地震

地震

地震は地球の最も破壊力がある自然現象の一つです。

地理

キーワード

地震, プレートテクトニクス, 地震計, 震源地, 卑しい, 地球の地殻, 構造プレート, 耐震工事, 火山活動, 波, 津波, 自然地理学, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 地震は地球のどの部分に最も多く発生しますか。
  • 最も強い地震がどのようなプレートの縁に発生しますか。
  • 地震に関してどの文章が正しくないですか。
  • 何キロメートルの深さまでが震源が浅いといいますか。
  • 震央は何ですか。
  • 震源は何ですか。
  • 地震の深さは何ですか。
  • 地震により発生するエネルギーはどのような形で伝われますか。
  • 以下の中で、どれが実体波ではありませんか。
  • 以下の中で、どれが表面波ではありませんか。
  • 地震計は何ですか。
  • 耐震性が高い建築で、以下の中でどの要因が重要ではありませんか。
  • どの材料からできた建物は最も耐震性が高いですか。
  • 地震の多くはプレートの縁に発生しないのは本当ですか。
  • 震源が浅い地震は分岐するプレートの縁に発生するのは本当ですか。
  • 前震の揺れで本震の振動の強さが予測できるのは本当ですか。
  • P波は装置に早く検知されるのは本当ですか。
  • 地球上に最も大きな破壊力があるのは実体波であるのは本当ですか。
  • リヒタースケールは機械的測定に基づいてできたのは本当ですか。
  • メルカリ震度階級は地震に起こされた被害の大きさを示すのが本当ですか。

シーン

地震とプレートテクトニクス

  • アフリカプレート
  • ユーラシアプレート
  • アラビアプレート
  • インドプレート
  • 北米プレート
  • 南米プレート
  • 太平洋プレート
  • カリブ海プレート
  • ココスプレート
  • ナスカプレート
  • 南極プレート
  • オーストラリアプレート
  • フィリピンプレート

地震は地殻の短期間続く弾性運動です。地震は地滑りなどによって地表面に発生する場合もあり、地表面の下に発生する場合もあります。

地震の多くは太平洋沿岸に発生します。地中海インドネシア群島の間の地域と海嶺も地震活動が激しい場所です。地震も火山のように発生する場所はランダムに分布しているわけではありません。

地震の最も一般的な種類は構造地震であり、プレートの地殻運動によって発生します。これらはプレートの境界にそっておきます。

過去30年に起きた大きな地震

  • アメリカ合衆国 M7.9 1987年11月30日 M7.8 1988年3月6日
  • カナダ M6.2 2015年4月24日
  • アメリカ合衆国 M6 2014年8月24日
  • メキシコ M8 1985年9月19日
  • エルサルバドル M5.5 1986年10月10日
  • ハイチ M7 2010年1月12日
  • エクアドル M7 1987年3月6日 M7.8 2016年4月16日
  • コロンビア M6.2 2015年3月10日
  • ペルー M6.9 2015年2月11日
  • チリ M6.1 2015年2月11日
  • アルゼンチン M6.7 2015年2月11日
  • チリ M6.2 2007年4月21日
  • アルジェリア M7.7 1980年10月10日
  • アルジェリア M6.8 2003年5月21日
  • ニュージーランド M6.0 2015年5月4日
  • パプアニューギニア M7 1998年7月17日
  • トルコ M7.6 1999年8月17日
  • イタリア M6.5 1980年11月23日
  • イタリア M6.0 2002年9月6日
  • アルメニア M6.8 1988年12月7日
  • イラン M7.3 1997年5月10日
  • イラン M7.3 1981年7月28日 M6.9 1981年6月11日
  • アフガニスタン M6.6 1998年5月30日 M6.1 2002年3月25日
  • インド M7.6 2001年1月26日
  • インド M7 1991年10月19日
  • ネパール M6.8 1988年8月20日 M7.8 2015年4月25日
  • 中国 M6.9 2010年4月13日
  • 中国 M6.8 1981年1月24日
  • 中国 M7.9 2008年5月12日
  • 中国 M7.8 1976年7月27日
  • ロシア M7.5 1995年5月27日
  • ロシア M7.6 2006年4月20日
  • 日本 M9 2011年3月11日
  • 日本 M7.1 2013年10月25日
  • 日本 M6.9 1995年1月16日
  • 台湾 M7.6 1999年9月20日 M6.4 2016年2月5日
  • フィリピン M7.7 1990年7月16日
  • フィリピン M7.2 2013年10月15日
  • インドネシア M9.1 2004年12月26日 M8.6 2005年3月28日
  • インドネシア M7.5 2009年9月30日
  • インドネシア M6.3 2006年5月26日
  • インドネシア M7.5 1992年12月12日

地震が震源の深さによって浅い、中程度と深いという三つの種類に分けられます。70キロメートル以下の深さまで震源が浅いといいます。震源の深さが70キロメートルから300キロメートルまでの地震は中程度であり、300キロメートル以上震源が深いと言われます。

海嶺などのような分岐するプレートの縁に発生する地震は震源が浅くて比較的に震度が弱いです。衝突するプレートの縁では震源が浅いだけではなく、中程度や深い震源の地震もおきます。

最も震度が強い地震は二つの衝突するプレートで発生します。震源が海の中にある場合は、津波が発生する可能性もあります。津波は大きな波で強大な破壊力を有します。

地震が一般的に複数の地震波を意味しています。最も大きなエネルギーが本震で放出されます。本震の前に複数の弱い前震があります。前震、本震と余震が地震が終わってから分類できます。

地震の発生

  • 震央 - 震源真上の地点です。
  • 震源 - 地震の発生した永久的な変化が起こる地下の場所です。
  • 震源の深さ - 震源と震央の距離です。
  • 地震波

地殻の変動による地震は衝突するプレートの運動により集中される張力が岩石の弾性と変動能力を超えるときに発生します。張力は曲げた棒が割れるように放出されて、としてすべての方向に伝われます。

地震の発生により永久的な変動が起こる場所が震源といいます。震源の真上の地点は震央と呼ばれています。この地点での震度と破壊力が最も強いです。震央と震源の距離は震源の深さを示します。

地震波

  • P波 - 地下に進行する実体波です。縦波であり、伝わっていくと密な部分と疎な部分ができます。この波が伝わる速さは横波の二倍なので、計測器に検知されやすいです。
  • S波 - 地下に進行する実体波です。横波であり、粒子は伝わっていく進行方向に対して直角に運動します。この波が伝わる速さは縦波の半分であるので、計測器に遅く検知されます。
  • ラブ波 - 地面を伝わる表面波です。縦波と水平方向横波の干渉により生じます。粒子は波が進行方向に対して垂直に、水平に振動します。粒子の運動の振幅は実体波より大きいですが、わずかな深さで振幅が小さくなります。伝わる速さが他の種類の表面波より大きいです。
  • レイリー波 - 地面を伝わる表面波です。縦波と垂直方向横波の干渉により生じます。粒子は波が進行方向と同じようにに、平面に対して直角に振動します。粒子の運動の振幅は実体波より大きいですが、わずかな深さで振幅が小さくなります。表面波の中で、この波の速さが一番小さいです。
  • 実体波
  • 表面波

震源に放出されるエネルギーがとして進行します。これらの波は地球の深い層を通じて、すべての方向に伝わります。この種類の波は実体波といいます。実体波は縦波と横波の二つの種類に分けられます。縦波と横波という呼び方は粒子の動きに基づいて由来します。

縦波の進行により岩石に密な部分と疎な部分ができて、疎密の変化が伝わっています。横波は二つの種類に分けられます:片方の場合は粒子の運動は水平であり、他方の場合は粒子が波の進行方向に対して直角に、垂直面に運動します。

縦波の速さは横波より速く、計測器にはじめに検知されます。この種類の波は第一波またはP波と呼ばれています。横波は第二波またはS波と呼ばれています。

地球の表面に伝わる表面波P波とS波の干渉によって発生します。P波と縦に伝わるS波の干渉でレイリー波が発生し、P波と横に伝わるS波の干渉でラブ波が生じます。ラブ波とレイリー波は初めて証明した科学者たちによって名づけられました。表面波の伝わる速さは小さいですが、振幅が実体波より大きいです。地震による災害も表面波によって引き起こされます。

地震の測定

  • 地震計
  • 描針
  • 震動記録 - 地震計によりゆれを記録するために描かれる図です。
  • つるまきばねとおもり

地球上で一日数千回地震が発生します。これらの多くは弱すぎて計測器にしか探知できません。この機械は地震計といい、地震波による震度を記録します。

地震計は地面に固定さっれた台の上に回転ドラムに巻かれた紙があります。フレームにつるまきばねでおもりが付けられて、おもりにある描針で巻かれた紙の表面に揺れが記録されます。地震の時、回転ドラムが地面と同時に揺れますが、おもり慣性で変動しません。このように、描針で揺れの強さが記録されます。各地震観測所で最低三つの地震計が置かれて、三つの方向の揺れを記録します。一つの地震計は縦の揺れを記録し、二つが南北方向東西方向のゆれの横波を描きます。

震央の場所はP波とS波の到着時間の違いで計算されます。震央地が分かった後、地震観測所の周りをを描きます。震央を特定するために三つの地震観測所のデータを比較します。三つの円形の交差点が震央になります。

震度の強さを特定するためにメルカリ震度階級(MM)が使われています。メルカリ震度によって地震の破壊力は地域ごとに12級まで分類されます。メルカリスケールは機械での観測ではなく、経験に基づいて使用されています。このスケールで何百年前の地震も破壊力によって分類できます。震度と破壊力の大きさは直線相関で繋がっていません。地震の被害度は岩石の種類、人口密度と建築によります。

リヒタースケール機械的測定に基づいています。地震で放出されるエネルギー、いわゆる地震の規模地震計で記録されます。リヒタースケールは地震の規模を示します。各級は前の級のエネルギーの32倍の増加を表すようになります。リヒタースケールの数値は地震による地上の影響度とは関係はありません。

地震の対策

  • 耐震性がある建物 - - シンプルな間取り図 - 重心が小さい - 窓が小さい
  • 耐震性が無い建物 - - 不規則な間取り図 - 重心が大きい - 窓が大きい
  • 耐震性がある建物 - - コンクリートでできた頑丈な厚板 -筋交い
  • 耐震性が無い建物 - - 梁でできた平板 - 筋交いがない
  • 耐震性がある建物
  • 耐震性が無い建物
  • 骨組みが軽い建物 - 骨組みが軽い建物が木や鋼鉄のような軟質材料からできているので、曲がる事が可能です。
  • 石造建築物 - 石造建物がれんがやコンクリートのような弾力がない材料からできているので、より大きな力を与えると曲げないで倒壊されます。
  • 耐震性がある建物
  • 耐震性が無い建物
  • 建物と基礎の間にある 免震構造 - 建物に伝わる地震波を抑えるために建物と基礎の間に、鋼鉄やゴムからできている免震構造が作られています。
  • 基礎と建物が つながっている - 地球の揺れは直接建物に伝わるので、被害が出ます。
  • 免震のための 釣合い重り - 高層ビルの場合は振り子のように機能する重量な釣合い重りが建物の一番上に作りつけられています。地震により建物の上部が揺れ動くと、慣性の影響で釣合い重りが反対の方向に引き戻すように働きます。

現在は地震が多く発生する地帯と地震の特徴がよく知られていますが、地震の強さと発生時を予測できません。地震に対する最も安全な対策なのは建物の耐震性を高める建築方法です。建物の耐震性はデザイン建築材料免震構造が重要になっています。

耐震性が高い建物の間取り図はシンプルで、重心が小さく窓が比較的に小さいです。コンクリートでできた頑丈な厚板も重要な役目を果たしています。建築材料としては弾性力を持つ木や鋼鉄などからできた軽い建物が柔軟性があるため耐震性が高いと言われています。建物と基礎の間に作られた免震構造と揺れの釣合い重りが高層ビルの耐震性を高めます。

アニメーション

  • アフリカプレート
  • ユーラシアプレート
  • アラビアプレート
  • インドプレート
  • 北米プレート
  • 南米プレート
  • 太平洋プレート
  • カリブ海プレート
  • ココスプレート
  • ナスカプレート
  • 南極プレート
  • オーストラリアプレート
  • フィリピンプレート
  • 震央 - 震源真上の地点です。
  • 震源 - 地震の発生した永久的な変化が起こる地下の場所です。
  • 震源の深さ - 震源と震央の距離です。
  • 地震波
  • P波 - 地下に進行する実体波です。縦波であり、伝わっていくと密な部分と疎な部分ができます。この波が伝わる速さは横波の二倍なので、計測器に検知されやすいです。
  • S波 - 地下に進行する実体波です。横波であり、粒子は伝わっていく進行方向に対して直角に運動します。この波が伝わる速さは縦波の半分であるので、計測器に遅く検知されます。
  • ラブ波 - 地面を伝わる表面波です。縦波と水平方向横波の干渉により生じます。粒子は波が進行方向に対して垂直に、水平に振動します。粒子の運動の振幅は実体波より大きいですが、わずかな深さで振幅が小さくなります。伝わる速さが他の種類の表面波より大きいです。
  • レイリー波 - 地面を伝わる表面波です。縦波と垂直方向横波の干渉により生じます。粒子は波が進行方向と同じようにに、平面に対して直角に振動します。粒子の運動の振幅は実体波より大きいですが、わずかな深さで振幅が小さくなります。表面波の中で、この波の速さが一番小さいです。
  • 実体波
  • 表面波
  • 地震計
  • 描針
  • 震動記録 - 地震計によりゆれを記録するために描かれる図です。
  • つるまきばねとおもり
  • 耐震性がある建物 - - シンプルな間取り図 - 重心が小さい - 窓が小さい
  • 耐震性が無い建物 - - 不規則な間取り図 - 重心が大きい - 窓が大きい
  • 耐震性がある建物 - - コンクリートでできた頑丈な厚板 -筋交い
  • 耐震性が無い建物 - - 梁でできた平板 - 筋交いがない
  • 耐震性がある建物
  • 耐震性が無い建物
  • 骨組みが軽い建物 - 骨組みが軽い建物が木や鋼鉄のような軟質材料からできているので、曲がる事が可能です。
  • 石造建築物 - 石造建物がれんがやコンクリートのような弾力がない材料からできているので、より大きな力を与えると曲げないで倒壊されます。
  • 耐震性がある建物
  • 耐震性が無い建物
  • 建物と基礎の間にある 免震構造 - 建物に伝わる地震波を抑えるために建物と基礎の間に、鋼鉄やゴムからできている免震構造が作られています。
  • 基礎と建物が つながっている - 地球の揺れは直接建物に伝わるので、被害が出ます。
  • 免震のための 釣合い重り - 高層ビルの場合は振り子のように機能する重量な釣合い重りが建物の一番上に作りつけられています。地震により建物の上部が揺れ動くと、慣性の影響で釣合い重りが反対の方向に引き戻すように働きます。
  • 建築設計
  • 建物の耐震性
  • 建築材料
  • 免震構造

ナレーション

地震は地殻の短期間続く弾性運動です。地震の最も一般的な種類は構造地震であり、プレートの地殻運動によって発生します。これらはプレートの境界にそっておきます。最も震度が強い地震は二つの衝突するプレートで発生します。

地殻の変動による地震は衝突するプレートの運動により集中される張力が岩石の弾性と変動能力を超えるときに発生します。張力は曲げた棒が割れるように放出されて、としてすべての方向に伝われます。

地震の発生により永久的な変動が起こる場所が震源といいます。震源の真上の地点は震央と呼ばれています。この地点での震度と破壊力が最も強いです。震央と震源の距離は震源の深さを示します。

震源に放出されるエネルギーがとして進行します。これらの波は地球の深い層を通じて、すべての方向に伝わります。

実体波は縦波と横波の二つの種類に分けられます。縦波と横波という呼び方は粒子の動きに基づいて由来します。

縦波の速さは横波より速く、計測器にはじめに検知されます。この種類の波は第一波またはP波と呼ばれています。横波は第二波またはS波と呼ばれています。

地球の表面に伝わる表面波P波とS波の干渉によって発生します。表面波の伝わる速さは小さいですが、振幅が実体波より大きいです。地震による災害も表面波によって引き起こされます。

地球上で一日数千回地震が発生します。これらの多くは弱すぎて計測器にしか探知できません。この機械は地震計といい、地震波による震度を記録します。

地震計は地面に固定さっれた台の上に回転ドラムに巻かれた紙があります。フレームにつるまきばねでおもりが付けられて、おもりにある描針で巻かれた紙の表面に揺れが記録されます。

震度の強さを特定するためにメルカリ震度階級(MM)が使われています。メルカリ震度によって地震の破壊力は地域ごとに12級まで分類されます。

リヒタースケール機械的測定に基づいています。地震で放出されるエネルギー、いわゆる地震の規模地震計で記録されます。リヒタースケールは地震の規模を示します。各級は前の級のエネルギーの32倍の増加を表すようになります。

現在は地震が多く発生する地帯と地震の特徴がよく知られていますが、地震の強さと発生時を予測できません。地震に対する最も安全な対策なのは建物の耐震性を高める建築方法です。建物の耐震性はデザイン建築材料免震構造が重要になっています。

関連のエクストラ

火山活動

このアニメーションは火山噴火の様々なタイプを紹介します。

津波

津波は強大な破壊力がある高波です。

プレート

プレートは互いに対して移動したりします。

ドップラー効果

近づいている音源の方が高くて、遠ざけている音源の方が音が低いという現象です。

竜巻

寿命が短い割に、猛烈な風を伴う竜巻は大きな被害を起こすこともあります。

地球の地形

このアニメーションは地球の大きな山脈、平野、川、湖と砂漠を紹介します。

音波の特徴

アニメーションでは、音波を通して、波の最も重要な特徴を説明します。

ホットスポット

ホットスポットは地殻の領域であり、そこでマグマは表面に上昇し、火山活動を引き起こします。

波の種類

波は生活の様々な分野で異常に重要な役割を果たしています。

深海熱水噴出孔

熱水噴出孔とは、地熱によって加熱された水が噴出する地球の表面にある裂罅です。

間欠泉

間欠泉は定期的に水蒸気と熱湯を噴出する温泉です。

褶曲(標準)

側面の圧力の影響で地層は褶曲します。このようにして、褶曲山脈が形成されます。

成層火山の形成

成層火山とは火山灰、岩れき、溶岩が積み重なり形成された火山です。

海底の地図

海底では、構造プレートの境界がよく見えます。

地球の構造 (中級)

地球は複数の球状層から構成されています。

地質学的タイムスケールにおける大陸漂移

地球の歴史の間、地球の大陸は常に動いています。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

褶曲作用(上級)

側面圧縮力の影響で地層は褶曲されます。このようにして、褶曲山脈が形成されます。

断層運動 (標準)

岩層は垂直の力により断層地塊に割れ、断層面に沿って垂直に動きます。

Added to your cart.