コンコルド (1969年)

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

技術

キーワード

コンコルド, 航空, 飛行機, 旅客船, 超音速, 音の速さ, エンジン, ジェットエンジン, エレベーター, イギリス, フランス, 音波, 速度記録, 発明, 運送, 科学史, 公共交通機関, 空気力学, 技術

関連のエクストラ

シーン

コンコルド

超音速の旅客機

アエロスパシアルBACコンコルド超音速旅客機でした。初飛行は1969年で、
1976年1月からエアーフランスとブリテッシュエアラインとの共同運航で運航が開始され、27年間続きました。しかし、様々な要因のため2003年に運航が停止されました。これと同時に超音速旅客機での飛行が停止されました。20機しか製造されていませんでした。
コンコルド(フランス語、意味は「同意」)は多くの記録(例えばロンドンとニューヨーク間の距離を2時間53分59秒で)を作り、現在も航空史上で画期的なものとしてみなされています。

コンコルド

上面図

デザイン

コンコルドの胴体は細長く、先が尖った、三角翼を持つ飛行機でした。長さは約62メートルで、幅は11メートルでした。翼の幅は26メートルに達していませんでした。翼の表面積は約359 m²でした。何も載らない状態時では重量は79トンであり、最大離陸重量は185トンでした。最大燃料容量は119,500リットルでした。
コンコルドの平均速度は2166km/h(マッハ2.04)でした。最大速度はマッハ2.23であり、2368km/hでした。高音速度は大陸の上ではなく海の上のみ許可されました。
この速度を得るために推力は169kNの再燃焼ジェットエンジン(ロールス・ロイス・スネクマ オリンパス593-Mk-610)が4基使われていました。最大高度は18,300メートルでした。
乗組員は9人でした:3人はコックピットに、6人は客室乗務員にいました。

模式図

構造

ビトー管

ソニックブーム

  • 衝撃波 - 旅客機の速度が音速(空気の密度によってマッハ1は約1062km/h)に達すると、速度は発生する音波と同等です。この結果、音波は収縮して壁のようになり、一つの波が形成されます。
  • ソニックブーム - 旅客機の速度は音速空気の密度によってマッハ1は約1062km/h)を超えると、発生する音波より速くなります。音波は収縮して高エネルギーの衝撃波が形成されますので、観察者は爆発のような音が聞こえます。
  • 音波

関連のエクストラ

ターボジェットエンジンはどのように動作しますか。

このアニメーションはターボジェットエンジンの動作を紹介します。

空港

空港では飛行に必要なサービスと基本的な設備を提供されます。

ボンバルディア CRJ‐200 (1991年)

ボンバルディア社は速さ、便利さ、経済的さを目的にして、この飛行機をデザインしました。

ボーイング 747 (1969年)

このジャンボジェット機は一番有名な飛行機です。

エアバス A380 (2005年)

総2階建ての幅広い旅客機には旅客が500人以上乗れます。

航空史上の主な発明

このアニメーションは中世から現在までの航空史を集約します。

発電用水車はどのように動作しますか。

このアニメーションは発電用水車の構造と動作を紹介しまし。

音波の特徴

アニメーションでは、音波を通して、波の最も重要な特徴を説明します。

波の種類

波は生活の様々な分野で異常に重要な役割を果たしています。

ドップラー効果

近づいている音源の方が高くて、遠ざけている音源の方が音が低いという現象です。

衣服 (東ヨーロッパ、1960年代)

衣服はある地方や時代の文化と生活を反射しています。

デ・ハビランド DH.106 コメット1 (1949年)

イギリスのデ・ハビランド社に製造された飛行機は世界初の大量生産されたジェット旅客機でした。

Chengdu J-20 威龍(中国, 2017年)

威龍とも呼ばれるChengdu J-20は第5世代ジェット戦闘機に分類される戦闘機です。

TGV POS

パリとドイツ南部の間を走っている電車であり、最大速度が320km/hです。

U-2 ドラゴンレディ (米国、1957年)

この効果的な偵察機が冷戦の間、米中央情報局に使われていました。

ユンカース G 24 フロート水上機

フロート水上機は水上にも到着したり、走ったり、水上から飛び上がったりすることができる航空機です。

B-17 空飛ぶ要塞 (米国、1938年)

ボーイング社は「空飛ぶ要塞」を米軍のために開発しました。

B-2 スピリット (米国、1989年)

アメリカ空軍のステルス戦略爆撃機はバルカン戦争、アフガニスタンとイラクにも使われていました。

F-16 ファイティング・ファルコン (米国、1978年)

ファイティング・ファルコンはマルチロール機のカテゴリーの最も成功した航空機です。

MIG-31 (ソビエト連邦、1982年)

ソビエト連邦に開発された双発迎撃機の運用開始は1982年に行われました。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

ライトフライヤー号 (1903年)

ライト兄弟に開発されたライトフライヤーは世界初の飛行に成功した空気より重い航空機です。

Added to your cart.