パテント・モトールヴァーゲン(カール・ベンツ、1886年)

パテント・モトールヴァーゲン(カール・ベンツ、1886年)

ベンツのパテント・モトールヴァーゲンは世界中で使われ、最初の内燃機関エンジンによって動く自動車とみなされています。

技術

キーワード

特許モーターワーゲン, 車, 自動車, エンジン, 内燃機関, ドイツ, カールベンツ, ドイツ語, 4ストローク, メルセデス, 自動車工場, 自動車製造, 発明, 発明者, 技術

関連のエクストラ

質問

  • カール・ベンツの国籍は何でしたか。
  • 自動車はいつ特許されましたか。
  • エンジンの重量はどのくらいでしたか。
  • エンジンにシリンダーが何本ありましたか。
  • エンジンの推力はどのくらいでしたか。
  • 自動車の最大速度はどのくらいでしたか。
  • ベンツの自動車にはどのような部分がありませんでしたか。
  • 自動車のシャーシは何でできましたか。
  • 自動車の車輪が何輪ありましたか。
  • 自動車のエンジンの中で、どのような部分がありませんでしたか。
  • ベンツに設計された自動車は鋼鉄製のスポーク車輪とソリッドゴムタイヤがあったというのは本当ですか。
  • 自動車が走るとき、速度に合わせてギヤの複数のポジションがあったというのは本当ですか。
  • フライホイールがどの方向に向いていましたか。
  • フライホイールの機能は何でしたか。
  • カール・ベンツはいつ生まれましたか。
  • カール・ベンツはどのドイツの町で発明を公開しましたか。
  • カール・ベンツの妻の名前は何でしたか。
  • カールベンツの妻はどのように自動車の信頼性を証明しましたか。
  • 自動車にペダルは何個ありましたか。
  • カール・ベンツはどの会社の創設者でしたか。

シーン

パテント・モトールヴァーゲン

ビュー

構造

  • ステアリングハンドル - ギヤのラックで前の車輪がコントロールされました。
  • シート
  • 前の車輪
  • サイドステップ
  • 後ろの車輪 - 鋼鉄製のスポーク車輪とソリッドゴムタイヤはベンツ独自の設計でした。
  • 空気ノズル
  • 木製パネル
  • チューブラースチールフレーム
  • 重ね板ばね
  • スロットルレバー - 三つのポジションがありました。前に押すと、自動車が発車しました。後ろへ動かすとブレーキとして機能しました。ニュートラルポジションにすると、自動車が止まった状態でした。

エンジン

  • 冷却液タンク
  • バッテリー
  • 点火プラグ
  • シリンダー
  • 気化器
  • 燃料タンク
  • フライホイール - エンジンをかけるには、手で回す必要がありました。

カール・ベンツ

アニメーション

  • ステアリングハンドル - ギヤのラックで前の車輪がコントロールされました。
  • シート
  • 前の車輪
  • サイドステップ
  • 後ろの車輪 - 鋼鉄製のスポーク車輪とソリッドゴムタイヤはベンツ独自の設計でした。
  • 空気ノズル
  • 木製パネル
  • チューブラースチールフレーム
  • 重ね板ばね
  • スロットルレバー - 三つのポジションがありました。前に押すと、自動車が発車しました。後ろへ動かすとブレーキとして機能しました。ニュートラルポジションにすると、自動車が止まった状態でした。
  • 冷却液タンク
  • バッテリー
  • 点火プラグ
  • シリンダー
  • 気化器
  • 燃料タンク
  • フライホイール - エンジンをかけるには、手で回す必要がありました。

ナレーション

カール・ベンツはドイツのエンジン設計者、技術者と開発者でした。世界初内燃機関動く自動車の設計者とダイムラー・ベンツ自動車製造社の創設者の一人として有名になりました。

ベンツは1886年1月29日にドイツで自動車を特許され、1886年7月6日にマンヘイムで発明を公開しました。

車輪が3輪搭載された自動車にはベンツによって開発された多くの革新がみられます。例えば鋼鉄製のスポーク車輪とソリッドゴムタイヤ管式の鋼製骨組ギヤのラックステアリング楕円形のばねもベンツの独自の設計でした。

最初のパテント・モトールヴァーゲンは単シリンダーで、容量が954 cm³の四ストロークエンジンで推進されました。
燃料として使われていたリグロインは当時薬局で販売された石油系溶剤の一種です。100キロメートルを走るにはおよそ10リットルが必要でした。自動車は水平に配置するフライホイールを手で回すと発車できました。後車軸は二本の駆動チェーンに動かされました。

改良されたモデルであるパテント・モトールヴァーゲンの3人気を得て有名になりました。
このモデルは販売されるようになりました。これはベンツの妻であるベルタのおかげでした。彼女は1888年8月には夫に知らず、二人の息子を連れて106キロメートルほど離れている故郷にパテント・モトールヴァーゲン・モデル3を運転して行きました。彼女はこの旅行で新しい発明を増進させ、自動車は長い距離も走れることを証明しました。
彼女の旅行は世界初の自動車の運転で行った長距離旅行であり、彼女は世界初の女性の運転手になりました。
この結果として、自動車の信頼性に関する疑いがなくなり、自動車の製造が成功しました。

関連のエクストラ

自動車の進化

自動車は19世紀末から大きく変わりました。

自動車の構造

アニメーションは自動車の外部と内部の構造、動作を紹介します。

どのようにして動く?ー変速装置

変速機システムにおいて、エンジントルクは回転速度を低減や加速させることによって加減します。

電気自動車

テスラ・モデルSは初めての市販されていて、日常的な使用に適した電気自動車です。

リマック・コンセプト・ワン

リマック・アウトモビリの最初のモデルは世界で最も速度が速い電気自動車として知られています。

高速道路の設計と構造

高速道路で、分離高速道路を走行することができます。

フォード・モデルT

アメリカの自動車会社の人気のモデルは世界で最初の大量生産車でした。

4ストロークのオットーエンジン

アニメーションは自動車に使われている機関の最も一般的な種類を紹介します。

交通網

このアニメーションは主な航空路、水路や陸上の道路を紹介します。

最初のハンガリーの車 (1904年)

ハンガリーの技術者であるチョンカ・ヤーノシュが初めての車を郵便局のために製造しました。

Added to your cart.