ミドリムシ (Euglena viridis)

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

生物

キーワード

ユーグレナ・ビリディス, 単細胞の, 混合栄養, 葉緑体, 細胞口, 鞭毛, 収縮胞, 眼点, 単細胞真核生物, 消化胞, ユーグレナ門, 光合成, 動物, 生物

関連のエクストラ

シーン

構造

  • 細胞口 - ミドリムシは混合栄養の生物であり、暗闇で細胞口を通じて有機物質を取りますが、適切な光が与えられていると光合成を行います。
  • 鞭毛 - 細胞の移動はこの小さくて毛のような突起で覆われている細胞小器官によって行います。細胞の前側に位置します。
  • 眼点 - ミドリムシは光合成を行うので、向光性が見られます。向光性というのは、光源の方に向くような移動です。ミドリムシは眼点で光源の位置をわかります。
  • 収縮胞 - 排出作用を行う細胞小器官。細胞から水分や放棄物質を排出する。細胞内の物質濃度が周りにある水より低いので、水分は細胞の外に浸透される。このために、水を排出される必要がある。
  • 細胞核 - 細胞の代謝過程を管理するDNAが含まれています。
  • 貯蔵された 多糖類 - ミドリムシは光合成を行うので、光のエネルギーを利用して二酸化炭素からブドウ糖を形成します。ブドウ糖は多糖に合成され、微小体で所蔵されます。多糖は細胞の栄養となります。
  • 細胞質
  • 細胞膜
  • 葉緑体 - ミドリムシは混合栄養の生物であり、暗闇で細胞口を通じて有機物質を取りますが、適切な光が与えられていると光合成が行います。光合成が葉緑体で行われます。細胞は光のエネルギーを利用して二酸化炭素からブドウ糖を形成します。
  • デトリタス液胞 - 消化されていない物質が含まれています。
  • 消化胞 - 餌は細胞咽頭でエンドサイトーシスで吸収されます。餌の粒は液胞膜に包められ、消化されます。
  • 細胞咽頭 - 餌は細胞口からここへ入って、エンドサイトーシスで吸収されます。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所であり、有機物質の破壊によってATPを作ります。

関連のエクストラ

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

クロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑素であり、光合成において重要な役割を果たしています。

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

クラゲ

クラゲは自由遊泳性の海産動物であり、実組織を持つ動物の最も原始的なグループである刺胞動物門に属しています。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

Added to your cart.