ユトランド沖海戦 (1916年)

ユトランド沖海戦 (1916年)

イギリス海軍とドイツ海軍が戦っていたユトランド沖海戦は第一次世界大戦野最大な海戦でした。

歴史

キーワード

ユトランドの戦い, 海戦, ビーティ, フォン・ヒッパー, ゼリコエ, 戦艦, フリート, 世界大戦, 巡洋艦, ドイツ語, イギリス, 戦争, ネームシップ, 司令官, ドイツ人, 歴史

関連のエクストラ

シーン

進入経路

  • イギリス大艦隊
  • イギリス巡洋戦艦艦隊
  • ドイツ大艦隊
  • ドイツ巡洋戦艦艦隊

戦いの場所

  • ジェリコー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • ビーティー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • ヒッパー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • シェール提督の 巡洋戦艦艦隊

ドイツ船隊

  • ヒッパー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • シェール提督の 巡洋戦艦艦隊

イギリス船隊

  • ジェリコー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • ビーティー提督の 巡洋戦艦艦隊

海戦の経過

  • ジェリコー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • ビーティー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • ヒッパー提督の 巡洋戦艦艦隊
  • シェール提督の 巡洋戦艦艦隊

ナレーション

第1段階

戦いが始まった時、二個の艦隊が衝突しました。ビーティー提督の巡洋艦5隻とヒッパー提督の巡洋艦6隻が午後3時20分に発砲しました。ドイツ軍がイギリスの巡洋艦2隻沈没させ、すべての巡洋戦艦艦隊を沈ませる可能性がありました。

第2段階

ビーティー提督の巡洋戦艦艦隊はジェリコー提督に率いた大艦隊の到着により助けられました。ヒッパー提督はイギリス大艦隊の圧倒的な数を見て、追走をやめました。イギリス大艦隊は南の方に進み、ドイツ大艦隊を囲むつもりでした。ただし、シェール提督に率いた大艦隊も戦いに加入しました。

第3段階

イギリス艦隊は南の方に進み、戦略的な優位を手に入れたかったです。ドイツ艦隊は二回もイギリスのラインを破るつもりでしたが、成功できませんでした。ドイツの戦略はリスクがあったが、イギリスの喪失の方が大きかったです。

第4段階

夜、シェール提督は北の方に進み始めました。まだ南の方に動いたイギリス艦隊のラインを破ることができました。イギリス艦隊は大きな喪失を被りましたのに、ドイツはたった巡洋戦を1隻失いました。イギリスの喪失の方が大きかったので、戦略的な点でドイツの勝利でした。

関連のエクストラ

戦車 (第一次世界大戦)

1910年代の真中ごろ発達させた戦車は第一次世界大戦の陸上作戦に重要な役割を果たしていました。

兵器 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、新しい兵器が発達させ、軍事技術が大きく変化しました。

フランスの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦のとき、フランスは軍事同盟であった三国協商のメンバーでした。

アクティウムの海戦(紀元前31年)

ヘラスの海岸に行った戦いで、オクタウィアヌスはマルクス・アントニウスに対して圧倒的に勝利しました。

トラファルガーの海戦 (1805年)

ナポレオン戦争における海戦で、ホレーショ・ネルソン提督が率いたイギリス艦隊はフランス・スペイン連合艦隊に勝利しました。

ミッドウェー海戦 (1942年)

第二次世界大戦の最も重要な戦いの一つであり、太平洋の戦争における転機になりました。

レパントの海戦 (1571年)

オスマン帝国海軍は教皇・スペイン・ヴェネツィアの連合海軍により大敗しました。

SM U-35型潜水艦 (ドイツ、1912年)

潜水艦は第一次世界大戦の時、重要な役割を果たしていました。

ザマの戦い

第二次ポエニ戦争の時、スキピオ率いるローマ軍がハンニバル率いるカルタゴ軍を破りました。

歴史的な地形図 (戦い、世界史)

歴史上の有名な戦いの場所を白地図で探しましょう。

ヘイスティングズの戦い (1066年)

ノルマンディー公ギヨーム2世はアングロ・サクソン人を支配し、ウィリアム1世としてイギリスに即位しました。

真珠湾攻撃 (1941年)

日本海軍に行った攻撃の後、アメリカ合衆国は第二次世界大戦に参戦しました。

ハンガリーの騎兵隊の作戦 (9世紀‐10世紀)

後退のふりをし、敵を囲む作戦は遊牧民に昔から使われていました。

Added to your cart.