地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

地理

キーワード

地球史, 大陸の位置, 大陸のドリフト, パンタラッサ, パンゲア大陸, ローラシア大陸, ゴンドワナ, 地質時代, Kambrium, シルル紀, デボン紀, 石炭紀, Perm, 火山活動, 進化, 大陸, 地球, 岩石圏, マグマ, 自然地理学, 地理

関連のエクストラ

シーン

地球史

46億年前
地球の冷却によって地殻は固定され、地球の表面を全体的に覆うようになりました。固定化した物質から放出されるガス(水素と希ガス)で原始大気が形成されました。これらの軽いガスは惑星間空間に蒸散されました。
一時的に大気がなくなった惑星の表面に多くの隕石が衝突し、クレーターが形成されなした。衝突された場所の周囲に地殻は溶解し、火山活動が開始しました。

36億年前
火山活動で放出されるガス(水蒸気、二酸化炭素、二酸化硫黄、窒素、塩素、アンモニア、メタン等)から地球の二次大気が形成されました。内力が働き始めました。大気温度が下がることによって水蒸気が凝縮し、が形成されました。マントルで上昇するマグマ流で地殻が割れて、プレートの移動が始まりました。

30億年前
最初の造山運動の時代。

23億年前
第二造山運動の時代であり、大山塊が形成されました。

カンブリア紀
ゴンドワナ大陸は南半球に位置しました。北の方に位置する大陸は三つの部分(バルティカ大陸、ローレンシア大陸とシベリア大陸)に分裂されました。

シルル紀
カレドニア造山運動の時代であり、バリティカ大陸とローレンシア大陸は一つの大陸を形成するようになりました。

デボン紀
土壌圏の形成。

石炭紀
バリスカン造山運動は二段階で行われた:バルティカ大陸とローレンシア大陸はシベリア大陸に繋がり、ローラシア大陸が形成されました。ローラシア大陸とゴンドワナ大陸が衝突することによってパンゲア大陸が誕生しました。パンゲアは広大な世界洋であるパンサラッサに囲まれていました。

ジュラ紀
パンゲア大陸の分裂大西洋の開きの開始、環太平洋火山帯アルプス・ヒマラヤ造山帯の形成の開始が行いました。

第三紀
環太平洋火山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯の形成の時代。

第四紀
更新世は氷河作用が行った主な時期であり、最も重要な表面を成形する力だったのは氷床と氷河の破壊力と構成活動でした。

完新世
最も重要な表面を成形する力だったのは人類でした。

用語解説:

原始大気:地球の周りに形成された初めての大気であり、固定される地殻から放出されたガス(水素とヘリウム)から構成されました。

原始海洋:先史時代で、原始大気の冷却によって広くて隣接する水域が形成されました。高湿の大気に発生した激しい大雨で水で満たされました。

原始大陸:隣接する巨大大陸(パンゲア大陸)は二畳紀で形成され、原始海洋(パンタラッサ)で囲まれていました。

大陸:大きくて、隣接する土地は海洋に囲まれ、大山塊があります。

海盆:海洋地殻の一部であり、海底地形である広い堆積盆地です。地殻運動である海洋底拡大によって形成され、玄武岩質物質は海嶺の方に進むと若くなります。

円筒図法

46億年前
地球の冷却によって地殻は固定され、地球の表面を全体的に覆うようになりました。固定化した物質から放出されるガス(水素と希ガス)で原始大気が形成されました。これらの軽いガスは惑星間空間に蒸散されました。
一時的に大気がなくなった惑星の表面に多くの隕石が衝突し、クレーターが形成されなした。衝突された場所の周囲に地殻は溶解し、火山活動が開始しました。

36億年前
火山活動で放出されるガス(水蒸気、二酸化炭素、二酸化硫黄、窒素、塩素、アンモニア、メタン等)から地球の二次大気が形成されました。内力が働き始めました。大気温度が下がることによって水蒸気が凝縮し、が形成されました。マントルで上昇するマグマ流で地殻が割れて、プレートの移動が始まりました。

30億年前
最初の造山運動の時代。

23億年前
第二造山運動の時代であり、大山塊が形成されました。

カンブリア紀
ゴンドワナ大陸は南半球に位置しました。北の方に位置する大陸は三つの部分(バルティカ大陸、ローレンシア大陸とシベリア大陸)に分裂されました。

シルル紀
カレドニア造山運動の時代であり、バリティカ大陸とローレンシア大陸は一つの大陸を形成するようになりました。

デボン紀
土壌圏の形成。

石炭紀
バリスカン造山運動は二段階で行われた:バルティカ大陸とローレンシア大陸はシベリア大陸に繋がり、ローラシア大陸が形成されました。ローラシア大陸とゴンドワナ大陸が衝突することによってパンゲア大陸が誕生しました。パンゲアは広大な世界洋であるパンサラッサに囲まれていました。

ジュラ紀
パンゲア大陸の分裂大西洋の開きの開始、環太平洋火山帯アルプス・ヒマラヤ造山帯の形成の開始が行いました。

第三紀
環太平洋火山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯の形成の時代。

第四紀
更新世は氷河作用が行った主な時期であり、最も重要な表面を成形する力だったのは氷床と氷河の破壊力と構成活動でした。

完新世
最も重要な表面を成形する力だったのは人類でした。

用語解説:

原始大気:地球の周りに形成された初めての大気であり、固定される地殻から放出されたガス(水素とヘリウム)から構成されました。

原始海洋:先史時代で、原始大気の冷却によって広くて隣接する水域が形成されました。高湿の大気に発生した激しい大雨で水で満たされました。

原始大陸:隣接する巨大大陸(パンゲア大陸)は二畳紀で形成され、原始海洋(パンタラッサ)で囲まれていました。

大陸:大きくて、隣接する土地は海洋に囲まれ、大山塊があります。

海盆:海洋地殻の一部であり、海底地形である広い堆積盆地です。地殻運動である海洋底拡大によって形成され、玄武岩質物質は海嶺の方に進むと若くなります。

ナレーション

地球は46億年前誕生したと思われ、その時地球の個体の地殻が形成されました。マントルでのマグマ流によって地殻が分裂され、このように形成されたプレートが移動するようになりました。地球史上、プレートと一緒に移動した大陸の配置と形も常に変わりました。

地球史様々な時代は人類の歴史の時代に似ている名前で分類されています。人類の歴史の時代と区別できるように、地球史の代は始生代、原生代、古生代、中生代、新生代と呼ばれています。これらの代は様々なに分かれて、紀はに、世はに区分されています。

各時代の終わりと始まりは地質学的と古生物学的な出来事によって示されます。
例えば、古生代の終わりとは巨大大陸パンゲアの分裂とペルム紀の生物の絶滅が述べられています。

中生代の終わりには恐竜を含めて75%の生物種が絶滅されました。

各代には新しい生物種の出現と大きな造山運動が行いました。カレドニア山地バリスカン山地節足動物甲冑魚の全盛期である古生代で形成されました。

恐竜の全盛期である中生代で、環太平洋火山帯とアルプス・ヒマラヤ造山帯が形成されました。これらの山地の形成のピークは新生代の第三紀でした。この時は哺乳類が分布されるようになりました。新生代の第四紀には氷河時代があり、その結果として現在の植物相と動物相ができました。

関連のエクストラ

アフリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アフリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

再生可能エネルギー

誰が太陽電池式電卓や風車に精通しているのではないでしょうか?地球上で再生可能エネルギーの最も普...

世界の国々

三つの難易度があるゲームで、世界の国の地理的な位置、首都と旗が勉強できます。

海洋と湾

アニメーションは一番重要な海洋と湾を紹介します。

地理座標系 (基礎)

地球座標系を使って、地球上のどんな場所でも二つの座標点で規定できます。

冥王星-カロン系

カロンは冥王星の最大な衛星です。

オーストリアの行政区分

このアニメーションはオーストリアの行政区分を示しています。

興味深い地理事実–自然地理学

このアニメーションは、物理的な地域に関して複数の興味深い事実を紹介します。

Added to your cart.