ベルリンの壁 (1961年-1989年)

ベルリンの壁 (1961年-1989年)

分裂と圧迫のシンボルである壁は都市だけではなく、多くの家族も引き裂きました。

歴史

キーワード

ベルリンの壁, ベルリン, 壁, 西ベルリン, 東ベルリン, ドイツ連邦共和国, ドイツ民主共和国, 冷戦, 大国, 記号, ボーダー, 首都, 共産主義, 社会主義, 東部, 西, 封鎖, ベルリン封鎖, コンクリートの壁, 望楼, 弾圧, ドイツ, 歴史, シンボリック, 虐げられました

関連のエクストラ

質問

  • ドイツ連邦共和国はいつ建国されましたか。
  • ドイツ民主共和国はいつ建国されましたか。
  • どの国家がベルリンで自分の区域を持っていませんでしたか。
  • ベルリンの封鎖はいつありましたか。
  • ベルリンの封鎖は誰によって開始されましたか。
  • アメリカ合衆国と同盟国は囲まれた西ベルリンの生活必需品をどのように運びましたか。
  • 封鎖のとき、ベルリンのどの地域がソ連によって囲まれていましたか。
  • 同盟軍はベルリンをいくつの区域に分けましたか。
  • 西ベルリンはどの国に支配されましたか。
  • アメリカ合衆国とソ連の間にあった、政治的緊張の時代は何と言う名前でしたか。
  • 北大西洋条約機構(NATO)はいつ設立されましたか。
  • NATOはどんな機関ですか。
  • ワルシャワ条約はいつ設立されましたか。
  • ワルシャワ条約はどのような条約でしたか。
  • どれが冷戦時の出来事ではありませんでしたか。
  • 誰が1953年に死亡しましたか。
  • ソ連のリーダーは西ドイツのNATOへの加入をどのように思いましたか。
  • 西ドイツがNATOに加入した年に何が起きましたか。
  • 西ドイツはいつNATOに加入しましたか。
  • ベルリンの壁の建設の理由は何でしたか。
  • ベルリンの壁はいつ建てられましたか。
  • ある人たちは壁を通じて西ベルリンに逃げることができましたか。
  • 壁は東ベルリンの周りに建てられましたか。
  • ベルリンの壁で複数の家族が引き裂かれましたか。
  • ベルリンの壁の境界に通れる場所がありましたか。
  • ベルリンの壁はいつ崩壊しましたか。
  • どれがベルリンの壁の構造に含まれていませんでしたか。
  • どれがベルリンの壁の構造に含まれていませんでしたか。
  • コンクリートの壁の東側はどんな色でしたか。
  • 壁の高さはどのくらいでしたか。
  • 一日中、何人の東ドイツの兵士が壁を守りましたか。
  • ベルリンの壁の(アメリカ人に管理された)一番有名な渡河点はなんと言う名前でしたか。
  • 壁の西側で何が有名になりましたか。
  • 東ドイツから壁を通じて、何で誰も逃げられませんでしたか。

シーン

ベルリンの壁

ベルリンを分裂した壁

1945年に、連合国の勝利で終わった第二次世界大戦でドイツ人の生活の大きな変化を起こしました。ドイツが分裂され、東の部分に属していたベルリンも占領地域(ソ・仏・米・英占領地域)に分割されました。
1947年に、ソ連の占領地域の周りに技術的障壁も設立されました。ベルリンの分割は、1961年に、西ベルリンの周りに建てられたコンクリート製の壁で完了されました。西ベルリンを包囲する壁であるベルリンの壁(独:die Beliner Mauer, die Mauer)は東ベルリンとドイツ民主共和国の領域で位置しました。
壁が1989年に破壊されました。この時、変化の波により(そして東側と西側の人々の手で)分断の象徴である壁が壊されました。
技術的障壁が1991年11月に完全になくなりました。壁の残りの遺跡は現在、記念物と観光名所になっています。
テレビ局の呼びかけで集められた約百万ユーロの募金で、壁の所に一万本の桜が植えられました。

分割されたベルリン

壁の破壊についての記事

構造

  • 街灯柱の列
  • コンクリートの壁 (3.75m)
  • 管制塔
  • アスファルト道路
  • 番犬の小道
  • 巡回の車線(1-2m)
  • 鉄条網(2-3m)
  • 鉄条網(2.5m) 電気の警報装置
  • 車両のトラップ
  • 西ベルリン
  • 東ベルリン

国境地帯の構造

ベルリンの壁は今まで存在した境の中で最も厳しく管理されました。ドイツ民主共和国の境界部隊のコマンドセンター に管理されました。(一日中、兵士が約2300人と犬が約1000匹が勤務中でした。)

壁は1980年代に完成されました。複合国境防御システムとその周辺には複数のレイヤー構造が含まれました:コンクリートの花壇、信号をを備えたフェンスとポール、鉄条網、巡回の車線、車両のトラップ、番犬の小道、管制塔、道路、街灯柱、コンクリートの壁など。

ベルリンの境の様々な部分の長さ:
全長:42 km、全高:3.6 mのコンクリートの壁
全長:59 km、全高:3.4 mのコンクリートの壁
全長:69 km、全高:2.9 mのワイヤーフェンス
全長:114 kmの信号線
壁は3.75mの高さで、L字形のエレメントからできました。上にはコンクリートの管があり、ドイツ民主共和国の側に白く塗られた壁でした。西側が落書きで覆われました。壁にはいくつかの国境検問所がありました。一番有名なのはチェックポイント・チャーリーでした。

チェックポイント・チャーリー

散歩

アニメーション

ナレーション

第二次世界大戦の後、ドイツとベルリンは同盟国により様々な占領地域に分けられました。西の部分はフランス、アメリカ、イギリスに管理されて、東の分はソ連に管理されました。
ドイツ連邦共和国とドイツ民主共和国の建国で、元の同盟国の間で対立が深まり、冷戦が始まりました。多くの人は東ドイツからベルリンを通じて移民をしました。
1961年に、東ドイツの政府はさらなる移民を防ぐために障壁を作り、西ベルリンを完全に孤立させました。最初は、障壁は鉄条網でしたが、後で様々な要素でより強化されました。
このうちの一つであるコンクリートの壁は冷戦のシンボルになりました。
1980代に完成された壁は家族を引き裂いて、西への移民を不可能にしました。東側からみると、この複合国境防衛体制の最初の区域は、有刺鉄線巡回の車線とさらに別の有刺鉄線を含んでいました。次の区域は車両の罠の道路番犬の小道を含んでいました。広くて、中心的な道には交通に使われた道路と管制塔を含んでいました。管制塔は等間隔で並んでいました。そこには街灯柱の列とがありました。
最後の部分は西ベルリンの有名なコンクリート壁でした。ベルリンの壁は国境の中でも、一番厳しく監視されていました。壁は2300人の兵士によって管理されていました。1989年までの間に逃げようとした268人のうち、125人が死亡しました。
ヨーロッパの変化の影響は1989年にベルリンにも現れました。1989年の夏から、ほぼ毎日デモ行進がありました。デモ行進の要求には東ドイツの政治体制の変化、ドイツ内の国境の解放、ベルリンの壁の崩壊も含まれていました。
このデモ行進は他のヨーロッパのイベントと共に国境の解放ベルリンの壁の崩壊に導きました。ベルリンとドイツは再統合し、1991年には冷戦も終了しました。

関連のエクストラ

U-2 ドラゴンレディ (米国、1957年)

この効果的な偵察機が冷戦の間、米中央情報局に使われていました。

ブランデンブルク門

新古典主義の構造はベルリンとドイツの世界で最も有名な史跡の一つです。

移民と難民

このアニメーションは現在の移民問題を様々な観点から紹介します。

セメント生産

この3Dシーンはセメント生産の過程を紹介します。

ドイツの兵士 (第一次世界大戦)

第一次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

歴史的な地形図 (場所)

歴史的に有名な場所を白地図で探しましょう。

衣服 (東ヨーロッパ、1960年代)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

衣服 (東ヨーロッパ、1980年代)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

パネル建物の建築

既製コンクリートクロックから構成された建物は昔のソ連の国に広く分布しています。

RT-2PM トーポリ大陸間弾道ミサイル (ソ連、1985年)

冷戦の終わりごろ、ソ連に開発された核兵器の搭載が可能な大陸間弾道ミサイルです。

ドイツの兵士 (第二次世界大戦)

第二次世界大戦に、ドイツ国防軍の兵士は強く訓練し、現代的な武器で戦っていました。

Added to your cart.