ベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₅)

ベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₅)

核酸、補酵素、ヌクレオチドとヌクレオシドを構成する晶性化合物です。

化学

キーワード

β-D-リボース, 炭水化物, 単糖, 砂糖, ペントース, アルドペントース, アルドース, 核酸, ヌクレオチド, RNA, ATP, NADH, 有機化学, 化学, 生物

関連のエクストラ

シーン

関連のエクストラ

補酵素A

補酵素Aは酵素反応においてアセチル基を提案する補酵素です。

ADP, ATP

ATPは細胞のエネルギー源になる最も重要な物質です。

RNA

リン酸、リボースと塩基 (シトシン、ウラシル、アデニン、グアナイン)から構成されているポリヌクレオチドです。

リン酸イオン (PO43–)

リン酸分子から陽子が放出されてリン酸イオンが形成されます。

2‐デオキシベータ‐D‐リボース (C₅H₁₀O₄)

DNAの構成成分であり、β-D-リボースより水酸基が一つ少なくなっています。

D-リボース (C₅H₁₀O₅)

核酸、補酵素、ヌクレオチドとヌクレオシドを構成するリボースの開鎖バージョンです。

ピリミジン (C₄H₄N₂)

チミン、シトシン、ウラシルは窒素を含む複素環有機化合物であるピリミジンの誘導体です。

プリン (C₅H₄N₄)

グアニンとアデニンは複素環の芳香族有機化合物であるプリンの誘導体です。

NAD, NADP, NADPH

NADは異化プロセスのおいて重要で、NADPは同化プロセスに水素を運ぶ補酵素として重要な役割が持っています。

分子の問題 VI. (炭水化物)

単糖類、二糖類、多糖類の構造と分類に関する問題です。

Added to your cart.