デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

イギリスのデ・ハビランド社に製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。

技術

キーワード

飛行機, 彗星, 航空, ジェットエンジン, 旅客船, 旅客輸送, gázturbina, 災​​害, 大惨事, 事故, 空気圧, 現代, 運送, 発明

関連のエクストラ

シーン

DH.106 コメット1

イギリスのデ・ハビランド・エアクラフト・カンパニー・リミテッドに製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。旅客機のプロトタイプの初飛行1949年に行い、英国海外航空(BOAC)によって1952年にコメットの初めての定期便の運航が開始されました。

この飛行機は民間航空において当時まで使われていない複数の革命的な部分がありました。これらの旅客機は人気であり、運搬は経済的でした。コメットの複数の事故が起きたため、人気が落ちました。その上、アメリカの製造社はデ・ハビランドに対して優位に立つようになりました。

構造

  • コックピット
  • 胴体 - 薄い金属のプレートででき、デザインがシンプルでした。貨物用のスペースが胴体の下の部分に位置していました。
  • - 表面が大きくて、台形の翼は下部に位置しました。
  • ジェットエンジン - 二対のジェットエンジンは翼のもとに位置しました。
  • 空気ノズル
  • - 元々長方形でした。事故が発生した後の研究の結果として、丸みを帯びた形に作り直されました。
  • BOAC - 1939年に創設された英国海外航空の省略です。
  • 着陸装置
  • 補助翼
  • 下げ翼
  • 抜け口
  • 安定化装置
  • 方向舵
  • 昇降操作装置
  • 客室 - 高度が高い所に発する低い気圧に対してバランスを取るようにデザインされました。

コメットは当時の旅客機より客室が広くて、窓が大きくて、椅子やテーブルがより快適でした。機内は暖かいご飯と冷たい料理も作れる調理室と男女別々のトイレがありました。

旅客を驚かせるほど飛行が静かでした。この理由とは客室は防音にされ、ジェットエンジンにはサウンドバッフルが使用されていました。飛行は驚くほどスムーズであり、飛行中の振動が抑えられていました。これらの優位な点は当時の飛行機にはありませんでした。

コメットは同じ距離を進む当時の飛行機より50%ほど飛行が速かったです。

気圧の変化

  • 気圧: 100 kPa
  • 気圧: 19 kPa
  • 機室圧力: 100 kPa
  • 機室圧力: 79 kPa

快適で、経済的なコメットの定期便1952年から運搬が行いました。運搬が始まった年とその次の年に複数の事故が起きました。

最初とその次の事故がおそらくパイロットのせいで発生し、三回目は建設欠陥のため起きました。最後の事故の結果として、コメットは気象レーダー特徴的な操縦かんで装備されるようになりました。残念ながらその次の年に(1954年)も事故が発生し、コメットは2機も地中海に墜落しました。その後、コメットは全機回収され、製造が停止されました。

海で発見された残骸を詳しく調べて、コメットの胴体で複数の特別な実験が行われました。事故の原因は明らかになりました。長方形の窓の角にかかった応力集中と窓枠の正しくない取り付け方によって発生した疲労割れが事故の原因となりました。

長方形の窓は丸みを帯びた窓に変えられ、胴体と翼の構造が強化されました。コメットの事故とその後必要になった開発は他の旅客機製造者に貴重な経験になりました。

窓のタイプによって 気圧の変化の影響

  • 長方形の窓 - 複数の飛行が行った後、長方形の窓枠の角に疲労割れが発生しました。
  • 丸みを帯びた窓 - 事故の後、旅客機の長方形の窓は丸みを帯びた窓に変えられました。このため、力学的な圧力が低くなりました。

大気に上に上がると、気圧が徐々に下がります。巡航高度である約10,000mの高さで、気圧は地面の気圧の四分の一か五分の一です。

この結果、機内の方が気圧が高いので、客室の窓を外に押されるようになります。飛行中、機内の気圧も少し下がりますが、外に比べて明らかに機内の方は気圧が高いです。

その上、10,000mの高度で、気温が-40 °Cぐらいです。このため、客室の壁は外から冷やされ縮ませる影響を受けます。高速のための摩擦はこれに対して反対の方に働く力であり、飛行機の表面の温度を上げます。

これらの力と離陸と着陸の時働く力を合わせて考えると、機体と翼に大きく負担がかかるとわかります。客室の壁に働く複数の力の起こされる力学的な圧力によって長方形の窓枠疲労割れが発生されます。丸みを帯びた窓の場合は、客室の変化(拡大、収縮)によって発する圧力がより小さいです。

アニメーション

  • コックピット
  • 胴体 - 薄い金属のプレートででき、デザインがシンプルでした。貨物用のスペースが胴体の下の部分に位置していました。
  • - 表面が大きくて、台形の翼は下部に位置しました。
  • ジェットエンジン - 二対のジェットエンジンは翼のもとに位置しました。
  • 空気ノズル
  • - 元々長方形でした。事故が発生した後の研究の結果として、丸みを帯びた形に作り直されました。
  • BOAC - 1939年に創設された英国海外航空の省略です。
  • 着陸装置
  • 補助翼
  • 下げ翼
  • 抜け口
  • 安定化装置
  • 方向舵
  • 昇降操作装置
  • 客室 - 高度が高い所に発する低い気圧に対してバランスを取るようにデザインされました。

ナレーション

イギリスのデ・ハビランド・エアクラフトに製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。この飛行機は航空史の中で画期的なものでした。

最初の定期路線1952年に、ロンドンとヨハネスブルグの間に開始されました。この時はジェットエンジンが搭載された飛行機に対してジェット旅客機という表現が使われるようになりました。

コメットのデザインがシンプルであり、前に製造された飛行機より快適で、速度が速かったです。運搬が経済的であるため人気でしたが、建設欠陥のため事故が多く発生しました。

事故の原因となった欠陥を直すことによって、飛行がより安全になりましたが、改良されたコメットがアメリカの製造社の飛行機に勝てなかったです。

関連のエクストラ

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

このアニメーションはターボジェットエンジンの動作を紹介します。

空港

空港では飛行に必要なサービスと基本的な設備を提供されます。

掃除機はどのように作動しますか。

掃除機は不完全真空を発生し、流れ込む高圧の空気を利用してほこりを吸い込みます。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

Added to your cart.