モンゴル帝国

モンゴル帝国

伝説的なモンゴルの統治者チンギス・カンは巨大な帝国を建国しました。

歴史

キーワード

モンゴル語, モンゴルの侵略, モンゴル帝国, 歴史, 中世, 君主, ユルト, 火山, 遠征, 征服者, 首都, マップ, 空白の地図, 地図知識, 地球, 地球儀, 国, ボーダー

関連のエクストラ

質問

  • モンゴル帝国は主にどの大陸に位置しましたか。
  • モンゴル軍の成功にどんな種類の兵士が大切な役割を果たしましたか。
  • モンゴル帝国は誰によって建国されましたか。
  • チンギス・カンは何世紀に統治しましたか。
  • ヨーロッパの侵略の指導者は誰でしたか。
  • モンゴルの支配者はなんと呼ばれていますか。
  • モンゴル人は遊牧民だったのは本当ですか。
  • モンゴル人の支配者は中国も支配したのは本当ですか。
  • ヨーロッパの旅行者のなかで誰がフビライ・カンに会いましたか。
  • 「チンギス」はどういう意味があると考えられますか。
  • オゴデイ・カンとチンギス・カンの間にどのような関係がありましたか。

シーン

モンゴル帝国

  • チンギス・カンの帝国
  • モンゴルの国家とモンゴル帝国による領域 (1279年)
  • モンゴル帝国 - モンゴル帝国の最大面積は3300万 km²でした。

モンゴル帝国は13世紀の初め頃チンギス・カンの征服によって建国されました。

彼の子孫はアジアとヨーロッパの統治者になりました。モンゴル帝国は世界史の中、最も面積が大きい帝国であり、面積は3300万平方キロメートルでした。

チンギス・カンは1227年の死の前に、帝国を息子たちの間で分離させました。13世紀の後半に、帝国は複数の継承国に分離しました。

領土拡大

  • 1206年
  • 1219年
  • 1223年
  • 1227年
  • 1237年
  • 1259年
  • 1279年

軍事行動

  • カラコルム - チンギス・カンの継承者であるオゴデイ・カンはここで宮殿を建設されました。1235年から1260年までモンゴル帝国の首都でした。
  • ハンバリク (北京)
  • カントン
  • 成都市
  • かん州市
  • カシュガル
  • タシュケント
  • カーブル
  • イスファハーン
  • バグダッド
  • バトゥ・サライ
  • スーズダリ
  • ノヴゴロド
  • キエフ
  • ブハラ
  • タブリーズ
  • ボルガル

継承国

  • ハンバリク (北京)
  • バトゥ・サライ
  • ブハラ
  • タブリーズ
  • 黄金のオルダ
  • イルハン国
  • チャガタイ・ハン国
  • オゴデイ・ハン国
  • カラコルム

チンギス・カンは1227年の死の前、四人の息子(ジョチ、チャガタイ、オゴデイ、トルイ)たちのために帝国を分離させました。モンゴル帝国が分離された後、継承国が形成されました。1260年代で、四つのウルス(所領)が独立しました。

モンゴルと中国はトルイの王族に統治され、大ハン国と呼ばれてました。チンギス・カンの孫、フビライモンゴルの大ハーン中国の皇帝として即位しました。フビライは元朝を成立しました。

中央アジアの中心的な部分はオゴデイ王族チャガタイ王族に統治されました。チャガタイ王族はオゴデイの子孫から支配権を奪いました。この結果、君臨する王族になったチャガタイ王族にちなんでこの領域が名付けられた(チャガタイ・ハン国)。

フビライの兄、フレグは帝国の南西部分を統治する初めての皇帝となりました。子孫はおよそ百年間現在のペルシアの領土を統治しました。この土地はイルハン国と呼ばれ、皇帝はイルハンと呼ばれていました。

中央アジアの西部と東ヨーロッパの大草原地帯はジョチの王族に統治されました。この土地ではジョチの二人の息子、オルダバトゥがモンゴル帝国を成立しました。この北西のモンゴル帝国と属する土地は16世紀のロシアの資料によると、黄金のオルダと呼ばれていました。

モンゴルのハン

モンゴル帝国はテムジンという部族長は1206年に、モンゴル部族(タタール、ケレイト、ナイマン、メルキトなど)を統合することによって成立されました。テムジンは同じ年で、大ハーンに選ばれされ、チンギス・カンと呼ばれるようになりました。

ハーンの選出王族の中で行われていました。モンゴル帝国の社会的階級の上にあるのはチンギス・カンとその弟たちの子孫である「黄金の氏族」でした。チンギス・カンの子孫の王族に属することはハーンになる条件でした。

モンゴル帝国ではハーンになる順番は決まっていなかったので、継承者の間の戦いも珍しくありませんでした。年功序列、または父系制によって次の皇帝が決定されました。

モンゴルの大ハーンは権力が強かったが、二人で一緒に統治することもありました。例えばオゴデイとチャガタイは一緒に統治しました。この制度は帝国の巨大な面積遊牧民国の習慣のため形成されました。

モンゴルの戦士

  • やり
  • カフタン
  • 帽子
  • 皮の鎧
  • ズボン
  • ブーツ
  • - 長さが1メートルであり、少し曲がった剣でした。その形のため、馬に乗って戦いやすくしました。
  • - モンゴルの戦士の主な武器でした。角、木材と腱(けん)でできました。比較的に小さな弓は馬に乗っても使いやすかったです。
  • 矢筒 - 皮あるいは木でできたケースで弓や弓矢を入れました。

モンゴルの戦士は中央アジアの他の民族にような戦略と武器で戦っていました。モンゴル軍は主に軽騎兵から構成されました。

最も重要な武器は弓矢でした。と特徴的に曲がっていたも使われていました。上半身は皮でできたよろいで覆われていました。

ゲーム

関連のエクストラ

中世の伝説的な帝国

歴史上多くの巨大な帝国が建国され、崩壊しました。

モンゴルの戦士 (13世紀)

モンゴル帝国の恐れられた戦士は歴史上の最も広い国家を形成しました。

モンゴルのカン(13世紀)

広大なモンゴル帝国の統治者はカンでした。

中世の中国の戦士

昔の中国の戦士の武器は原始的でした。

ユルト

遊牧民に使われているユルトは円状形で、運びやすくて、フェルトで覆われたテントです。

万里の長城

万里の長城は敵であった北の遊牧民族からの守護のために構築された長城でした。

ムヒの戦い (1241年4月11日‐12日)

ハンガリー軍はモンゴル軍により惨敗され、ハンガリー王が後退しました。

Added to your cart.