ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

このアニメーションはターボジェットエンジンの動作を紹介します。

技術

キーワード

gázturbina, ジェットエンジン, 飛行機, nehézbombázó, ストラトフォートレス, beömlőnyílás, tüzelőanyag befecskendezés, utánégető, turbinakerék, 圧縮機, 推力, hatás-ellenhatás törvénye, 技術, _javasolt

関連のエクストラ

シーン

B–52 ストラトフォートレス重爆撃機

  • エンジン: プラット・アンド・ホイットニーTF33-P-3/103 ターボジェットエンジン×8基
  • 全幅: 56.4 m
  • 全長: 48.5 m

ジェットエンジン

  • 直径: 0.9 m
  • 全長: 4.3 m
  • 製造者: プラットとホイットニー
  • 推力: 4680馬力 (アフターバーナーで) 6880馬力

エンジンの構造

  • 空気吸入口
  • ファン
  • 燃料噴射
  • 燃料室
  • アフターバーナー
  • 筒口

動作の原理

  • 空気取入口
  • ファン - 空気をコンプレッサーへ導きます。
  • エアーコンプレッサー - 扇風機に吸い込まれた空気を圧縮し、圧力と加速を上昇します。コンプレッサーはタービンにより動かされます。
  • 燃料噴射
  • 燃焼 - 燃焼により、ガスの温度と圧力が上がり、気流が加速します。
  • タービン - 流出する熱いガスに動かされます。コンプレッサーはタービンにより動かされます。
  • 熱い排気ガス - 気流がニュートンの第三法則(作用反作用の法則)により推進力を発生しながら筒口を通じて出ます。
  • アフターバーナー - 燃料が追加され、エンジンの出力が上がります。

アニメーション

  • 燃料噴射
  • 燃料室
  • アフターバーナー
  • 筒口
  • 空気取入口
  • ファン - 空気をコンプレッサーへ導きます。
  • エアーコンプレッサー - 扇風機に吸い込まれた空気を圧縮し、圧力と加速を上昇します。コンプレッサーはタービンにより動かされます。
  • 燃料噴射
  • 燃焼 - 燃焼により、ガスの温度と圧力が上がり、気流が加速します。
  • タービン - 流出する熱いガスに動かされます。コンプレッサーはタービンにより動かされます。
  • 熱い排気ガス - 気流がニュートンの第三法則(作用反作用の法則)により推進力を発生しながら筒口を通じて出ます。
  • アフターバーナー - 燃料が追加され、エンジンの出力が上がります。

ナレーション

ターボジェットエンジンの基本原理はガスの高速噴射による推進力です。空気が空気吸入口を通じて回転するコンプレッサーに流れ込みます。コンプレッサーの羽根が気流を加速し、空気を圧縮します。圧縮された空気が注入された燃料の連続的な燃焼を保証します。空気と燃焼生成物の混合物の圧力と温度が燃焼により上昇します。

気体混合物が筒口を通過し、パイプの横断面が細くなります。その結果として、気流の流れが速くなります。加速する気流タービンを回し、タービンがコンプレッサーを駆動させます。その後、気流がニュートンの第三法則(作用反作用の法則)により推進力を発生しながら筒口を通じて出ます。

現在の軍用機のエンジンには効率を50%ほど上昇する再燃焼装置が使われています。再燃焼室には気体混合物にガスが追加され、温度と圧力がさらに上昇され、推進力も上がります。

最初の大量生産されたジェット機はメッサーシュミットMe262であり、第二次世界大戦でドイツ軍空軍Luftwaffeに使用されました。現在、ジェットエンジンは幅広く軍用機と旅客機にも使われています。

関連のエクストラ

水車場

水流や水の落下のエネルギーを便利な形なパワーとして変える機械がすでに中世時代から利用されていました。

発電用水車はどのように動作しますか。

このアニメーションは発電用水車の構造と動作を紹介しまし。

揚力

飛行機の翼が非対称であるため、速度が速い場合は揚力が発生します。

アイオロスの球

最初の蒸気機関はヘロンに発明されたが、ヘロン自身もおもちゃとして見なされました。

ジェームス・ワットの蒸気機関 (18世紀)

ジェームス・ワットはスコットランドの発明家、エンジニアであり、蒸気機関を改良し、産業革命の推進に貢献しました。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

イギリスのデ・ハビランド社に製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。

フォード・モデルT

アメリカの自動車会社の人気のモデルは世界で最初の大量生産車でした。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

B-2 スピリット (米国、1989年)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機はバルカン戦争、アフガニスタンとイラクにも使われていました。

Chengdu J-20 威龍(中国, 2017年)

威龍とも呼ばれるChengdu J-20は第5世代ジェット戦闘機に分類される戦闘機です。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

MIG-31 (ソビエト連邦、1982年)

ソビエト連邦に開発された双発迎撃機の運用開始は1982年に行われました。

U-2 ドラゴンレディ (米国、1957年)

この効果的な偵察機が冷戦の間、米中央情報局に使われていました。

Added to your cart.