デジタルカメラはどのように動作しますか。

デジタルカメラはどのように動作しますか。

このアニメーションはデジタルカメラの構造と動作を紹介します。

技術

キーワード

カメラ, デジタル, 画像, 写真, カメラレンズ, フラッシュ, メモリーカード, 表示, LCD, 解像度, ピクセル, 集束レンズ, diaphgram, 感光面, 電気センサー, 波長フィルタ, 光, 光電効果, 技術, 情報技術

関連のエクストラ

シーン

デジタルカメラ

  • 対物レンズ
  • バッテリー
  • 調整ボタン
  • フラッシュカバー - 外部フラッシュが付けられる場所です。
  • モードダイアル
  • メモリーカード
  • ビューファインダー
  • 液晶画面
  • 電源ボタン
  • ボディ
  • シャッターを離す ボタン

デジタルカメラの構造が伝統的なカメラとよく似ています。最も重要な部分ボディ対物レンズレンズの絞りシャッター感光面です。主な違いはデジタルカメラが画像を電気信号に変え、そのまま保管します。伝統的なカメラの場合は、光によって、感光性のフィルムに化学的な変化が発生します。

デジタルカメラは複数のタイプに分類されています。最も知られているのはレンズが交換可能デジタル一眼レフカメラ(Digital single-lens reflex camera; DSLRs)です。ミラーレス一眼カメラ(Mirrorless interchangeable-lens camera; MILCs)も次第に分布するようになっています。

コンパクト・カメラはレンズ交換ができません。ブリッジカメラがこのカテゴリーにおいて、広角ズームレンズがあります。より品質が良いDSLRカメラへの推移です。デジタルカメラの多くがビデオの記録もできます。

光の道

  • 対物レンズ - 光線を集めるレンズの一組です。DSLRカメラには交換可能なレンズがあります。
  • シャッター - 写真を撮るときに開かれ、これを通じて光が機械の中に入ります。シャッタースピードを調節によって、写真の明るさも調節できます。
  • ペンタプリズム - 五角形のガラスのプリズムであり、画像がビューファインダーに入る前、上下逆さまにならないようにします。
  • ミラー - 画像をビューファインダーに送る半透明のミラーです。シャッターボタンが押されると、上に跳ね上がります。
  • 集束レンズ - 自動焦点センサーのために光を集めます。
  • ビューファインダー - 写真を撮る人はこれを通じて、対物レンズに形成される画像が見れます。
  • 副鏡 - 自動焦点システムに光を送ります。
  • 感光面 - 数百万のピクセルが含まれています。入射する光を電気信号に変えます。
  • レンズの絞り - カメラに入る光を量を調節する装置です。
  • 入射光
  • 開口部

写真を撮るとき、光線が対物レンズに集められます。このレンズの一組において、レンズの位置が変えられます。物体にズームインすると、画像が拡大されます。光線が一点に向かう場所、いわゆる像距離も調節できます。このように、選ばれた物体をより焦点が合って撮れます。対物レンズが複数のレンズから構成され、このようにレンズ収差補正されます。

光は開口部と呼ばれているレンズの絞りの入り口を通ります。レンズの絞りはレンズに入る光の量を調節します。光が多すぎの場合は、開口部が小さくなり、光の量が少ないと開口部が開かれます。被写界深度も開口部によって調節されます。開口部が小さいと、被写界深度が高くなることによって背景物体も鮮明になります。開口部が大きく開いていると、被写界深度が低くなり、物体のみが鮮明に撮れます。

一眼レフカメラでは、光が開口部を通った後、斜めになっているミラーに到達します。ミラーがペンタプリズムを通じてビューファインダーに光を反射します。ペンタプリズムのため、我々がビューファインダーに見ている画像が上下逆さまにならないように撮られます。
カメラの種類によって、半透明ののミラーとその裏に、垂直に位置する副鏡があります。この副鏡は光の一部をフォーカシングスクリーンに送ります。光がそのスクリーンから自動焦点システムを作動するセンサーアレイに伝達されます。

写真を撮るとき、ミラーが跳ね上がり、光は同時に開くシャッターを通り、感光面である画像センサーに到達します。光が強い場合はシャッターが短期間開き光が少ないとより長く開きます。動いている物体の写真を撮るとき、ぼやかして撮影されないように短い露出時間大きく開いた開口部が理想的です。夜空の星などを撮影するとき長い露出時間とカメラを三脚台に置く必要があります。

シャッターを通る光が感光面である画像センサーに到達します。数百万のピクセルから構成されている画像センサーにおいて、光によって電気信号が発生します。これらの電気信号がカメラのプロセッサーに処理され、メモリーカードで各ピクセルを同じ形で保存します。

画像センサーの感光性が幅広く調節できます。ISO感度高めると、画像のノイズ量も高くなります。現在のカメラは焦点、開口部、シャッタースピードとISO感度を自動に設定されますが、自動半自動手動モードも選択できます。

カメラがカラー写真を撮るため、すべてのピクセルには小さな赤、緑と青のフィルターが入っています。このように、カメラがどのピクセルにどの色の光が撮影されたとわかっています。

レフミラーがないカメラには、光が連続的画像センサーを当たるので、レンズに見られる画像がカメラの裏に位置するビューファインダーでとしても役立つLCDスクリーンで常に見られます。

写真を撮る

  • 開口部
  • 入射光
  • 対物レンズ
  • レンズの絞り
  • レンズ
  • ミラー
  • ペンタプリズム
  • ビューファインダー
  • シャッター
  • 感光面 (CCD, CMOS)
  • 波長フィルタ
  • ピクセル
  • フォトダイオード
  • 光電効果
  • 電気を帯びた電子

附属品

  • カメラ
  • フラッシュ
  • 三脚台

綺麗な写真を撮るため、カメラ以外にアクセサリーが必要になります。例えば、光が少ない環境で写真を撮るのは難しいです。光が足りない場合は、カメラのシャッターをより長く開く必要がありますが、その間カメラか物体が動いてしまったら、写真がぼやかして撮影されます。フラッシュ人工的な光源であり、三脚台は撮影中のカメラの動きを防ぎます。

アニメーション

  • 対物レンズ
  • バッテリー
  • 調整ボタン
  • フラッシュカバー - 外部フラッシュが付けられる場所です。
  • モードダイアル
  • メモリーカード
  • ビューファインダー
  • 液晶画面
  • 電源ボタン
  • ボディ
  • シャッターを離す ボタン
  • カメラ
  • フラッシュ
  • 三脚台
  • 開口部
  • 入射光
  • 対物レンズ
  • レンズの絞り
  • レンズ
  • ミラー
  • ペンタプリズム
  • ビューファインダー
  • シャッター
  • 感光面 (CCD, CMOS)
  • 波長フィルタ
  • ピクセル
  • フォトダイオード
  • 光電効果
  • 電気を帯びた電子

ナレーション

デジタルカメラの構造が伝統的なカメラとよく似ています。最も重要な部分ボディ対物レンズレンズの絞りシャッター感光面です。主な違いはデジタルカメラが画像を電気信号に変え、そのまま保管します。伝統的なカメラの場合は、光によって、感光性のフィルムに化学的な変化が発生します。

綺麗な写真を撮るため、カメラ以外にアクセサリーが必要になります。例えば、光が少ない環境で写真を撮るのは難しいです。光が足りない場合は、カメラのシャッターをより長く開く必要がありますが、その間カメラか物体が動いてしまったら、写真がぼやかして撮影されます。フラッシュ人工的な光源であり、三脚台は撮影中のカメラの動きを防ぎます。

写真を撮るとき、光線が対物レンズに集められます。このレンズの一組において、レンズの位置が変えられます。物体にズームインすると、画像が拡大されます。光線が一点に向かう場所、いわゆる像距離も調節できます。このように、選ばれた物体をより焦点が合って撮れます。対物レンズが複数のレンズから構成され、このようにレンズ収差補正されます。

光は開口部と呼ばれているレンズの絞りの入り口を通ります。レンズの絞りはレンズに入る光の量を調節します。光が多すぎの場合は、開口部が小さくなり、光の量が少ないと開口部が開かれます。被写界深度も開口部によって調節されます。開口部が小さいと、被写界深度が高くなることによって背景物体も鮮明になります。開口部が大きく開いていると、被写界深度が低くなり、物体のみが鮮明に撮れます。

一眼レフカメラでは、光が開口部を通った後、斜めになっているミラーに到達します。ミラーがペンタプリズムを通じてビューファインダーに光を反射します。ペンタプリズムのため、我々がビューファインダーに見ている画像が上下逆さまにならないように撮られます。
カメラの種類によって、半透明ののミラーとその裏に、垂直に位置する副鏡があります。この副鏡は光の一部をフォーカシングスクリーンに送ります。光がそのスクリーンから自動焦点システムを作動するセンサーアレイに伝達されます。

写真を撮るとき、ミラーが跳ね上がり、光は同時に開くシャッターを通り、感光面である画像センサーに到達します。光が強い場合はシャッターが短期間開き光が少ないとより長く開きます。動いている物体の写真を撮るとき、ぼやかして撮影されないように短い露出時間大きく開いた開口部が理想的です。夜空の星などを撮影するとき長い露出時間とカメラを三脚台に置く必要があります。

シャッターを通る光が感光面である画像センサーに到達します。数百万のピクセルから構成されている画像センサーにおいて、光によって電気信号が発生します。これらの電気信号がカメラのプロセッサーに処理され、メモリーカードで各ピクセルを同じ形で保存します。

画像センサーの感光性が幅広く調節できます。ISO感度高めると、画像のノイズ量も高くなります。現在のカメラは焦点、開口部、シャッタースピードとISO感度を自動に設定されますが、自動半自動手動モードも選択できます。

カメラがカラー写真を撮るため、すべてのピクセルには小さな赤、緑と青のフィルターが入っています。このように、カメラがどのピクセルにどの色の光が撮影されたとわかっています。

レフミラーがないカメラには、光が連続的画像センサーを当たるので、レンズに見られる画像がカメラの裏に位置するビューファインダーでとしても役立つLCDスクリーンで常に見られます。

関連のエクストラ

銀版写真術

初めての商業的に使われていた写真撮影技術がフランスのルイ・ダゲールによって発明されました。

光学機器

顕微鏡から望遠鏡といった様々な種類の光学機器が現在使われています。

視力修正

近視と遠視を修正するには凹レンズと凸レンズが使われています。

映写機はどのように動作しますか。

アニメーションは昔のフィレムを使っている映写機の構造と動作を紹介します。

プラズマテレビはどのように動作しますか。

アニメーションはプラズマテレビの動作を紹介します。

レーザープリンターはどのように動作しますか。

このアニメーションはレーザープリンターの動作を紹介します。

液晶ディスプレー画面はどのように動作しますか。

液晶ディスプレー画面は液晶の光変調を利用して映像を作り出します。

人の目

目は重要な感覚器官の一つです。光により、目の受容体によって電気的刺激が発生します。

視覚のメカニズム

離れている物と近くにある物を見る時、目の水晶体の曲率が変化します。

望遠鏡

このアニメーションは天文学で使われている光学望遠鏡と電波望遠鏡を紹介します。

電子顕微鏡はどのように動作しますか。

アニメーションは電子顕微鏡の構造と動作を紹介します。

コンピューター断層撮影機器(CTスキャン)はどのように動作しますか。

このアニメーションはコンピューター断層撮影機器の構造と動作を紹介します。

CRTテレビはどのように動作しますか。

アニメーションはCRTテレビの動作を紹介します。

映画館 (米国、1930年代)

1910年代に、アメリカの大きな都市に多くの映画館が建築されました。

Added to your cart.