ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

視覚芸術

キーワード

ライフスタイル, 決済, 文化, ポリネシア人, 島, 太平洋, 船舶, ポリネシア, サモア, 15世紀, 中世, 建築, 住居, 家族, 熱帯気候

関連のエクストラ

質問

  • サモアはどの海洋に位置していますか。
  • サモアはどの地域に属していますか。
  • サモアは複数の島々からなる国であるというのは本当ですか。
  • サモアにはどの植物は存在していませんか。
  • どの建物の平面図は典型的に円形ですか。
  • サモアの住宅の建築にはどの素材が一般的に使われていませんでしたか。
  • 伝統的なサモアの住宅の構造が大きく異なっていたというのは本当ですか。
  • 土地の入り口に最も近く位置していた建物はどれでしたか。
  • 土地の入り口に最も離れて位置していた建物はどれでしたか。
  • 一般的に、伝統的なサモアの家(fale)の骨組みをつなぐ素材がどのくらい必要でしたか。
  • 一般的に、伝統的なサモアの家(fale)の骨組みをつなぐ素材として何が使われていましたか。
  • どの動物はサモアが原産地ではありませんか。
  • どの建造物は核家族の住宅でしたか。
  • 以下の中で、伝統的なサモアの住宅は何がありませんでしたか。
  • 「家」はサモアの言葉で何と言いますか。

シーン

関連のエクストラ

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

モアイ像 (イースター島、16世紀)

太平洋に位置する小さな島は巨大な像で有名になりました。

ベドウィンのキャンプ

ベドウィンの半遊牧生活は、砂漠の気候や環境条件に適合していました。

アメリカ先住民の集落(クロウ族)

アメリカ先住民であるクロウ族はイエローストーン川の谷に居住しました。

エスキモーの伝統的な生活様式

北極帯に生きているエスキモーの伝統的な居住はイグルーと呼ばれています。

アフリカの村(スーダン)

自然の環境に馴染んでいるアフリカの村はその地方に生活している種族の文化を表しています。

ヴァイキングの集落 (10世紀)

北の民族であるヴァイキング人の集落はスカンディナヴィアのみではなく、離れている場所にも建築されました。

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

Added to your cart.