ADP, ATP

ATPは細胞のエネルギー源になる最も重要な物質です。

生物

キーワード

ADP, ATP, アデノシン二リン酸, アデノシン三リン酸, エネルギー貯蔵分子, エネルギー輸送分子, ヌクレオチド, 代謝プロセス, macroerg結合, リボース, アデニン, リン酸塩, 生物, 生化学, 化学

関連のエクストラ

シーン

ADP

ATPとADPを含むヌクレオチド五炭糖とも呼ばれるペントース、窒素を含む有機塩基リン酸基である三つの主成分で構成されます。アデノシン三リン酸(略:ATP)分子においてはリボースであるペントースアデニン塩基が結合されます。
アデニンはリボースの1'炭素原子に結合し、3つのりん酸基はリボースの5'炭素原子に結合されます。2番目と3番目とリン酸塩基の間に高エネルギー結合があります。この高エネルギーの結合が分解されると、31kJ/molのエネルギーが放出されて、アデノシン二リン酸(略:ADP)が発生します。

ATPは生きている細胞の物質代謝のために不可欠になっています。エネルギーを吸収するプロセスで、高エネルギー結合が分解されて、放出されるエネルギーの主な部分はプロセス中に利用されます。
エネルギー放出される生化学反応中にはADPとリン酸塩基が結合してATPが発生します。この結合が生化学反応のエネルギーを利用して形成されます。

ADPの空間充填

ATPとADPを含むヌクレオチド五炭糖とも呼ばれるペントース、窒素を含む有機塩基リン酸基である三つの主成分で構成されます。アデノシン三リン酸(略:ATP)分子においてはリボースであるペントースアデニン塩基が結合されます。
アデニンはリボースの1'炭素原子に結合し、3つのりん酸基はリボースの5'炭素原子に結合されます。2番目と3番目とリン酸塩基の間に高エネルギー結合があります。この高エネルギーの結合が分解されると、31kJ/molのエネルギーが放出されて、アデノシン二リン酸(略:ADP)が発生します。

ATPは生きている細胞の物質代謝のために不可欠になっています。エネルギーを吸収するプロセスで、高エネルギー結合が分解されて、放出されるエネルギーの主な部分はプロセス中に利用されます。
エネルギー放出される生化学反応中にはADPとリン酸塩基が結合してATPが発生します。この結合が生化学反応のエネルギーを利用して形成されます。

ATP

ATPとADPを含むヌクレオチド五炭糖とも呼ばれるペントース、窒素を含む有機塩基リン酸基である三つの主成分で構成されます。アデノシン三リン酸(略:ATP)分子においてはリボースであるペントースアデニン塩基が結合されます。
アデニンはリボースの1'炭素原子に結合し、3つのりん酸基はリボースの5'炭素原子に結合されます。2番目と3番目とリン酸塩基の間に高エネルギー結合があります。この高エネルギーの結合が分解されると、31kJ/molのエネルギーが放出されて、アデノシン二リン酸(略:ADP)が発生します。

ATPは生きている細胞の物質代謝のために不可欠になっています。エネルギーを吸収するプロセスで、高エネルギー結合が分解されて、放出されるエネルギーの主な部分はプロセス中に利用されます。
エネルギー放出される生化学反応中にはADPとリン酸塩基が結合してATPが発生します。この結合が生化学反応のエネルギーを利用して形成されます。

ATPの空間充填

ATPとADPを含むヌクレオチド五炭糖とも呼ばれるペントース、窒素を含む有機塩基リン酸基である三つの主成分で構成されます。アデノシン三リン酸(略:ATP)分子においてはリボースであるペントースアデニン塩基が結合されます。
アデニンはリボースの1'炭素原子に結合し、3つのりん酸基はリボースの5'炭素原子に結合されます。2番目と3番目とリン酸塩基の間に高エネルギー結合があります。この高エネルギーの結合が分解されると、31kJ/molのエネルギーが放出されて、アデノシン二リン酸(略:ADP)が発生します。

ATPは生きている細胞の物質代謝のために不可欠になっています。エネルギーを吸収するプロセスで、高エネルギー結合が分解されて、放出されるエネルギーの主な部分はプロセス中に利用されます。
エネルギー放出される生化学反応中にはADPとリン酸塩基が結合してATPが発生します。この結合が生化学反応のエネルギーを利用して形成されます。

ナレーション

ナレーション

ATPとADPを含むヌクレオチド五炭糖とも呼ばれるペントース、窒素を含む有機塩基リン酸基である三つの主成分で構成されます。アデノシン三リン酸(略:ATP)分子においてはリボースであるペントースアデニン塩基が結合されます。
アデニンはリボースの1'炭素原子に結合し、3つのりん酸基はリボースの5'炭素原子に結合されます。2番目と3番目とリン酸塩基の間に高エネルギー結合があります。この高エネルギーの結合が分解されると、31kJ/molのエネルギーが放出されて、アデノシン二リン酸(略:ADP)が発生します。

ATPは生きている細胞の物質代謝のために不可欠になっています。エネルギーを吸収するプロセスで、高エネルギー結合が分解されて、放出されるエネルギーの主な部分はプロセス中に利用されます。
エネルギー放出される生化学反応中にはADPとリン酸塩基が結合してATPが発生します。この結合が生化学反応のエネルギーを利用して形成されます。

関連のエクストラ

ウイルス

ウイルスはタンパク質とDNAまたはRNAから成り立ち、ウイルスはより多くのウイルスを生み出すた...

減数分裂

ヒトの配偶子は減数分裂により二倍体細胞から形成された半数体細胞です。

原核細胞と真核細胞の構造

細胞の二つの基本的なタイプがある:原核細胞と真核細胞。

動物細胞と植物細胞の細胞小器官

真核細胞の中に多くの細胞小器官があります。

細菌 (球菌、桿菌、らせん菌)

細菌は球状、桿状、らせん状といったさまざまな形をしたものがあります。

補酵素A

補酵素Aは酵素反応においてアセチル基を提案する補酵素です。

酵素

タンパク質で構成されている酵素は生化学反応の触媒として機能しています。酵素の活動は規制されます。

輸送過程

アニメーションは細胞膜を通して行う受動輸送と能動輸送を紹介します。

Added to your cart.