ニズワ・フォート(オマーン、17世紀)

ニズワ・フォート(オマーン、17世紀)

アラビア半島の一番大きな要塞の丸い塔は興味深い防衛システムを持っていました。

歴史

キーワード

ニズワフォート, ニズワ, オマーン, 要塞, 城, 要塞アーキテクチャ, 守備リング, 環状砦, ルーク, 塔, 丸い塔, アラビア語, 建物, 建築, 包囲, 防衛戦略, 避難所, スルタン, アラビア半島, 近代史, 歴史

関連のエクストラ

シーン

塔の断面図

要塞

ニズワ・フォート

防衛

散歩

クイズ

ナレーション

オマーン・スルタン国はアラビア半島に位置しています。地理的な位置や、複数の攻撃を受けたため、数百年間で要塞は数多く建てられました。国の一番古い都市の一つであるニズワは昔から商売的、宗教的、文化的な中心でした。ニズワ・フォーはアラビア半島で一番大きな要塞であり、オマーン・スルタン国の一番有名な遺跡です。

要塞は17世紀の後半に建てられましたが、基礎は12世紀からありました。要塞は塔と稜堡を含んでいるで防衛されていて、一部は都市の周りにある壁に繋がっています。

要塞の主要構成要素である巨大な丸い塔の高さは30メートルで、直径は36メートルです。巨大な壁の内側は砂と小石で固定されていて、砲弾を防ぐことができました。壁の外側は石灰の層で固定されました。防衛者は要塞にあった深い井戸倉庫監房祈る部屋を利用して、長期間の包囲攻撃にも耐えることができました。

塔の防衛システムはオマーン・スルタン国の軍事エンジニア建築家の能力を反映します。すべての地域を管理するために、塔の上に矢狭間と観測点が建てられました。狙撃兵の場所としてポストが作られたので、狙撃兵の銃弾をより正確に撃つことができました。

塔の上であり正面入口の上に保護されたベランダが作られ、そこから侵入者に石を投げました。侵入者は狭く、急で、周りくどい、暗い階段を通じて上に行くことができました。侵入者は門を壊すための破城槌を使用することができませんでした。

門の前と後ろにも侵入者のために罠がありました。上の階の穴から暑い油が注がれました。侵入者は門を通る時、落とし戸に落とされました。
壮大な城は数回建て直されましたが、今でもオマーン・スルタン国の有名な遺跡であり、毎年観客が大勢見に来ます。

関連のエクストラ

ナポレオン戦争

自身を王と位置付けたナポレオン1世は歴史上もっとも才能がある軍司令官の一人でした。

奴隷貿易

なぜ奴隷売買は18世紀の最も収益性の高い事業でしたか?

ハプスブルク王家の夫婦(19世紀)

皇帝フランツ・ヨーゼフ1世と美しいエリザベートは1854年にウィーンで結婚しましたが、結婚は残...

アメリカのヨーロッパによる植民地化(1763年まで)

アメリカの支配活動に複数のヨーロッパの国家が参加し、アメリカの地図が色鮮やかになりました。

現代オリンピック史上初

現代オリンピックに関する多くのエキサイティングで興味深い話があります。

デブレツェンのカルビン派の学校 (18世紀)

ハンガリーで最も古い学校の一つです。この学校で多くの有名になった人物が勉強しました。

クルツ兵士

クルツは17世紀・18世紀でハンガリーの反ハプスブルグ主義の兵士を意味しています。

産業革命とその結果

カリキュラムは、産業革命の古典期とその経済的社会的影響を詳述しています。

Added to your cart.