耳と聴覚のメカニズム

耳と聴覚のメカニズム

耳は空気の振動を脳によって処理される電気信号に変換します。

生物

キーワード

聴覚, 耳, 聴覚系, 感覚器官, 知覚, トノトピー, 中耳, 内耳, 蝸牛神経, 聴覚路, 聴覚皮質, 耳骨, カタツムリ, コルチ器官, 耳道, 耳管, 鼓膜, ハンマー, アンビル, あぶみ, ライスナー膜, 耳介, 刺激, 警戒心, 半規管, 人間, 生物

関連のエクストラ

質問

  • どの脳神経が前庭うずまき菅神経とも呼ばれていますか。
  • 耳小骨はどこにありますか。
  • うずまき菅の下部でどのような音が吸収されますか。
  • 健康的な耳はどの範囲の周波数の音が聞こえますか。
  • 音波は耳管において刺激を起こすのは本当ですか。
  • 低い音に発生する低い周波数の振動はどこの膜を振動させますか。
  • 音の感覚はどこで生成しますか。
  • 次に続く骨のうち耳小骨ではないのはどれか。
  • 耳介は主にどのような組織で構成されていますか。
  • うずまき菅はどこに位置しますか。
  • 刺激は耳のどの部分で発生しますか。
  • 鐙骨の下部はうずまき菅の卵円窓にぴったりと収めているのは本当ですか。
  • 耳管はエウスタキオ管とも呼ばれているのは本当ですか。
  • 鼓膜の接続している、最も外側に位置する耳小骨は砧骨です。本当ですか。
  • ある周波数の音はうずまき菅の決められた部分で吸収されます。本当ですか。
  • うずまき菅は液体で満たされています。それは鐙骨の動きで振動されるのは本当ですか。
  • 鼓室と咽頭腔は何で繋げられてますか。
  • 外耳と中耳の間に何がありますか。
  • 聴覚皮質は大脳皮質のどの脳葉にありますか。

シーン

聴覚のメカニズム

耳骨

うずまき菅

コルチ器

周波数局在

ナレーション

は我々の耳に感知可能な空気の振動です。健康な耳では20〜20,000Hzの周波数の音波を感知できます。この範囲は老化騒音により、狭くなります。

音波は内耳信号を作り、うずまき菅神経と聴覚路によって聴覚皮質に伝達されます。音の感覚は聴覚皮質で作られます。

音波は外耳によって直接外耳道に伝達されます。音波は外耳道を閉じている鼓膜を振動させます。
鼓膜の振動小骨である槌骨砧骨鐙骨によってうずまき菅に伝わります。

鐙骨の根元はうずまき菅の卵円窓に結合しています。基底膜はうずまき菅の内側にあります。基底膜はうずまき菅の先端まで向かい、そして戻ってきて、ライスナー膜へと続きます。膜はうずまき菅を縦方向に3つの区分にわかれます。鼓室階、中央階、前庭階です。

うずまき菅には鐙骨によって振動する液体で満たされています。高い周波数の音は高い周波数の振動を液体に作り、基底膜の初めの部分に吸収されます。低い音によって作られた低い周波数の振動はうずまき菅に入り、基底膜の先端の部分に吸収されます。振動が吸収されると、電気信号が発生し、脳へと伝達されます。音の高さは吸収した場所によります。これは周波数局在と呼ばれています。

電気信号はコルチ器官で作られます。
うずまき菅内に伝わった振動は蓋膜をコルチ器官にある有毛細胞に対して押して、有毛細胞が曲がります。そして細胞で信号が作られます。こうして、コルチ器官は振動を電気信号に変換し、うずまき菅神経によって脳へと伝達され、聴覚路によって聴覚皮質へと伝達されます。最終的に大脳皮質で音の感覚が作られます。

関連のエクストラ

遺伝物質の構成

直径、わずか数マイクロメーターの大きさしかない核をもつ真核細胞には、約2メートルほどの長さで、...

皮膚の構造、皮膚感覚

我々の体が覆われている皮膚が三つの層に分けられます:表皮、真皮、皮下があります。

女性生殖器系 (基礎)

生殖器系は生殖のために働いている器官です。

関節の種類

人間の骨は、縫合、軟骨性関節、滑膜関節の接合、またそれらの融合で結合しています。

私たちの心はどのように動くのですか?

このレッスンでは、心臓の構造と機能、および心臓の保護方法について説明します。

人間の歯

人間の歯には四種類あります。切歯、犬歯、小臼歯、大臼歯です。

辺縁系

辺縁系は感情の形成と学習において重要な役割を果たしています。

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

Added to your cart.