アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア、 20世紀)

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂(ソフィア、 20世紀)

このネオ・ビザンチン様式で建てられた正教会の大聖堂は、ブルガリアの首都のシンボルの一つです。

視覚芸術

キーワード

アレキサンダーネフスキー, アレキサンダー・ポメラントーヴ, ネオビザンチン, 大聖堂, 東方正教会, 教会, ビザンチン, アントンミトフ, 建築, 建物, ソフィア, ブルガリア, 宗教, 記号, 丸屋根, 聖人, 守護聖人, 鐘楼, アイコン, バルカン半島, ブルガリア語, 20世紀

関連のエクストラ

シーン

正教会の大聖堂

  • 正門
  • 鐘楼 - 高さが53メートルです。
  • 内接十字型のドーム
  • 中央のドーム - 高さが45メートルです。
  • ネオ・ビザンチンスタイル

ネオ・ビザンチン様式

  • ベルタワー
  • 内接十字型のドーム
  • 中央のドーム
  • ドラム
  • 半球屋根
  • ドームの複雑な システム
  • 弓形窓

正門

  • 大理石のプレート
  • オークのドア
  • 御影石の台座 (1.4メートル)

ベルタワー

  • クロス(2.5メートル)
  • 金めっきのドーム
  • ベル - ベルが12個あります。最も重いのは約12トンであり、最も小さいのは10キロです。
  • モザイク画 - 大聖堂が名づけられた聖人、アレクサンドル・ネフスキーの絵です。

クロスドーム型のバシリカ

  • 半球屋根
  • 身廊
  • ベルタワー
  • 中央のドーム

中央のドーム

  • 金めっき - 2001年で復元されました。四つのドームはブルガリアの専門家に金メッキされました。金箔は長さが84mmであり、幅が84mmであり、厚さが0.4ミクロンです。

アニメーション

ナレーション

アレクサンドル・ネフスキー大聖堂はブルガリアの首都、ソフィアの最も有名な象徴です。1953年から、ブルガリアの東方正教会の総大司の大聖堂です。大聖堂は1877‐1878年の間で行われた露土戦争の時、ロシア軍の守護聖人である聖アレクサンドル・ネフスキーにちなんで名づけられました。

礎石は1882年2月19日に置かれました。教会の基礎には露土戦争での出来事を不滅にする二つのテキストが入れられました。
大聖堂はブルガリア民族寄付のみで建築されました。建設は1912年に完成されましたが、戦争と政治的な内乱のため、公式に捧献されたのは1924年のことでした。

大聖堂はロシアの建築家、アレクサンドル・パメラーンツェフに設計されました。ネオ・ビザンティン式のバシリカは身廊が五本あり、屋根が 内接十字型のドームになっています。最も目立つ構造要素は内接十字型のドーム、複数のドームの複合システムとベルタワーです。

巨大なサイズと素晴らしい装飾のため、この大聖堂は世界中最も有名な教会の一つとなっています。
面積が3170 m²の建造物の長さが72mであり、幅が55mであり、高さが53mです。
人が5000人ほど入れ、入り口が11戸あります。正面入り口の上にはベルタワーがみられます。12個のベルの総重量が25トンです。ドームの面積の中、700m²が金めっきされています。

ファサード、アーチとフリーズがプロトブルガリア様式の飾り石で装飾されています。
ブルガリアロシアドイツオーストリアチェコイタリアの建築家と専門家のチームに建設されました。

教会には聖像フレスコ画モザイクを含む400個以上のキリスト教的な芸術品が保管されています。身廊の円天井は412m²の面積でフレスコ画で覆われています。内部装飾はオニキス大理石アラバスターからできています。イタリアで作られたモザイクアントン・ミトフにデザインされました。

聖像はロシアとブルガリアの芸術家に作られました。大聖堂の壁にはロシアの聖人と共に、ロシア、セルビアと他のスラブのツァール聖人の絵も見えます。
大聖堂の穴蔵は元々有名なブルガリア人の墓とされるつもりでしたが、ブルガリアの聖像の博物館になりました。

関連のエクストラ

聖ワシリイ大聖堂 (モスクワ、16世紀)

イヴァン皇帝に建築されて、聖ワシリイに捧げられた聖堂です。

アヤソフィア (イスタンブル)

「聖なる叡智」と呼ばれている大聖堂はビザンチン帝国に建て、1935年までビザンティン帝国の一番大きな宗教的な建物の一つが博物館...

メルク修道院 (オーストリア)

900年前に建築されたベネディクト会派の修道院はドナウ川の右岸に位置するメルクにあります。

マダラの騎士像

北東ブルガリアに位置する岩のレリーフは、おそらく7世紀の終わりに刻まれました。

スラブ民族

スラブ民族は三つのグループに分類され、ヨーロッパの14カ国に居住しています。

ドーム広場 (セゲド、ハンガリー)

ドームと呼ばれているヴォティーフ教会はハンガリーの平野に位置するセゲドの中心に建築されました。同じ広場を囲むアーチ型建造物の下...

ノートルダム・デュ・オー礼拝堂 (ロンシャン、フランス、1950年)

この礼拝堂はフランスの20世紀の一番有名な建築家の一人であったル・コルビュジエにデザインされました。

ゴシック様式の大聖堂 (クレルモン・フェラン、15世紀)

聖母被昇天にちなんで名づけられた大聖堂はフランスのゴシック様式の有名な建物の一つです。

カネオの聖ヨハネ教会(オフリド市、13世紀)

絵のように美しい場所で建てられた東方正教会は使徒ヨハネにちなんで名付けられました。

ウクライナのコサック軽騎兵(17世紀)

独立した軍的な集団であるコサックはウクライナの歴史において重要な役割を果たしていました。

ザンクト・ガレン修道院 (11世紀)

この建物はかつて何世紀にもベネディクト会の中心的修道院の一つでした。

バイキングの樽板教会 (ボルグンド、13世紀)

この木造教会はノルウェー樽板教会の中で保存状態が最も良いです。

ビザンツ帝国の皇帝 (6世紀)

ローマ帝国の継承国家であったビザンツ帝国は皇帝に統治されました。

Added to your cart.