コンコルド (1969年)

コンコルド (1969年)

初めての超音速旅客機は1976年に運航が開始されました。

技術

キーワード

コンコルド, 航空, 飛行機, 旅客船, 超音速, 音の速さ, エンジン, ジェットエンジン, エレベーター, イギリス, フランス, 音波, 速度記録, 発明, 運送, 科学史, 公共交通機関, 空気力学, 技術

関連のエクストラ

シーン

コンコルド

超音速の旅客機

アエロスパシアルBACコンコルド超音速旅客機でした。初飛行は1969年で、
1976年1月からエアーフランスとブリテッシュエアラインとの共同運航で運航が開始され、27年間続きました。しかし、様々な要因のため2003年に運航が停止されました。これと同時に超音速旅客機での飛行が停止されました。20機しか製造されていませんでした。
コンコルド(フランス語、意味は「同意」)は多くの記録(例えばロンドンとニューヨーク間の距離を2時間53分59秒で)を作り、現在も航空史上で画期的なものとしてみなされています。

コンコルド

上面図

デザイン

コンコルドの胴体は細長く、先が尖った、三角翼を持つ飛行機でした。長さは約62メートルで、幅は11メートルでした。翼の幅は26メートルに達していませんでした。翼の表面積は約359 m²でした。何も載らない状態時では重量は79トンであり、最大離陸重量は185トンでした。最大燃料容量は119,500リットルでした。
コンコルドの平均速度は2166km/h(マッハ2.04)でした。最大速度はマッハ2.23であり、2368km/hでした。高音速度は大陸の上ではなく海の上のみ許可されました。
この速度を得るために推力は169kNの再燃焼ジェットエンジン(ロールス・ロイス・スネクマ オリンパス593-Mk-610)が4基使われていました。最大高度は18,300メートルでした。
乗組員は9人でした:3人はコックピットに、6人は客室乗務員にいました。

模式図

構造

ビトー管

ソニックブーム

関連のエクストラ

原油タンカー

原油タンカーは19世紀に現れ、現在は最も大きな船の一つです。

ツェッペリン、LZ 129 ヒンデンブルク

ツェペリンは頑丈な仕組みを持つ飛行船の一種です。

イクティネオII‐潜水艦

スペインの発明家、ナルシス・ムントリオルに設計された潜水艦は水中ナビゲーションの歴史において先...

RMS クイーン・メリー2 (2003年)

建造の時、一番大きな遠洋航行船でした。

道路交通、連結トラック

連結トラックは陸上運送において重要な役割をしています。

自転車の進化

最初はおもちゃとしてあざけられた自転車は三百年に渡って大きく変化しました。

無人航空機 (UAV)

無人航空機の応用範囲が次第に広がります。

オットー・リリエンタールのグライダー

ドイツの技術者、オットー・リリエンタールは1891年に、自分で開発したグライダーで飛行しました。

Added to your cart.