カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ・ホイヘンスミッション (1997年-2017年)

カッシーニ探査機は土星とその衛星を20年間に渡って探検しました。

地理

キーワード

土星, 宇宙探査, カッシーニ, 環系, 太陽系, ホイヘンス, 惑星, ガス惑星, 外惑星, ミマス, エンケラドス, テティス, ディオネ, レア, タイタン, イアペタス, 月, 天文学, 地理, 重力

関連のエクストラ

シーン

太陽系

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • マルス
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星

太陽銀河系にあるおよそ2000億の恒星の一つであり、棒状渦巻銀河の一部であるオリオン渦状腕に位置しています。太陽と太陽系全体は直径が5万光年のデイスクの中心から27000-28000光年離れて公転しています。およそ2億4千万年一周しています。太陽系の環境には恒星がわずかあります。最も近い恒星であるプロキシマ・ケンタウリと連星であるアルファ・ケンタウリ4.2-4.4光年ほど離れています。我々の太陽系の10光年の範囲で恒星が11個しかありません。

太陽系とは太陽およびその周囲を公転する天体から構成されている領域を言います。太陽系は太陽の重力の影響によって保たれています。これは半径が2光年球体であり、この境に太陽の重力は近くの恒星の重力と同じです。太陽系は太陽風に完全に満たされています。太陽風は太陽から吹き出される電離した粒子の流れです。

太陽系に属する天体は:太陽惑星、惑星の衛星小惑星彗星流星物質惑星間物質(ガスと塵)です。太陽を焦点にして公転している8個の惑星の中で、6個には衛星があります。水星と金星は衛星がありません。

太陽に近い方から惑星の順番は:水星金星地球火星木星土星天王星海王星です。これらの惑星は二つの種類に分類されています。地球型惑星(岩石惑星)が4個あり、木星型惑星(巨大ガス惑星)も4個あります。岩石惑星は太陽の近くを公転し、小さくて密度が高くて、自転は遅いです。大気が薄くて、磁場が弱いです。

すべての惑星は比較的に同じ軌道面で、同じ方向へ公転するので、これは順行運動といいます。順行運動とは、地球の北極から見ると、反時計方向です。金星と天王星を除いて、惑星の自転も順行運動になっています。太陽も同じ方向へ自転します。

惑星は太陽の重力によって楕円形の軌道上を動きます。太陽の質量は惑星の質量の合計の750倍です。惑星の間にも重力があるので、互いの運動に影響を及ぼします。この結果、惑星の軌道は少しづつ変化します。

惑星以外、太陽系では数億個の小さな天体が存在します。小惑星はほとんどどこにでもあり、複数の小惑星の軌道は地球の軌道を交差します。小惑星の多くは二つの地帯に集中しています。太陽に近い方の小惑星帯火星軌道と木星軌道の間に位置しています。この小惑星帯で直径が1kmを超える小惑星が最低百万個あります。太陽から遠い方の小惑星帯であるカイパーベルト海王星軌道より外側に位置しています。この小惑星帯で冥王星のような、氷を多く含む小惑星が数千個発見されました。

冥王星は2006年から惑星として分類されていません。冥王星と複数の大きな小惑星は準惑星に属します。
多くの彗星の軌道は他の天体の軌道と異なっています。彗星の軌道は長細い楕円形であり、惑星の軌道面と異なっている軌道面で動いています。直径が5-20kmの核がから形成され、太陽の近くに達するとガスに変化し、が生じます。太陽風の影響によって、太陽と反対側の方向に尾が形成されます。0.5-2光年を離れていて、太陽系の外部に位置するオールトの雲には数億個の彗星核が公転します。

1995年から数百個の恒星の周りに公転する惑星や惑星系(太陽系外惑星)が発見されました。これらの太陽系において、太陽の近くに巨大惑星が公転しているので、我々の太陽系と構造が大きく異なっています。

土星の軌道

  • 土星
  • 太陽
  • 太陽からの平均距離: 1 433 530 000 km
  • 軌道周期: 29.46年
  • 土星の軌道

特徴的な外惑星である土星は太陽系の中で二番目に大きい惑星です。巨大ガス惑星(木星型惑星)に属します。

公転速度が速く密度が低いため、土星は最も扁球状態を持つ惑星です。太陽系の中で最も密度が低くて、唯一の水よりも密度が低い惑星です(0.69 g/cm³)。

データ:

直径: 120,536 km (地球の9.45倍)

質量: 5.6846×10²⁶ kg (地球の95.2倍)

平均密度: 0.69 g/cm³

表面重力: 1.065 g

表面温度: -180 °C

衛星の数: 62

自転周期: 10 h 48 m

自転軸の傾斜度: 26.7°

太陽からの平均距離:
1,433,530,000 km = 9.58 AU = 79.7 光分

軌道離心率: 0.054

公転周期: 29.46年

土星

  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 土星の軌道面
  • 土星の軌道
  • 土星の赤道
  • 26.7°
  • 環系

土星は太陽系で太陽に近い方から六番目の惑星です。太陽系の中で二番目に大きい惑星です。英語名はローマ神話で登場する最も古い神であるサートゥルヌスを由来します。サートゥルヌスは農耕と経過する時間の神です。ギリシャ神話のクロノスと同一視されています。

土星は肉眼で見える惑星の中で最も離れている惑星です。
小判型の形をしている土星は初めてガリレオ・ガリレイに観察されました。彼は原始的な望遠鏡を使用したので、土星に特徴的である環系を見ることはできませんでした。

クリスティアーン・ホイヘンスは初めて土星の周りに環があると提唱しました。
1675年に、ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニは土星の環系が複数の小さい環から構成さていることを突き止めました。環の間に隙間があり、最も大きな隙間はカッシーニ間隙と呼ばれています。

土星はに初めて1979年に、宇宙探査機パイオニア11号が接近しました。1980年11月に、宇宙探査機ボイジャー1号は土星の方に送られました。ボイジャー1号は土星、その環系と衛星の高解像度の写真を送信しました。土星の衛星の地表的な特徴は初めて見ることができました。
そのおよそ一年後、1981年8月に、ボイジャー2号は土星とその周りの研究を続きました。2004年7月1日に、土星探査機カッシーニは土星周囲の軌道に入り、惑星とその衛星に関する莫大な情報を送信しました。
2005年の初め頃、探査機ホイヘンスはカッシーニから分離し、窒素を含む大気を持つタイタンの表面に下降しました。タイタンの地表にメタンとエタンを含む湖を発見しました。

特徴的な外惑星である土星は太陽系の中で二番目に大きい惑星です。巨大ガス惑星(木星型惑星)に属します。公転速度が速く密度が低いため、土星は最も扁球状態を持つ惑星です。太陽系の中で最も密度が低くて、唯一の水よりも密度が低い惑星です(0.69 g/cm³)。

土星の内部構造は木星によく似ています。中心には岩石の核があり、核は液体状の金属水素に覆われています。最外部の層は分子水素で形成されています。
主に水素から形成されている大気では、風力が強い風、嵐や渦巻きが発生し、帯状の模様が見えます。太陽系の中で土星の風は最も風力が強くて、ボイジャーに送信されたデータによると400m/sに至る速度を持っています。
土星の大気は木星のように帯状の模様が見えますが、土星の模様の方が色が薄くて、赤道の近くで厚いです。
平均温度は-180°Cに相当します。土星内の温度12,000 Kです。惑星は太陽からあてられるエネルギーより多くのエネルギーを放射します。この現象の原因は不明です。
土星の磁場強力です。磁気軸自転軸統一されます。ハッブル宇宙望遠鏡に撮影された写真でオーロラが見えます。

土星の衛星

  • ミマス - – 土星からの平均距離: 185,600 km – 直径: 397 km
  • エンケラドゥス - – 土星からの平均距離: 238,100 km – 直径: 504 km
  • テティス - – 土星からの平均距離: 294,600 km – 直径: 1,060 km
  • ディオネ - – 土星からの平均距離: 377,400 km – 直径: 1,122 km
  • レア - – 土星からの平均距離: 527,100 km – 直径: 1,528 km
  • タイタン - – 土星からの平均距離: 1,221,900 km – 直径: 5,150 km
  • イアペトゥス - – 土星からの平均距離: 3,560,800 km – 直径: 1,470 km

土星は太陽系の中で最も特徴的な環系を持つことで有名になっています。環系はより小さい望遠鏡を使っても観測できます。環が塵と氷の粒子から形成されています。これらの部分の大きさはほこりの大きさから自動車の大きさまであります。環系には氷が多く含まれているので、反射率が高いです。
数百枚の環の隙間に多くの衛星が公転します。これらの衛星の重力によって近くにある環の形が保たれています。この種類の衛星は羊飼い衛星と呼ばれています。

土星の衛星は62個知られています。衛星の中で球体を持つ大きさがあるのは七個です。天体はある大きさと質量を超えて自分の重力と内部熱によって球体になります。

唯一の大きな衛星であるタイタンは1655年に発見されました。公転周期16日です。衛星の成分の中で、水の氷が多く含まれています。

土星の近くに公転するエンケラドゥス氷の火山が観測されました。氷の火山活動によって地表の下から水蒸気が噴出されます。
土星の多くの衛星の直径は4-8kmです。

カッシーニ

  • 質量: 5 700 kg
  • 高さ: 6.7 m
  • 幅: 4 m
  • RTGモジュール - 放射性同位体熱電気転換器 - 放射性同位体の自然崩壊から発生する熱を電力への変換によって宇宙船が動かされます。
  • 磁力計 - 土星の磁場の方向と強さを測定します。
  • 推進モジュール
  • ホイヘンス着陸船 - 土星の衛星の一つ、タイタンに着陸しました。
  • 無線アンテナ
  • CAPS - カッシーニプラズマスペクトロメーター - 土星のイオン圏を分析し、電子とイオンの電荷とエネルギーを測定しました。
  • CDA - 宇宙塵分析器 - 土星の周りの塵埃粒子の速度とサイズを測定しました。
  • CIRS - コンポジット赤外分光計 - 土星の赤外線放射を測定し、その温度と構造を特定できます。
  • ISS - 画像化サブシステム - 二つのカメラを使って、可視光、赤外光と紫外光で画像を撮影しました。
  • INMS - イオンとニュートラルマススペクトロメーター - イオンと中性の粒子を調べていました。
  • RPWS - 電波とプラズマ波動科学 - 土星からの電波を検出します。
  • RSS - ラジオ科学サブシステム - 地面上のアンテナを使って、探査機から放出される無線信号が様々な物体を通過するときの変化を観察しました。
  • UVIS - 紫外線撮像分光器 - 土星の雲と環系の構造を調べるために、紫外光で画像を撮影しました。
  • VIMS - 可視光と赤外線マッピング分光計 - 可視光と赤外線の範囲で、大気、環系と地面から反射と放射の量を測定しました。
  • MIMI - 磁気圏イメージング機器 - 土星の磁気圏に閉じ込められた粒子を検出しました。

カッシーニ・ホイヘンスミッションの探査機は大幅の共同事業の一部として設計され、作られました。この宇宙計画にはNASA(アメリカ航空宇宙局)、ESA(欧州宇宙機関)とASI(イタリア宇宙機関)が所属しました。全体的には27か国が参加した計画でした。

カッシーニ軌道船はイタリアに生まれたフランスの天文学者、ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニにちなんで名づけられました。彼は土星の衛星の中で、四つを発見しました。探査機の他の不可欠な部分はオランダの天文学者、タイタンを発見したクリスティアーン・ホイヘンスにちなんで名づけられました。

カッシーニ・ホイヘンスは宇宙探検の歴史上に打ち上げられた探査機の中で最も大きくて複雑な機械でした。高さが6.7メートルであり、幅が4メートルでした。打ち上げられた時の質量は5700㎏でした。

軌道船着陸船は総合的に27個の学術調査ができるように設計されたので、様々な特徴的な装置が搭載されました。

カッシーニには科学機器が12個とホイヘンスには科学機器が6個搭載されました。この中で、多くの機器は多目的性でした。これらの特徴的な計器の開発には複数の研究グループが協力しました。

宇宙船との通話三つのアンテナにより可能でした。カッシーニに搭載された1630個の電子部品は22000の結線と14キロメートルのケーブルで繋げられています。

カッシーニ軌道船とその計器は放射性同位体熱電気転換器(RTG)が3基に動かされていました。これらの発電機は放射性同位体の崩壊によって電力を発電します。これらはプルトニウムを32キログラム利用されています。土星は太陽から離れているので、宇宙船を動かすには太陽からの光が使えませんでした。

カッシーニはサーマルブランケットにより外観が目立つようになりました。この精密に作られ、耐久性のあり、軽い布は探査機を極端的な寒さと厚さ流星塵が起こす傷から保護します。計器も一定の温度で保つことができました。探査機のブランケットに覆われていない部分は―220と+250°Cの間で変化します。

宇宙探査機の経路

  • 金星
  • 地球
  • マルス
  • 木星
  • 土星
  • 発射:1997年10月15日
  • 金星の重力アシスト:1998年4月26日、1999年6月24日
  • 地球の重力アシスト:1999年8月18日
  • 木星の重力アシスト:2000年12月30日
  • 土星への近づき:2004年7月1日
  • カッシーニ探査機

カッシーニ・ホイヘンス探査機は1997年10月15日に、アメリカ合衆国のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。宇宙まで送るにはタイタンIVB/セントールロケットが使用されました。カッシーニは接近通過を四回し、土星に近づきました。

この過程は重力アシスト操作と呼ばれています。その間、天体重力を利用して、宇宙船の軌道と速度が変化されます。このように、宇宙船は太陽系の中で長い距離に位置している天体に近づくために、より短い時間少ないエネルギーが必要になります。カッシーニは金星の付近に二回、地球と月の近くに一回、そして木星の近くにもう一回この操作をしました。

面白い事実ですが、打ち上げの二年後、宇宙船は打ち上げの少し後見られた状態まで地球に近づきました。地球と月の重力アシストの時、地球から1100kmほど離れていました。重力アシストによって、探査機の速度が5-7km/sほど速くなりました。

カッシーニ・ホイヘンス探査機は打ち上げの七年後、2004年6月土星に近づき、一か月後土星を中心とした軌道に乗りました。

タイタンに投下された ホイヘンス

  • タイタンの表面 - 表面の温度は‐180°Cです。構造的に、半分が岩石、半分が水氷です。厚い大気は窒素を豊富に含んでいます。メタンとエタンの雲から降る雨は川を形成し、極地の近くに湖として溜まります。

ESAに開発されたホイヘンス着陸船はミッションの特徴的で、異常に重要な部分でした。

この円盤形の宇宙船は直径が2.7メートルであり、質量が318kgでした。タイタンの大気を通過するときに、宇宙船の中に装備された計器を保護するために特徴的なシールドで覆われていました。

2004年12月25日に、ホイヘンス着陸船はカッシーニ軌道船から分離し、その三週間後タイタンに到達しました。2005年1月14日に、ホイヘンス着陸船は2時間27分をかけて土星の最大の衛星に着陸しました。

着陸速度はシールドと三つのパラシュートによって減速されました。着陸船に装備された六個の計器の二つの主なタスクはタイタンの大気表面を調べることでした。

集められたデータはカッシーニ探査機を通じて地球にに伝達されました。残念ながら、カッシーニの受信機のソフトウェア障害のため、ホイヘンスは画像を350枚だけ送ることができました。

ホイヘンスは巨大な衛星の地面に72時間動きました。これは太陽系外縁部で行った最初で、現在まで最後の着陸でした。ホイヘンス探査機は地球から最も離れている場所で着陸した探査機です。

タイタン

結果

  • 土星の北極にある六角形の大気内の形成
  • タイタンの表面の赤外線画像
  • ディオネ衛星
  • エンケラドゥスにある間欠泉
  • 環系
  • エンケの間隙に見える土星の最も小さな衛星であるパン
  • ミマス、テティスとヤヌスが見える環系の側面図
  • 環系とテティスという衛星の陰は土星の高層大気に当たる
  • テティス衛星と巨大なオデュッセウス・クレーター
  • タイタンの前に見えるレア

カッシーニ・ホイヘンスミッションは多くの重要な科学的な目的がありました。これらの目的の多くは土星、環系衛星の探検でした。大規模の計画は宇宙探検の歴史において様々な面で特有でした。

元々の計画は宇宙船が打ち上げられた11年後、2008年に完成されました。しかし、他の重要な情報を手に入れるため、最初は二年間(カッシーニ・エキノックス・ミッション)、その後2010年に更に七年間(カッシーニ・ソリステイック・ミッション)延長されました。2017年4月から実施している最終ミッションにおいて探査機は土星の大気に入り、2017年9月15日破壊しました。

総合的に32.6億ドルかかった計画の探査機20年間くらい宇宙にありました。この間79億キロメートルを進み、画像を453048枚撮り、635ギガバイトの科学的データを集めました。

カッシーニ・ホイヘンスミッションのすべての科学的な結果を集めるのは難しいですが、最も重要なのを述べてみましょう:

- 土星を囲む新しい環の発見;

- 環の構造と中に行っている過程を調べた;

- 土星の新しい衛星の発見;

- 新しい衛星の探検;

- エンケラドゥスの表面にある間欠泉観察;

- タイタンの地球に似ている気候と表面の調査

- タイタンの大気の調査;

- 土星の嵐の進化を観察した;

- 土星の北極に形成された六角形の大気模様の画像を作った;

- 氷の衛星の調査;

- イアペトゥスの二色の色彩の謎を解けた;

- チタンの表面にあるメタンとエタンの湖の発見;

- 土星の磁気圏の地図を作った。

20年間続いたミッションの間、およそ4000枚の科学論文が出版されました。すべての集めたデータの分析の後、将来的にもっと多くの科学論文が出版されるはずです。

成功したカッシーニ・ホイヘンスミッションは人類に太陽系と地球をより深く知る遠近感を提供します。地球外生命の理論がより重要になりました。

アニメーション

  • 太陽
  • 水星
  • 金星
  • 地球
  • マルス
  • 木星
  • 土星
  • 天王星
  • 海王星
  • 自転軸
  • 軌道面に 垂直線
  • 土星の軌道面
  • 土星の軌道
  • 土星の赤道
  • 26.7°
  • 環系
  • RTGモジュール - 放射性同位体熱電気転換器 - 放射性同位体の自然崩壊から発生する熱を電力への変換によって宇宙船が動かされます。
  • 磁力計 - 土星の磁場の方向と強さを測定します。
  • 推進モジュール
  • ホイヘンス着陸船 - 土星の衛星の一つ、タイタンに着陸しました。
  • 無線アンテナ
  • CAPS - カッシーニプラズマスペクトロメーター - 土星のイオン圏を分析し、電子とイオンの電荷とエネルギーを測定しました。
  • CDA - 宇宙塵分析器 - 土星の周りの塵埃粒子の速度とサイズを測定しました。
  • CIRS - コンポジット赤外分光計 - 土星の赤外線放射を測定し、その温度と構造を特定できます。
  • ISS - 画像化サブシステム - 二つのカメラを使って、可視光、赤外光と紫外光で画像を撮影しました。
  • INMS - イオンとニュートラルマススペクトロメーター - イオンと中性の粒子を調べていました。
  • RPWS - 電波とプラズマ波動科学 - 土星からの電波を検出します。
  • RSS - ラジオ科学サブシステム - 地面上のアンテナを使って、探査機から放出される無線信号が様々な物体を通過するときの変化を観察しました。
  • UVIS - 紫外線撮像分光器 - 土星の雲と環系の構造を調べるために、紫外光で画像を撮影しました。
  • VIMS - 可視光と赤外線マッピング分光計 - 可視光と赤外線の範囲で、大気、環系と地面から反射と放射の量を測定しました。
  • MIMI - 磁気圏イメージング機器 - 土星の磁気圏に閉じ込められた粒子を検出しました。
  • 発射:1997年10月15日
  • 金星の重力アシスト:1998年4月26日、1999年6月24日
  • 地球の重力アシスト:1999年8月18日
  • 木星の重力アシスト:2000年12月30日
  • 土星への近づき:2004年7月1日
  • カッシーニ探査機
  • ホイヘンス着陸船 - 2004年12月25日にカッシーニ軌道船から離れて、その三週間後2005年1月14日にタイタンに着陸しました。
  • タイタン - 土星の最大の衛星 – 直径: 5,150 km 軌道周期: 16日。
  • タイタンの表面 - 表面の温度は‐180°Cです。構造的に、半分が岩石、半分が水氷です。厚い大気は窒素を豊富に含んでいます。メタンとエタンの雲から降る雨は川を形成し、極地の近くに湖として溜まります。
  • 土星の北極にある六角形の大気内の形成
  • タイタンの表面の赤外線画像
  • ディオネ衛星
  • エンケラドゥスにある間欠泉
  • 環系
  • エンケの間隙に見える土星の最も小さな衛星であるパン
  • ミマス、テティスとヤヌスが見える環系の側面図
  • 環系とテティスという衛星の陰は土星の高層大気に当たる
  • テティス衛星と巨大なオデュッセウス・クレーター
  • タイタンの前に見えるレア

ナレーション

カッシーニ・ホイヘンスミッションは多くの重要な科学的な目的がありました。これらの目的の多くは土星、環系と衛星の探検に集中しました。
土星は太陽系の中で二番目に大きくて、目立つ木星型惑星です。主に壮観な環系に知られています。土星は62個の衛星があり、その中で最も大きいのはタイタンです。
カッシーニ・ホイヘンス探査機は大幅の共同事業の一部として設計されていました。カッシーニ軌道船はイタリアに生まれたフランスの天文学者、ジョヴァンニ・ドメニコ・カッシーニにちなんで名づけられました。探査機の他の不可欠な部分はオランダの天文学者、タイタンを発見したクリスティアーン・ホイヘンスにちなんで名づけられました。
軌道船と着陸船は総合的に27個の学術調査ができるように設計されたので、様々な特徴的な装置が搭載されました。カッシーニには科学機器が12個とホイヘンスには科学機器が6個搭載されました。この中で、多くの機器は多目的性でした。
カッシーニ・ホイヘンス探査機は1997年10月15日に、アメリカ合衆国のケープカナベラル空軍基地から打ち上げられました。カッシーニ探査機は重力アシスト操作を四回利用して土星の付近に辿り着きました。探査機は打ち上げの七年後、2004年に土星の近くに到達し、その次ぎの月に惑星を中心とした軌道に乗りました。
2004年12月25日に、ホイヘンス着陸船はカッシーニ軌道船から分離し、その三週間後タイタンに到達しました。2005年1月14日に、ホイヘンス着陸船は2時間27分をかけて土星の最大の衛星に着陸し、2005年1月14日に土星の最大の衛星に着陸しました。
元々の計画は宇宙船が打ち上げられた11年後、2008年に完成されました。しかし、他の重要な情報を手に入れるため、最初は二年間(カッシーニ・エキノックス・ミッション)、その後2010年に更に七年間(カッシーニ・ソリステイック・ミッション)延長されました。
総合的に32.6億ドルかかった計画の探査機は20年間くらい宇宙にありました。この間79億キロメートルを進み、画像を453048枚撮り、635ギガバイトの科学的データを集めました。
成功したカッシーニ・ホイヘンスミッションは人類に太陽系と地球をより深く知る遠近感を提供しました。

関連のエクストラ

土星

太陽系の中で、土星は二番目に大きな惑星です。特有な環によって最も知られています。

ボイジャー宇宙探査機

ボイジャー宇宙探査機は初めての太陽系外に到達した初の人工物体です。宇宙空間のデータを集めて、人類のメッセージを運送します。

ドーン・ミッション

ケレスとベスタを研究することは、岩の惑星がどのように形成され、太陽系の初期の歴史についての詳細を理解する助けになります。

ニュー・ホライズンズ ミッション

冥王星とカイパーベルトを探査するためにニューホライズンズ宇宙探査機は2006年に打ち上げられました。

興味深い天文学分野の事実

このアニメーションは、天文学の分野で複数の興味深い事実を紹介します。

太陽系;惑星軌道

我々の太陽系にある8個の惑星は楕円形の軌道で動いています。

惑星、大きさ

太陽系の内側の惑星は地球型惑星があり、一方、外側の惑星はガス巨星です。

火星

火星では水と生命の痕跡を探し求められています。

木星

木星は太陽系の中で最も大きな惑星である。他のすべての惑星の合わせた質量の2.5倍の質量がある。

地球

地球は硬い地殻を持ち、大気に酸素が含まれている岩石の惑星です。

太陽系のライフサイクル

太陽と惑星の形成は約46億年前に巨大なちり雲の収縮から始まりました。

水星

水星は太陽系において、最も小さく、内側にある惑星です。

天王星

天王星は太陽に近い方から七番目の惑星です。巨大ガス惑星に属します。

金星

金星は太陽に近い方から二番目の惑星であり、夜空で月の次に明るく見える星です。

海王星

海王星は太陽系で太陽から最も離れていて、巨大ガス惑星の中で一番小さい惑星です。

Added to your cart.