地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

地理学的な発見 (15世紀‐17世紀)

近代始めにおける名高い地理学的発見は地図の再描画だけではなく、様々な影響もありました。

歴史

キーワード

発見, クリストファー・コロンブス, バルトロメウ・ディアス, バスコ・ダ・ガマ, アメリゴ・ヴェスプッチ, フェルディナンドマゼラン, ジャックカルティエ, ウィレム・バレンツ, アベルタスマン, フランシス・ドレイク, ヘンリー・ハドソン, 地球, 新世界, コンパス, アストロラーベ, 運送, 船舶, 太平洋, 良い希望, 北西の通路, 極域, 海岸, アメリカ, インド, アフリカ, タスマニア, ニュー・ジーランド, オーストラリア, ポルトガル語, スペイン語, イタリア語

関連のエクストラ

シーン

地球

バルトロメウ ディアス

クリストファー・ コロンブス

ヴァスコ・ ダ・ガマ

アメリゴ・ ヴェスプッチ

フェルディナンド・ マゼラン

ジャック・ カルティエ

フランシス・ ドレーク

ウィレム・ バレンツ

ヘンリー・ ハドソン

アベル・ タスマン

アニメーション

ナレーション

ポルトガルの航海者であるバルトロメウ・ディアス1487年に、ポルトガルの王に要望により出航しまた。航海の目的はインド洋への海路の発見とアフリカ大陸の最南端へ到達することでした。その航海は同年に成功し、喜望峰に到達しました。この時代では喜望峰が二つの大洋の合流地点だと考えれていました。

イタリア出身クリストファー・コロンブススペイン王に支援されて、1492年にスペインから出航しました。彼の目的は西の海路でのインドへの到達でした。彼の冒険的な探検は目指していた目的を果たせなかったが、ヨーロッパで知られていないアメリカ大陸の発見で特に重要でした。

ポルトガル出身ヴァスコ・ダ・ガマ1497年にインドへ出発しました。数十年前の探検家の航海に基づいて、アフリカを経てインドへ航海する目的がありました。一年後、1498年に目的を果たしました。このように、エンリケ航海王子の夢を叶えました。

1500年ごろ、イタリアの探検家であるアメリゴ・ヴェスプッチはコロンブスによって発見された新大陸へ数回の航海を行った。彼の目的は新世界と呼ばれた新大陸の海岸の地図を作ることでした。ヴェスプッチは新大陸発見の第一人者だと主張したため、大陸はコロンブスにではなく、彼にちなんで名づけられた。

ポルトガルの探検家、フェルディナンド・マゼランの艦隊は1517年に出発しました。彼の目的はアメリカ横断あるいは迂回する海路の発見と東から香料諸島への到達でした。その探検は成功しました。彼にちなんで名づけられた海峡を通じて、大西洋から太平洋へ導く海路の第一人者です。艦長はフィリピン諸島で死亡しましたが、彼の船の一隻が1522年にヨーロッパへ帰還しました。この船の乗員たちが世界初の地球一周を果たした人たちです。

フランスの探検家、ジャック・カルティエ北米、現在のカナダで1524年始めに数回の探検をしました。彼は大西洋と太平洋を繋ぐ北西航路を見つける目的がありました。彼はセントローレンス河とその周辺の地図を作り、アメリカ大陸における初めてのフランス植民地を建設しました。

イングランドの航海者であるフランシス・ドレークはエリザベス1世の海賊であり、騎士の勲章を受けました。彼の名誉はスペインに対する勝利だけではなく、探検家としても有名になりました。1577年に、スペインの船を襲って財宝を奪うつもりでイギリスから出航しました。しかし、ドレークはこれだけで終わらせませんでした。彼は大西洋を渡って、南米を迂回して航海し、北米の西海岸に到達しました。太平洋とインド洋も渡ったことがあります。1580年に、アフリカを迂回して航海し、喜望峰に到達し、イギリスに帰還しました。彼の船は世界を一周した二隻目の船になりドレークは初めての艦長でした。

オランダ人であるウィレム・バレンツは1594年から1597年にかけて三度の航海をしました。彼の目的はシベリアの北海岸を沿って、北東海路を通じて東アジアへの到達でした。元々の計画が成功できなかったが、極地方の島々と海岸を探検し、地図を作りました。

イングランドの航海士であるヘンリー・ハドソンは、北西航路を見つけるために現在カナダの極地方を探検しました。アメリカ大陸の北海岸の地図をつくり、彼にちなんで名づけられたを発見しました当初、ハドソンは太平洋への伝説的な北西航路が発見した思っていたが、彼にちなんで名付けられたハドソン湾であることにすぐに気がつきました。

オランダの探検家であるアベル・タスマンインド洋と太平洋の島々を探検し地図を作成するためにに、数回の探検をしました。タスマンは1642年と1644年の間の航海が有名です。ニュージーランドタスマニア島へ到達した最初のヨーロッパ人となりました。タスマニア島が彼にちなんで名づけられました。彼はオーストラリアの海岸を探検し、インド洋と太平洋の島々の地図をつくりました

関連のエクストラ

人類移動の歴史

人類の大きな集団の移動は古代で始まり、現在も続いています。

昔の航法計器

人類は何世紀にもわたって多くの素晴らしい道具を使って海洋で航行できました。

サンタ・マリア号 (15世紀)

クリストファー・コロンブスの3本のマストをを備えていたキャラック船であるサンタ・マリア号は最初の旅の旗船でした。

海洋と湾

アニメーションは一番重要な海洋と湾を紹介します。

植民地化と植民地の独立化

ヨーロッパの国家の植民地支配で染められた地図は、植民地が独立して色が消されました。

大陸と海洋

地球表面上の乾いた陸は海洋によって分断された大陸に分離されます。

ポリネシアの双胴船

ポリネシア人は特別に設計されたボートで長い距離を旅しました。

ダーウィンの伝説的な旅

ダーウィンのビーグル号(HMS Beagle)での伝説の旅が進化論の発達において重要な役割がありました。

近代の帝国

歴史上の多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

地理座標系 (基礎)

地球座標系を使って、地球上のどんな場所でも二つの座標点で規定できます。

パナマ運河

パナマ運河は太平洋と大西洋の間の航路を短くする人工的な河川です。

国々のシンボル、観光名所

アニメーションで、世界の国々のシンボルと名所が紹介されます。

テノチティトラン (15世紀)

発達した文明を持つアステカ帝国はスペインのコンキスタドールも驚かせていました。

テオティワカン (4世紀)

廃墟となっても荘厳な都市は先コロンブス期のアメリカの最も大きくて人口が多い集落でした。

マチュピチュ (15世紀)

現在のぺルーに位置している古代インカ帝国の遺跡は世界遺産として登録されています。

面白い地理事実- 社会地理学 -

このアニメーションは、社会地理学におけるいくつかの面白い事実を提示します。

アメリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アメリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

アメリカバイソン

アメリカバイソンは北アメリカで生息している最も大きな陸生哺乳類です。

アフリカの国々

三つの難易度があるゲームで、アフリカの国々の地理的な位置、首都と国旗が勉強できます。

世界の都市

このアニメーションは地球の大きな都市の地理的な位置を表示します。

アメリカ合衆国の州と都市

アニメーションはアメリカ合衆国の州と最も大きな都市を紹介します。

政体と公用語

このアニメーションは世界の国々の政体と多くの公用語を紹介します。

奴隷を働かせた南の栽培場 (米国、19世紀)

南北戦争の前に、アメリカの南にある国家の栽培場に多くの奴隷が働いていました。

ポリネシアの定住地(サモア、15世紀)

伝統的なサモアの家族の定住地の 建築は住民の独特な文化を反映しています。

チチェン・イッツァ (12世紀)

旧マヤトルテカ帝国の首都は現在のメキシコ領域に位置しています。

地学の用語

アニメーションは最も重要な地形、地表水とそれに関連する記号を紹介します。

地理座標系

地理座標系は地球上の全ての場所を正確に特定することができます。

Added to your cart.