オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国のスルタン (16世紀)

オスマン帝国の統治者はスルタンと呼ばれていました。

歴史

キーワード

オスマントルコスルタン, スルタン, オスマン帝国, トルコ語, オットマン, 君主, 歴史

関連のエクストラ

質問

シーン

スルタンのテント

オスマン帝国のスルタン

関連のエクストラ

オスマン帝国の兵士 (16世紀)

オスマン軍はイェニチェリー(常備歩兵軍団)とスィパーヒー(封建制度の中での騎士)で構成されていました。

火の車輪

エゲルの要塞の防衛者に発明された武器です。火薬と油で満たされた水車はオスマン帝国の軍隊に対して効果的な武器でした。

ゴシック様式の城 (ジュラ、ハンガリー、16世紀)

南東ハンガリーに位置している煉瓦造りの城です。一番古い部分はおそらく14世紀の後半に建てられました。

ナーンドルフェヘールヴァール包囲 (1456年7月4日‐22日)

15世紀に、オスマン帝国とハンガリー王国の間に行われた大きな戦いでした。

ハプスブルク王家の夫婦(19世紀)

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と美しいエリザベートは1854年にウィーンで結婚しましたが、結婚は残念ながら不幸でした。

ヴァルナの戦い (1444年)

ハンガリー王、ウラースロー1世もこの戦いで死亡しました。

モハーチの戦い (1526年8月29日)

モハーチ平野でハンガリー軍のオスマン軍により惨敗しました。

ベオグラード (15世紀)

ベオグラードの城はハンガリーの一番重要な国境要塞の一つでした。

オスマン建築 (17世紀)

オスマン建築の遺物としてモスクとミナレットが述べられます。

トルコの浴場(16世紀)

ヨーロッパにおけるオスマン軍の侵入の影響の一つは温泉の建築でした。

エゲルの城 (16世紀)

エゲルの城の建築は16世紀に完了され、国境を保護する要塞として重要な役割を果たしていました。

火砲の動作 (18世紀)

近代前期ごろ、火砲は火器に大切な種類でした。陸上と海にも使われていました。

中世時代のヨーロッパの王

中世時代の王は王座に座って、王冠をかぶって、レガリアを持って描写されました。

中世時代の中国の皇帝

極東の国の皇帝は生死の権力者でした。

インドのマハラジャと妻 (18世紀)

インドの大王であるマハラジャはインドの様々な地域を統治しました。

アラビアのカリフ (7世紀)

預言者ムハンマドの後継者として認められたカリフはイスラムの最も重要な宗教的なリーダーになりました。

レパントの海戦 (1571年)

オスマン帝国海軍は教皇・スペイン・ヴェネツィアの連合海軍により大敗しました。

モンゴルのカン(13世紀)

広大なモンゴル帝国の統治者はカンでした。

ルイ14世 (太陽王)

フランス王であったルイ14世は豊富で、贅沢な生活を元にして太陽王とも呼ばれていました。最も長く統治していたヨーロッパの国王でした。

ハンガリーの即位の宝器

ハンガリー王の即位の宝器の中で、最も有名なのは王冠です。

Added to your cart.