稲妻

稲妻は雷として知られている音を伴う突然の静電放電です。

地理

キーワード

落雷, 稲妻, 電流, 放電, 雷, 光現象, 正電荷, 負電荷, 氷結晶, プラズマ, 避雷針, 嵐, 天気, 雲, 雲の形成, 暴風雨, 降水量, 雨, 雹, アイス, 気象学, 静電学, 地理

関連のエクストラ

質問

  • 閃光を見てから、雷の音を聞くまで5秒であるとすると、落雷は我々からどのくらいの距離がありますか。
  • 雲が帯電していると証明した人は誰ですか。
  • ギリシャ神話では誰が空と雷の神ですか。
  • 落雷の間、雲で何ができますか。
  • 毎年地球上の大気でどれほどの稲妻閃光が起きていますか。
  • 温帯ではどの季節が一番落雷が起きやすいですか。
  • 対地雷についてどれが正しいですか。
  • 現代科学によると雷の原因はなんですか。
  • 嵐雲で正しいのはどれか。
  • 嵐雲でどのような力が氷の結晶に影響を及ぼすしますか。
  • 電離とはなんですか。
  • 稲妻は周囲の空気を何度にあたためますか。
  • どれが正しいですか。
  • どれが間違っていますか。
  • 雷を伴う嵐の時、どこに避難するのが安全ですか。
  • 避雷針の特徴は何ですか。
  • 雲の上で起こる光現象は何ですか。

シーン

稲妻の種類

稲妻は大気中で最も壮大な現象です。

稲妻が形成される位置により分類されます。 雲間放電 の閃光は通常水平であり、その長さは40-50kmに及びます。 雲内放電 の閃光は最大でも数kmくらいです。短時間の光の爆発としてのみ観察できます:稲妻の枝分かれを見ることはできません。これら二つは最も一般的な稲妻です:我々が見る稲妻の65-75%はこの二つのどちらかになります。比較的珍しい種類の稲妻は雲から空気への稲妻です。最も壮大な種類の稲妻は対地雷というものであり、数kmの長さがあります。

稲妻はどのように形成されますか

稲妻についての現代の科学者の説明は自然科学者であるベンジャミン・フランクリン(アメリカ創始の父の一人です)の実験に基づいています。1752年に、彼は稲妻から電気を引き出すこと証明するためにたこを飛ばした。そして雲は帯電していることを証明しました。

現在、雲は非常に高い所で凍る水蒸気から構成されていることが分かっています。氷の結晶の動きは重力と暖気の上昇により生じる浮力に影響されます。これらの力は反対の方向なので、氷の結晶は絶えず動き、互いにこすれ合い帯電を発生させます。上昇する氷の結晶は正荷電になり、下降する氷の結晶は負荷電になります。結果として、雲の上部はプラス電位になり、下部は負荷電になります。

雲の下部でたまった負荷電は地球の表面に存在する負荷電の粒子と反発するので、地上は正荷電になります。結果として、雲と地上の間に電位差が生じます。この電位差は稲妻によって等しくされます。

関連 現象

稲妻を見たとき、正の電荷をもつイオンと自由に動くことができ、高エネルギーを持つ負の電荷をもつ電子から成るプラズマが形成されます。しばらくして、高エネルギーを持つ電子は低エネルギー状態に戻ります。この過程の間、エネルギーを光や熱の形として外に放ちます。産生された光子は我々の知っている稲妻という光の爆発として認識できます。

プラズマは短時間で周囲の環境をあたためることができます。空気の温度は30000℃に達し、この温度では空気の体積は急激に膨張します。プラズマがほんの数秒で消失した後、空気は急速に冷却され、体積は減少します。空気の体積が急激に増加したり減少したりする時に、と呼ばれている音の爆発が聞こえます。

高層大気中の 気象現象

激しい雷雨の間、雲の上で光の爆発が発生します。今度は稲妻により放電が生じます。稲妻は雷雲電離層の間に電界をつくります。低気圧現象はとても短い間のみ見ることができます。稲妻はから名前が付けられています。

レッドスプライトが柱状に現れ、クラゲのような形になります。ブルージェットは嵐雲から突出します;青くレッドスプライトより明るい。 エルフはしばしばレッドスプライトと共に生じます;莫大で平らな円盤状です。

周波数

稲妻は均等に分布してはいないが、一年間に、およそ1.5百万ボルトの稲妻が地球の大気中で形成されます。稲妻は海上よりも地上に形成されやすい;さらに言うと通常、熱帯地域で形成されやすいです。

北欧神話では、トールは雷と稲妻に関する神です;一方、ギリシャ神話ではゼウスです。今日でさえ、数多くの文化に存在する言い伝えでは稲妻は神の怒りの爆発と考えられています。

嵐の間、もしも落雷が思わぬところや思ってもいない時に発生したら、深刻な脅威をもたらします。毎年、数千の人々が落雷やそれによって生じた火事で亡くなっています。嵐の間、建物などの避難所を探すことをお勧めします。もしそれは不可能だったら、丘の頂上や木、特に孤立している木は避けるべきです。
高い建物は避雷針によって落雷から守られています。避雷針は電荷を地面に伝えて、建物の被害を防いでいます。

ナレーション

稲妻は大気中で最も壮大な現象です。

稲妻が形成される位置により分類されます。 雲間放電 の閃光は通常水平であり、その長さは40-50kmに及びます。 雲内放電 の閃光は最大でも数kmくらいです。短時間の光の爆発としてのみ観察できます:稲妻の枝分かれを見ることはできません。これら二つは最も一般的な稲妻です:我々が見る稲妻の65-75%はこの二つのどちらかになります。比較的珍しい種類の稲妻は雲から空気への稲妻です。最も壮大な種類の稲妻は対地雷というものであり、数kmの長さがあります。

稲妻についての現代の科学者の説明は自然科学者であるベンジャミン・フランクリン(アメリカ創始の父の一人です)の実験に基づいています。1752年に、彼は稲妻から電気を引き出すこと証明するためにたこを飛ばした。そして雲は帯電していることを証明しました。

現在、雲は非常に高い所で凍る水蒸気から構成されていることが分かっています。氷の結晶の動きは重力と暖気の上昇により生じる浮力に影響されます。これらの力は反対の方向なので、氷の結晶は絶えず動き、互いにこすれ合い帯電を発生させます。上昇する氷の結晶は正荷電になり、下降する氷の結晶は負荷電になります。結果として、雲の上部はプラス電位になり、下部は負荷電になります。
雲の下部でたまった負荷電は地球の表面に存在する負荷電の粒子と反発するので、地上は正荷電になります。結果として、雲と地上の間に電位差が生じます。この電位差は稲妻によって等しくされます。

稲妻を見たとき、正の電荷をもつイオンと自由に動くことができ、高エネルギーを持つ負の電荷をもつ電子から成るプラズマが形成されます。しばらくして、高エネルギーを持つ電子は低エネルギー状態に戻ります。この過程の間、エネルギーを光や熱の形として外に放ちます。産生された光子は我々の知っている稲妻という光の爆発として認識できます。

プラズマは短時間で周囲の環境をあたためることができます。空気の温度は30000℃に達し、この温度では空気の体積は急激に膨張します。プラズマがほんの数秒で消失した後、空気は急速に冷却され、体積は減少します。空気の体積が急激に増加したり減少したりする時に、と呼ばれている音の爆発が聞こえます。

激しい雷雨の間、雲の上で光の爆発が発生します。今度は稲妻により放電が生じます。稲妻は雷雲電離層の間に電界をつくります。低気圧現象はとても短い間のみ見ることができます。稲妻はから名前が付けられています。

レッドスプライトが柱状に現れ、クラゲのような形になります。ブルージェットは嵐雲から突出します;青くレッドスプライトより明るい。 エルフはしばしばレッドスプライトと共に生じます;莫大で平らな円盤状です。

稲妻は均等に分布してはいないが、一年間に、およそ1.5百万ボルトの稲妻が地球の大気中で形成されます。稲妻は海上よりも地上に形成されやすい;さらに言うと通常、熱帯地域で形成されやすいです。

北欧神話では、トールは雷と稲妻に関する神です;一方、ギリシャ神話ではゼウスです。今日でさえ、数多くの文化に存在する言い伝えでは稲妻は神の怒りの爆発と考えられています。

嵐の間、もしも落雷が思わぬところや思ってもいない時に発生したら、深刻な脅威をもたらします。毎年、数千の人々が落雷やそれによって生じた火事で亡くなっています。嵐の間、建物などの避難所を探すことをお勧めします。もしそれは不可能だったら、丘の頂上や木、特に孤立している木は避けるべきです。
高い建物は避雷針によって落雷から守られています。避雷針は電荷を地面に伝えて、建物の被害を防いでいます。

関連のエクストラ

アンデスの形成

アンデスは2つの構造プレート、1つの海洋プレートと1つの大陸プレートの衝突によって形成されました。

石炭の形成

このビデオでは、石炭形成の異なる段階を示しています。

高度帯

高山エリアでは気候、土質、植物相と動物相が高度によって変化します。

日射

太陽の光線が中断することなく空間を通って移動しますが、地球の大気に達すると、複数の障害物に遭遇...

海洋の層

海の物理的特徴、動植物は海の深さとともに変化します。

岩石輪廻

両方の外因と内因性の力の影響で、岩は絶えず変化します。これは、ロック・サイクルと呼ばれています。

永久凍土

永久凍結された領域の境界は、地球温暖化のために後退しています。

天然ガスおよび石油

天然ガスと石油は今日、エネルギーと原材料の最も重要な源の一つです。

Added to your cart.