔カードと穿孔テープの代わりになり始めました。帯磁データストレージの最初に人気を得た形は磁気テープでした。大量のデータ安全に保管できる方法でした。このタイプのストレージの弱点は順次アクセスでした。磁気テープは現在も記録保管所での長期データストレージに使われています。

帯磁データストレージの発達上の次の段階なのは磁気ディスクフロッピーディスクでした。最も重要な利点だったのはランダムアクセスであり、それを通じてディスク上の出谷より速くアクセスが可能でした。
セクターに分けられた同心円に保管され、セクターの一つはファイル割当て表に使われていました。フロッピーディスクは様々なサイズと容量で作られました。

最初の光学保存ディスク1980年代に現れ、その後は次第に磁気ディスクの代わりになりました。データは光の反射能力を利用して、光学的に読み取り可能な媒体に保存されました。これらのディスクはレーザービームを使って焼いたり、読み取ったりすることができます。
光学ディスクの最初のタイプであるCD赤いレーザービームを使っていました。その後に開発されたDVDもCDと同様に赤いレーザービームを使っていましたが、容量がより大きかったです。現在は青いレーザーを使っているブルーレイディスクが最新のタイプです。その容量は25GBです。

現在、最も人気を得ているデータストレージ装置はUSBフラッシュドライブです。これらは様々な形で作られています。ドライブの中にフラッシュメモリーチップとUSBインターフェースが小さなケースに含まれている構造があります。使用が速くて簡単であり、容量が大きいです。現在はUSBフラッシュドライブはフロッピーディスクの代わりになっています。

集積回路の価格が落ちたため、デジタルカメラ、ビデオカメラや携帯電話が幅広く使われるようになりました。これらの装置はデータを保存するにはメモリーカードを使っています。これらの小さなカードは様々なサイズや容量で製造されています。

過去の100年間の間、コンピューターデータ保存が、特にストレージ容量の意味で大きく発達しました。発達の比率が上昇していますので、将来にはより小さくて容量が大きなデバイスが期待できます。

関連のエクストラ

ハードディスクの構造

パソコンのハードディスクは磁気データ記憶装置です。

光ディスク駆動装置はどのように動作しますか。

アニメーションは光ディスク駆動装置の構造と動作を紹介します。

デスクトップコンピュータ

アニメーションはデスクトップコンピュータの構造と最も重要な周辺装置を紹介します。

パソコン、周辺装置

パソコンには様々な種編装置が繋げられます。

コンピューターネットワークはどのように起動しますか。

インターネットを使って、長い距離にも情報を即座に送ることを可能にします。

携帯電話はどのように動作しますか。

このアニメーションは携帯電話の構造と動作を紹介します。

プリント回路板

このアニメーションは小さくて、量産された回路基板を紹介します。

Added to your cart.