動物細胞と植物細胞の細胞小器官

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

生物

キーワード

セル, 細胞小器官, 真核生物, 細胞膜, 細胞壁, 核, 細胞質, ゴルジ体, 葉緑体, 小胞体, ミトコンドリア, 細胞骨格, 液胞, DNA, チラコイド, 植物細胞壁, 小胞, グラナ, 細胞外基質, 骨針細胞, 染色質, ヒストンタンパク質, 脂質膜, 核膜, 滑らかな小胞体, リボソーム, 生物, 細胞診, 植物, 動物, _javasolt

関連のエクストラ

質問

  • 以下の中で、どれが真核生物ではありませんか。
  • どの細胞小器官は細胞の発電所と言われていますか。
  • 以下の細胞小器官の中で、どれが動物細胞の中に含まれていませんか。
  • 以下の細胞小器官の中で、どれが動物細胞の中に含まれていませんか。
  • 以下の細胞小器官の中で、どれが動物細胞の中に含まれていませんか。
  • 細胞内の複雑な綱状の膜系であり、タンパク質合成に重要な役割を果たす細胞小器官はどれですか。
  • 光合成が行われる細胞小器官はどれですか。
  • 不要物の消化が行われている細胞小器官はどれですか。
  • クロマチンが含まれている細胞小器官はどれですか。
  • 異化が行われている細胞小器官はどれですか。
  • 細胞膜はデンプン分子から構成されている一重層であるのは本当ですか。
  • 葉緑体は二重膜に囲まれているのは本当ですか。
  • 粗面小胞体の表面にリボソームがあるのは本当ですか。
  • 原核細胞に細胞核が含まれているのは本当ですか。
  • すべての動物細胞はセルロースから構成されている細胞壁で囲まれているのは本当ですか。
  • 液胞は細胞の浸透圧や膨圧を調節しているのは本当ですか。
  • 細胞骨格は細胞小器官の位置を保ち、その移動を手伝うのは本当ですか。
  • ミトコンドリアには同化作用が行われているのは本当ですか。
  • 細胞壁はどの物質からできていますか。
  • 細胞膜はどの分子から構成されていますか。

シーン

細胞

  • 動物細胞
  • 植物細胞
  • 葉緑体 - ここで光合成を行っている。植物は太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖を作る。
  • 細胞壁 - 細胞壁はセルロースからできていて、細胞を保護し、細胞の形を保って、植物組織を硬くする役目をしている。
  • 液胞 - 気泡みたいな小器官の中は細胞液で満たされている。細胞の浸透圧や膨圧を調節し、不要物の貯蔵と分解をしている。
  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来てるクロマチンが入っている。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が入っていて、真核細胞と呼ばれている。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にある。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所である。有機物の分子を分解して、ATPを作っている。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子である。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞質 - 液体状で、透明感がある物質です。細胞の様々な代謝過程が行われる場所です。
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしている。
  • ゴルジ体 - タンパク質の加工と配送に重要な役割を果たす。

動物細胞

  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来てるクロマチンが入っている。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が入っていて、真核細胞と呼ばれている。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にある。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所である。有機物の分子を分解して、ATPを作っている。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子である。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞質 - 液体状で、透明感がある物質です。細胞の様々な代謝過程が行われる場所です。
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしている。
  • ゴルジ体 - タンパク質のプロセシングに重要な役割を果たしている。
  • 小胞 - 細胞内の様々な物質は膜気泡に、いわゆる小胞に輸送される。小胞の種類の一つであるリソソームで物質の消化と不要物の分解が行われている。
  • 細胞骨格 - 細胞小器官の位置を保ち、その移動を手伝い、そして細胞壁がない動物細胞では細胞の形を保護している。

植物細胞

  • 葉緑体 - ここで光合成を行っている。植物は太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖を作る。
  • 細胞壁 - 細胞壁はセルロースからできていて、細胞を保護し、細胞の形を保って、植物組織を硬くする役目をしている。
  • 液胞 - 気泡みたいな小器官の中は細胞液で満たされている。細胞の浸透圧や膨圧を調節し、不要物の貯蔵と分解をしている。
  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来てるクロマチンが入っている。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が入っていて、真核細胞と呼ばれている。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にある。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所である。有機物の分子を分解して、ATPを発生させる。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子である。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞質 - 液体状で、透明感がある物質です。細胞の様々な代謝過程が行われる場所です。
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系です。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしている。
  • ゴルジ体 - タンパク質の加工と配送に重要な役割を果たしている。
  • 小胞 - 細胞内の様々な物質は膜気泡に、いわゆる小胞に輸送される。小胞の種類の一つであるリソソームで物質の消化と不要物の分解が行われている。
  • 細胞骨格 - 細胞小器官の位置を保ち、その移動を手伝い、そして細胞壁がない動物細胞では細胞の形を保護している。

細胞膜

  • リン脂質分子 - これは脂質分子の一つであり、その頭部はグリセロールとリン酸から構成され、尾部は二つの脂肪酸から構成されている。頭部は極性で、尾部は無極性であるから、リン脂質分子は両親媒性であり二重層を形成しやすいです。リン脂質は一つの層の中で自由に動けるが、他の層へ移動しにくいので、脂質膜は二次元の液体と言われている。
  • 膜のタンパク質 - あるタンパク質は膜を貫通するチャンネルを形成し、またあるタンパク質は膜の両側の間で化学信号を伝達している。

細胞核

  • 核小体
  • 染色質 - 染色質はタンパク質とDNAから構成されていて、DNAはタンパク質に巻かれている。DNAは細胞と細胞から出来てる生物の遺伝情報を持っている。
  • 核膜 - 二重膜であり、外側の層が小胞体につながっている。
  • 核膜孔 - 核膜孔を通じて、物質は細胞質と核へ移動します。

核膜

  • 核膜孔を形成するタンパク質 - 核膜孔を形成します。核膜孔を通じて、物質は細胞質と核へ移動する。
  • 外側の脂質膜 - 小胞体につながっている。
  • 内側の脂質膜

小胞体

  • 粗面小胞体 - この表面にあるリボソームがタンパク質の分子を合成する。
  • 滑面小胞体 - 脂質の合成と解毒を行う。有害な物質がここで分解される。
  • リボソーム - 核内のDNAから転写されたmRNAをリボソームが読み取り、タンパク質を合成する。膜結合型リボソームは粗面小胞体にあり、細胞外で使われるタンパク質と細胞膜を構成するタンパク質を合成している。遊離型リボソームは細胞質にあり、細胞内で使われるタンパク質を合成している。
  • 核膜 - 二重膜であり、外側の層が小胞体につながっている。

ゴルジ体

  • シス面 - 細胞核に近いゴルジ体の部分。
  • トランス面 - 細胞核から遠いゴルジ体の部分。タンパク質がトランス面に輸送されている間に、タンパク質はプロセシングされる。ゴルジ体はまた、タンパク質の行き先も決定します。小胞によって、タンパク質はシス面からトランス面へ輸送される。

色素体

  • 外膜
  • 内膜
  • グラナ - グラナはチラコイドが積み重なってできた膜状構造。
  • チラコイド - 内膜が陥入して形成されたもの。光合成において必要なタンパク質複合体を含んでいる。

ミトコンドリア

  • 外膜
  • 内膜 - 異化とATP合成において重要なタンパク質を含んでいる。

染色質

  • タンパク質骨格
  • ヒストンタンパク質
  • DNA - DNAは細胞の遺伝物質。この分子は細胞と細胞から出来ている生物の遺伝的特徴を決定する。

アニメーション

  • 動物細胞
  • 植物細胞
  • 葉緑体 - ここで光合成を行っている。植物は太陽エネルギーを利用して、二酸化炭素から糖を作る。
  • 細胞壁 - 細胞壁はセルロースからできていて、細胞を保護し、細胞の形を保って、植物組織を硬くする役目をしている。
  • 液胞 - 気泡みたいな小器官の中は細胞液で満たされている。細胞の浸透圧や膨圧を調節し、不要物の貯蔵と分解をしている。
  • 細胞核 - 核内にはDNAとたんぱく質から出来てるクロマチンが入っている。動物細胞、植物細胞、そして菌類の細胞には核が入っていて、真核細胞と呼ばれている。原核細胞(細菌など)には核がなく、DNAが細胞質にある。
  • ミトコンドリア - 細胞の発電所である。有機物の分子を分解して、ATPを作っている。ATPは細胞の中心的なエネルギー転移をしてる分子である。
  • 細胞膜 - 細胞の周りにある脂質膜。
  • 細胞質 - 液体状で、透明感がある物質です。細胞の様々な代謝過程が行われる場所です。
  • 小胞体 - 細胞の中にある複雑な綱状の膜系。タンパク質合成とタンパク質プロセシング、そして脂質合成とある特定の物質の分解に重要な役割を果たしている。
  • ゴルジ体 - タンパク質の加工と配送に重要な役割を果たす。
  • 核小体
  • 染色質 - 染色質はタンパク質とDNAから構成されていて、DNAはタンパク質に巻かれている。DNAは細胞と細胞から出来てる生物の遺伝情報を持っている。
  • 核膜 - 二重膜であり、外側の層が小胞体につながっている。
  • 核膜孔 - 核膜孔を通じて、物質は細胞質と核へ移動します。
  • タンパク質骨格
  • ヒストンタンパク質
  • DNA - DNAは細胞の遺伝物質。この分子は細胞と細胞から出来ている生物の遺伝的特徴を決定する。
  • 核膜孔を形成するタンパク質 - 核膜孔を形成します。核膜孔を通じて、物質は細胞質と核へ移動する。
  • 外側の脂質膜 - 小胞体につながっている。
  • 内側の脂質膜
  • 粗面小胞体 - この表面にあるリボソームがタンパク質の分子を合成する。
  • 滑面小胞体 - 脂質の合成と解毒を行う。有害な物質がここで分解される。
  • リボソーム - 核内のDNAから転写されたmRNAをリボソームが読み取り、タンパク質を合成する。膜結合型リボソームは粗面小胞体にあり、細胞外で使われるタンパク質と細胞膜を構成するタンパク質を合成している。遊離型リボソームは細胞質にあり、細胞内で使われるタンパク質を合成している。
  • 核膜 - 二重膜であり、外側の層が小胞体につながっている。
  • シス面 - 細胞核に近いゴルジ体の部分。
  • トランス面 - 細胞核から遠いゴルジ体の部分。タンパク質がトランス面に輸送されている間に、タンパク質はプロセシングされる。ゴルジ体はまた、タンパク質の行き先も決定します。小胞によって、タンパク質はシス面からトランス面へ輸送される。
  • リン脂質分子 - これは脂質分子の一つであり、その頭部はグリセロールとリン酸から構成され、尾部は二つの脂肪酸から構成されている。頭部は極性で、尾部は無極性であるから、リン脂質分子は両親媒性であり二重層を形成しやすいです。リン脂質は一つの層の中で自由に動けるが、他の層へ移動しにくいので、脂質膜は二次元の液体と言われている。
  • 膜のタンパク質 - あるタンパク質は膜を貫通するチャンネルを形成し、またあるタンパク質は膜の両側の間で化学信号を伝達している。
  • 外膜
  • 内膜
  • グラナ - グラナはチラコイドが積み重なってできた膜状構造。
  • チラコイド - 内膜が陥入して形成されたもの。光合成において必要なタンパク質複合体を含んでいる。
  • 外膜
  • 内膜 - 異化とATP合成において重要なタンパク質を含んでいる。

ナレーション

真核細胞の二つの重要な種類は動物細胞と植物細胞です。組織で形成される植物器官(例えば葉)からできています。器官は組織から構成されていて、組織は同じ構造と機能の細胞から構成されています。このアニメーションは葉肉の細胞を紹介します。このような細胞は一般的にの中にあり、光合成をします。

真正後生動物は器官と組織からできた動物のことです。私たち人間もここに含まれています。このアニメーションは人間の肝臓の細胞を紹介します。

一般的な植物細胞と動物細胞を比較すると、数多くの似てる特徴と異なる特徴があります。両方の細胞には小胞体という膜系とゴルジ体もあります。その上、細胞骨格もあり、細胞膜に囲まれた細胞質があります。一般的に植物細胞には細胞液が入ってる液胞と光合成をしている葉緑体があります。植物細胞の細胞膜はセルロースから出来た細胞壁に囲まれています。

核膜に囲まれいて、リボソームを合成する核小体があります。核は主にクロマチンから出来ています。

クロマチンはヒストンタンパク質に巻かれたDNAから構成されています。DNAはタンパク質をコードしていて、細胞と体全体の特徴を決定します。

核膜は二重脂質膜であり、膜にタンパク質から出来た核膜孔があります。核膜孔を通じて、物質は細胞質と核へ移動します。

核膜の外膜は小胞体につながっています。粗面小胞体は核の近くにあります。この表面にはリボソームがあり、核内のDNAから転写されたmRNAをリボソームが読み取り、タンパク質を合成します。滑面小胞体脂質の合成解毒を行います。有害な物質がここで分解されます。

粗面小胞体にあるリボソームから合成されたタンパク質はゴルジ体で加工と配送されます。またゴルジ体はタンパク質の行き先を決定します。小胞によって、タンパク質はシス面からトランス面へ輸送されます。

細胞膜リン脂質分子から構成されています。リン脂質分子の頭部は極性で親水性であり、尾部は無極性で疎水性です。

疎水性の部分はお互い向き合い、水を避けるように並び、二重層になっています。
リン脂質は一つの層の中で自由に動けるが、他の層へ移動しにくいので、脂質膜は二次元の液体と言われています。細胞膜にある膜タンパク質はいくつかの機能があります。例えばチャンネルや化学信号を受け取る受容体です。

葉緑体は植物細胞で光合成をする重要な器官です。葉緑体は二重膜に囲まれていて、膜の陥入でチラコイドが出来ています。チラコイドは光合成において必要なタンパク質複合体を含んでいます。グラナはチラコイドが積み重なってできた膜状構造です。

ミトコンドリアは動物細胞と植物細胞にあります。細胞の発電所とよく言われています。それは有機物の分子を分解して、多量のATPを作ります。ATPは細胞の中心的なエネルギー分子です。

生物は細胞の構成によって特徴づけられます。細胞は生物の最小単位であり、構成単位です。細胞小器官それ自体は生物ではないが、細胞は生命活動に携わっています。

関連のエクストラ

アメーバ・プロテウス

世界中に広く分布されており、常に変容する従属栄養性の、単細胞生物です。

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

体を構成する各生物学的組織構造

アニメーションは生物を構成する個体レベルから細胞レベルまでの階層構造を紹介します。

ゾウリムシ

淡水に生息していて繊毛があり、真核性の単細胞生物です。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

遺伝物質の構成

直径、わずか数マイクロメーターの大きさしかない核をもつ真核細胞には、約2メートルほどの長さで、かつ何重もののコイル状となってい...

ミドリムシ (Euglena viridis)

淡水に生息している単細胞真核生物であり、独立栄養と従属栄養で生息しています。

減数分裂

ヒトの配偶子は減数分裂により二倍体細胞から形成された半数体細胞です。

植物の栄養器官

これらの器官は植物が生きるためや成長に必要です。

有糸分裂

有糸分裂は、真核細胞が二つに分かれ、染色体数は変化しません。

タンパク質の構造

ポリペプチド鎖の構造と配列はタンパク質の空間構造に影響します。

DNA

細胞の遺伝情報が含まれています。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

クロロフィル

クロロフィルは植物の葉緑素であり、光合成において重要な役割を果たしています。

細菌 (上級)

細菌は細胞核がなく、大きさが数マイクロメーターの単細胞生物です。

禾穀類

イネ科に属する禾穀類は食用となる種子のために栽培されている。

光合成

植物は無機物質(二酸化炭素と水)から有機物質である糖を合成することができます。

オイル分子

不胞和脂肪酸を含んでいるトリグリセリドは室温で液体です。

結合組織

結合組織には疎性結合組織、密性結合組織、脂肪組織、血液組織、腱組織、骨組織が含まれています。

アニメーションは典型的な花の構造を表示します。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

種子と発芽

双子葉植物には子葉が二つあり、単子葉植物には子葉が一つあります。

筋肉組織

人間の体には平滑筋、横紋筋、心筋の三種類の筋肉があります。

脂肪分子

グリセリン分子と3個の飽和脂肪酸が結合すると、脂肪分子が形成されます。

セルロース( C₆H₁₀O₅)n

植物の細胞壁と繊維を構成します。

食用キノコと毒キノコの比較

ある種のキノコは人間にとって致命的でかつ毒があり、また他の種は食用で、広く調理されています。

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すために感染させた細胞を再プログラム...

Added to your cart.